« 気分転換の方法(4) | トップページ | 東京歴史散歩「お墓めぐりツアー」 »

2010年6月26日 (土)

勝間和代の人生を変える「法則」

朝日新聞の土曜日の「be」紙に
しばらく前から上記の連載がのっている。
いずれ書籍化されると思うが,
いくつか気になるものを載せておく。
彼女は「経済法則」に関心があるので,
毎回紹介されるものの多くもそうなる。

(1) 人間は刺激にすぐ飽きてしまう
 ~ゴッセンの第1法則

(2) 人は常に最後の1個の喜びを計算している
 ~ゴッセンの第2法則

(3) 欲しい以上にもらった分は何の価値もない
 ~ゴッセンの第3法則

(4) 20%の時間で80%の内容を理解せよ
 ~パレートの法則

(5) 300の努力がひとつの成功を生む
 ~ハインリッヒの法則

(6) 人はおのずと得意なものへ特化する
 ~比較優位の法則

(7) 年を取れば取るほど,人は我慢強くなる
 ~ジャネの法則

(8) 適度な緊張が実力を発揮させる
 ~ヤーキーズ=ドットソンの法則

(9) 富めるものが,ますます富む傾向は固定する
 ~ジップの法則

(10) 大多数の上司は無能である
 ~ピーターの法則

「ああ,なるほどね」とうなづくものもあれば,
「そんなの法則なの?」というものもあると思うが,
たまには自分自身が「法則」を考えてみるのも
発想を豊かにする意味でいいのではないかと思う。
〈板倉さんの「研究会における
本の売り上げに関する法則」のように〉

以下に,「肥さんの法則」を作ってみたので,
ご笑覧下さい。解説がないと
誤解を招くかもしれませんが・・・。


肥さんの味覚に関する「3法則」

(1) 「1杯目の生ビール」に勝るものはない
 ~とりあえずビール!

(2) 酒は飲むもので,飲まれるものではない
 ~過去の苦い経験が・・・

(3) 味覚は年齢とともに変わる
 ~子どもの頃は春菊が大嫌いだった!


肥さんの学校に関する「3法則」

(1) 生徒は勉強しに学校にきているとは限らない
 ~給食,部活,友達・・・といろいろありますから

(2) 大多数の生徒は楽しいことが大好きである
 ~仮説実験授業をやり続けるワケ
 
(3) ただし,生徒は上手に叱られることも好きである
 ~「金八先生」も好きなんだな


肥さんの人生に関する「3法則」〈未完〉

〈1〉 多くの人は,自分が大好きである

〈2〉 多くの人は,自分がいつまでも若いと思っている

〈3〉 そして,すぐには死なないと思っている


最後はちょっと暗いかな。
でも,そういうことこそタブーなしに,
みんなで出し合ってみると
いいと思うのですが・・・。

中一夫さんに『学校現場かるた』〈ほのぼの出版〉
という素晴らしい本がある。
学校の先生には超オススメである。
〈1050円〉

« 気分転換の方法(4) | トップページ | 東京歴史散歩「お墓めぐりツアー」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 気分転換の方法(4) | トップページ | 東京歴史散歩「お墓めぐりツアー」 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ