« 昨日の部活動 6月5日 | トップページ | (新)狭山たのしい授サークルの初例会 »

2010年6月 6日 (日)

東大寺大仏の主原料も山口県産

多元的古代研究会の・関東の下山さんによると,
東大寺大仏の主原料も山口県産であることが
証明されているそうです。

ただし,それがただちに九州王朝説の証明には
つながらないとのことですが,
このような自然科学的な分析が次々とされていけば,
放射性炭素年代測定法や
年輪年代判定法とあいまって,
歴史研究がさらに進むのではないかと思います。

私などは「古代の貨幣や大仏の原料の銅は,
埼玉県秩父地方のものを使用したのでは?」
と漠然(ばくぜん)と思っていたので,
驚いたという次第。

« 昨日の部活動 6月5日 | トップページ | (新)狭山たのしい授サークルの初例会 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の部活動 6月5日 | トップページ | (新)狭山たのしい授サークルの初例会 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ