« 公民館の団体登録の更新 | トップページ | ニンジン効果!? »

2010年9月16日 (木)

ミリオンヒットコンサート

「CD売り上げ100万枚以上の歌謡祭!」
と題する上記の番組を昨日放送していた。
(日本テレビ,午後7時~)

100万枚以上売れたCDは
全部で242曲あるそうだが,
昨日はそのうち77曲が登場した。

「TUNAMI」(サザンオールスターズ)は,
何と294万枚のセールスだそうだ。
「ラブストーリーは突然に」(小田和正)が258万枚。
「エブリシング」(ミーシャ)は213万枚。
「愛は勝つ」(KAN)までが200万枚台で,
201万枚など。

途方もない数のCDがかつて売れていたんだなと思う。
そして,それらは街に流れ,
みんなの音楽の「共通基盤」を形作っていた。

今はダウンロードが多くなり,
CD業界の未来は明るくない。
かつてレコード店からレコードが駆逐されたように,
今度はCDショップからCDが消えていく時代だ。

それは時代の流れと言ってしまえばそれまでだが,
かつて日本全国どこに行っても同じ曲がかかっていた
時代を知っている私としては,
何だかさびしい心持のする昨今である。

番組を観ていて思ったのは,
「100万枚売れた曲ならみんな知っているはず」
と最初思っていたら,
ロック系の歌は聴き覚えのないものも少なくなかった。
それは私の嗜好の現れだろう。

« 公民館の団体登録の更新 | トップページ | ニンジン効果!? »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 公民館の団体登録の更新 | トップページ | ニンジン効果!? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ