« 私の読書歴~板倉聖宣さんの本 | トップページ | 会議の時間配分 »

2010年9月27日 (月)

久しぶりの古田武彦氏講演会

昨日は午後から上記の講演会に出かけてきた。
場所は,新大塚ホール。
演題は「歴史と国家の未来~多元論」だった。
印象に残ったことをかいつまんで・・・。

【講演会での話について】

・ミネルヴァ書房の「古代史コレクション」すでに5冊刊行。
・記紀の著者は,「二倍年暦」の持つ歴史的意義を知らなかった。
・斉明天皇は,九州王朝の天子ではないか。
・仲哀天皇は,九州王朝以前の天子ではないか。
・古事記には,南朝系文化である仏教は出てこない。

【懇親会での話】

・久慈力さんの「東日流外三郡誌」関係研究の紹介。
・柳田国男の民俗学批判。
・天皇記・国記は必ず写され,保存されているはず。
・ミネルヴァ書房『卑弥呼』の執筆が進行中。
・魏志倭人伝に出てくる国名「好古都」などの解明。
・三世紀段階での倭国の漢字力はなかなか高かった。
・神籠石の分布は,太宰府中心。

【その他】

・大阪より不二井さん参加。11月のセミナーにも。
・専門学校の音楽の先生(男性)とお話できた。
・「古田氏のDVD」(5枚組,2万円)良さそう。
・「私の読書歴~古田武彦さんの本」に反応あり。
・古田先生が元気でこちらもうれしくなる。

« 私の読書歴~板倉聖宣さんの本 | トップページ | 会議の時間配分 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私の読書歴~板倉聖宣さんの本 | トップページ | 会議の時間配分 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ