« 肥さんの「気まま旅」(2日目) | トップページ | 肥さんの「気まま旅」(3日目) »

2010年8月19日 (木)

「のんびりひまじん 歴史認識と評論 なんでもMEMO」

九州年号について何か参考になりそうなことはないかと
検索していたら,上記のサイトにぶつかった。
最後の九州年号「大長」についての考察である。
長くなるが転載したい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【九州王朝の滅亡・・・704(慶雲元)年、
九州王朝の天皇と入れ替わって文武天皇が藤原宮へ 】 

九州王朝の滅亡経過を仮説する論考が出現している。
相当な説得力があり、検討してもらいたいと考え、紹介する。

①鹿児島県の大宮姫伝説
http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/simin10/saiomiya.html
九州王朝説派の古代史マニアには知られるようになった伝承がある。
長らく外朝に暮らした天皇が、(九州年号の)大長元年、九州に戻った。
天皇は、大宮姫(=皇后)と再会、亡くなるまで一緒に暮らした。
(というのがあらすじという。)

②大長:最後の九州年号
http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/kaihou77/koga7701.html
古代年号というべき年号群が存在する。
古代に諸書に出現する倭という国を
九州に存在したと仮説する九州王朝説者は、
この古代年号は九州年号だと主張する。
つまり、九州王朝が実在した証拠の一つだと言うのだ。
(九州年号論の当否は、ともかく、
古代年号として中世年号のような取り扱い対象なのか、
どうかという検討すら乏しいのが、
古代史業界の面白いところである。)
九州王朝説者だけが、古代年号を研究している。
その成果で、最後の古代年号:大長は、大宝年号以後に存続した。
つまり、二系列の年号が並存した時期があるのだと突き止めた。
その最後の古代年号(九州年号)は
大長といい、元年は704年であり、9年存続し、712年で終わる。
古代年号(九州年号)は712年まで続いて終わる。
そのように解明した。

上記、①②により、鹿児島県には、704年に天皇が
九州に戻ったという伝承が存在するということが分かった。
最近号の、古田史学会報(2009、6、15)に
正木裕さんが下記③を指摘した。

③704年(慶雲元)年、11月20日、始めて藤原宮の地を定む。
(と続日本紀にある。これに続いて

藤原宮中の住人1505世帯に布を賜う (と、続く。)

いささか、へんてこな記事! 
十年前に、遷都した藤原宮なのに、
始めて文武天皇は、宮殿の場所を定めた。
しかも、実に多くの住民にプレゼントを配っている。
そう書いてあるのだから、
すでに即位していた、文武天皇は、
古い浄御原宮で即位して、ずーっと浄御原宮に住んでいたところ、
ある事情があって藤原宮へ始めて移住した。
だから、引越しソバならぬ、記念品をどっさり配った。
そういう解釈をすべきだという。
ここに、ある事情とは、
それまで、藤原宮には九州王朝の天子が住んでいたのを、
故郷九州へ戻らせて、文武天皇が藤原宮の主人となったというのだ。
この記事の解釈は、上記①②と年代がぴったり対応している。

~実に見事な、論証である。だから、ご紹介する。
付随して気付くことは次回以降とします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かつて大化が695~704年というのにも驚いたことがあったが,
さらに大長(最後の九州年号)が712年まで続くとは・・・。
しかし,古事記が作られた(続日本紀には載っていない)のが
712年というのが「ぴったりくる感じ」ですね。

【参考】 九州年号

継体・・・517~521年(5年間)
善記・・・522~525年(4年間)
正和・・・526~530年(5年間)
教到・・・531~535年(5年間)
僧聴・・・536~541年(5年間)
明要・・・541~551年(11年間)
貴楽・・・552~553年(2年間)
法清・・・554~557年(4年間)
兄弟・・・558年(1年間)
蔵和・・・559~563年(5年間)

師安・・・564年(1年間)
和僧・・・565~569年(5年間)
金光・・・570~575年(6年間)
賢接・・・576~580年(5年間)
鏡当・・・581~584年(4年間)
勝照・・・585~588年(4年間)
端政・・・589~593年(5年間)
告貴・・・594~600年(7年間)
願転・・・601~604年(4年間)
光元・・・605~610年(6年間)

定居・・・611~617年(7年間)
倭京・・・618~622年(5年間)
仁王・・・623~634年(12年間)
僧要・・・635~639年(5年間)
命長・・・640~646年(7年間)
常色・・・647~651年(5年間)
白雉・・・652~660年(9年間)◆
白鳳・・・661~683年(23年間) ←662年,白村江の戦いで倭国(九州王朝)が
朱雀・・・684~685年(2年間)    敗戦。翌年正月,日本国(近畿天皇家)が
朱鳥・・・686~694年(9年間)◆   祝賀の様子。

大化・・・695~703年(9年間)◆
大長・・・704~712年(9年間) ←704年,九州王朝の天皇が藤原京を去り,
                      文武天皇が藤原京へ移る。住民に贈り物。

※ 先ほど「新古代学の扉」のサイトをみたら,
古賀達也さんの論文が出ていて,
「白」「朱」「大」が2つずつあることや
9年のものが多いことも,
意図的な改元ではないかと指摘されていました。

« 肥さんの「気まま旅」(2日目) | トップページ | 肥さんの「気まま旅」(3日目) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 肥さんの「気まま旅」(2日目) | トップページ | 肥さんの「気まま旅」(3日目) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ