« O先生からのメール | トップページ | 「九死に一生」は安全教育に最適です »

2010年5月13日 (木)

5つのコメントに返事をする

昨日は珍しくたくさんのコメントをいただいた。
ブログ開設者としては,感謝の限りである。

1週間に1通もこないことも珍しくない
ブログのコメントだから,
さすがに5つも集中して驚いた。

古代史関係で2つ(同じ方?)と,
バレーボールで2つと,
最後に今年度の教育実習生からだった。

昨日の帰宅後夜中にいたるまで,
それぞれについて返事を書いていった。
果たしてコメントをいただいた方を
満足させるような返事が書けたかはわからないが,
心は込めて書いた。

いつも読んで下さっていながら,
まだコメントいただけていない読者の方へ。

ぜひ1年に1度ぐらいは書いてみませんか?
読むだけというのも1つの形ではありますが,
せっかく同じ時代の同じ空気の中で
生きている者同士ですから,
その証(あかし)をコメントと返事という方法で
残してみませんか?

では,いつ書いたらいいか。
思いつかない方は「誕生日」はいかがでしょう。
そうすれば,また来年「誕生日」に
書いたことを思い出すでしょうし。
私も「○○さん,お誕生日おめでとうございます!」
というおめでたい話題を載せられますし,
一石二鳥だと思うのですが。

« O先生からのメール | トップページ | 「九死に一生」は安全教育に最適です »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。いつもたのしく拝読させていただいています。

実は,まさにこのブログが書かれた日の10時24分に,娘が生まれました。娘は切迫早産で,未熟児で生まれてくるかもしれないと言われ,妻は入退院を繰り返し,何ヶ月も寝たきりで過ごしました。そんな妻と寄り添いながらの生活は大変でしたが,出産に立ち会い,娘が元気に生まれてきてくれた時には,感動もひとしおで,僕と妻の目から大粒の涙がこぼれました。(でも,うれしいことに,「もう早産ではない」とされる日をクリアできたのはもちろん,正規の予定日を過ぎても生まれずに,結局この日,3160gの健康体で生まれてくれました・笑)

うれしかったので,記念にお返事させていただきました。これからもよろしくお願いします^^

追伸

〈邪馬台国はどこだ〉のプランの他,ステキな資料がたくさん届きました。ありがとうございます!特に,プラン関連の資料はとても興味がわきます!自分でもいくつか気になって,調べてみようと思うものが出てきたくらいです。よく読んで,調べて,授業させていただきたいと思います。授業の前に,また相談にのってくださいね。

mineさんへ
コメントありがとうございます。

感動的な出産,おめでとうございます!
私も「埼玉の血のつながらない叔父さん」として,
ブログを通して参加させていただいたような気分です。
ということで,名前は「夢子」に決定!?
シンプルに「夢」というのもいいかも。
(卒業生に「夢未」さんがいて,素敵な名前だなあ
と思ったことがありました)
いえいえ,私のアイデアは無視して,
お2人でよ~く考えてあげて下さいね。

さて,いよいよ〈「邪馬台国」はどごだ!〉の
関連レプリカを来週お送りしますね。
銅鏡,銅剣,銅鐸という重量感のあるやつを
送りますので,ぜひ授業中に触らせてあげて下さい。
自宅宛だと手間がかかるかもしれないので,
学校宛にしたいと思っていますが,
芝根小学校ということでよろしいですか?
(返送する際も「向陽中学校」ということで)

PS 実は群馬県は古墳の宝庫です。
手元にある『古墳めぐりハンドブック』
(群馬県立歴史博物館友の会)の中から,
高崎方面のやつ(観音山古墳が特に有名)を
コピーしてお送りしますね。
子どもたちにも紹介してあげると,
身近にあるものなので興味がわくことでしょう。
群馬各地の古墳について,
私は20年程前,友人と2回訪問しました。

ありがとうございます!
「夢」もステキですが,娘の名前は「帆乃香」と付けました。アルマセラピストをめざす妻の好きな「香」の字と,
それを帆に受けて進むという願いをこめました。
僕的には「ほのぼの」している感じが気にいっています(笑)

レプリカは,後ほどお願いしようと思っていましたが,ぜひ送っていただきたいと思います!
芝根小に送ってくださると助かります。

実は,高崎の山名町というところに新居を建てたのですが,
すぐ近くに古墳があります(笑)
古墳が残っているということは,安定している土地だということで。
古墳とはこれからいいお付き合いをしていきたいと思います^^

mineさんへ
コメントありがとうございます。

「帆乃香」とは,素敵な名前をつけましたね!
私の案は引っ込めます。

さて,山名という住所を聞いて,
「どこかで聞いたことがあるなあ」と思って調べてみました。
山名は小古墳の多いところのようですが,
何といっても有名なのは「山ノ上古墳」です。
文字通り山の上にあって,
山ノ上碑が出土しています。上野三碑の1つです。
もっとも早い時期に漢字が使われていることで
知られています。
約1400年前の古墳時代,
群馬県には放光寺というすごい寺があったのですが,
その寺の長利というお坊さんが自分の母親のために
作ったといわれる古墳です。
私も2回見学に行きました。

ということは,今日お送りした資料のほかに
もう1つ「藤岡・甘楽周辺」というものも
送った方がよさそうです。
(今日送ったのは,「高崎東部」です)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« O先生からのメール | トップページ | 「九死に一生」は安全教育に最適です »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ