« 1年生選抜大会 | トップページ | スペシャル授業「原子の世界」 »

2010年3月16日 (火)

Mizoさんの来校

この「夢ブログ」にも何回かコメントいただいたMizoさんが,
昨日本当に来校して男子バレー部を指導して下さった。

3年生のN君が「肥さん,すごい人が来てくれましたね!」
と興奮気味に言っていたが,本当にすごい方だった。
〈先輩には,あの有名な柳本監督らがいるとのこと〉

開口一番「うまくなりたかったら,強くなりたかったら,
まず〈声〉を出して下さい。きっとそうなります!」
私も常々思い,言い,書いてきたことなので,
「我が意を得たり!」の気持ちだった。

その後,サーブから始まって基礎練習,各種のパス,
対人,サーブレシーブ,アタックと
いろいろご指導いただき,
最後にトレーニング方法として5種類のものを
教えていただいた。
それらは家でできるものがほとんどなので,
「継続は力」毎日少しずつ続けてほしい。
1日たった30回でも,ひと月で900回,
1年なら10000回以上したことになる。
これで差がつかない方がおかしいのだ。

今この話を書いていて,私は向山洋一先生の
「努力直線」と「成長曲線」の話を思い出した。
努力は毎日積み重ねなければいけないが,
その成果はすぐには出ない。
しかし,ある日を境に急にその人の記録が
グッと伸びる日が来る。
今風に言うと,「キターっ」という感じだ。
その感覚に味をしめたら,
その人は努力が楽しくなりさらに伸びていく。

参加できなかった者は,男バレノートを参照のこと。
昨日は気合を入れて12ページのメモを取った。
「最低10ページはメモを取って,
誰にも負けずに吸収してやるぞ!」
という覚悟でメモを取っていたら,そうなった。

また,参加した者にもぜひ見てほしい。
ご指導は実に多岐にわたってのものだったことが
分かると思うからである。
成長する人は他の人から学べる人である。
「才能は有限。努力は無限」という言葉があるが,
本当のことだと思う。
バレーボールという宝の山から,
もっともっとたくさんの物を学ぼう。
Mizoさんという素晴らしい指導者も
来ていただいているのだから。
この出会いを逃す手はない!

「私のブログはいつから見られていたのですか?」
と恐る恐るお聞きしてみたところ,
「そうですね。1月ごろかな?」
がーん,それでは私の「夢バレー」試論も
全部読んでいただいていたということか・・・。
あー,「釈迦に説法」とはまさしくこのことだ。
しかし,Mizoさんはやさしく,
「私もその通りだと思いますよ」
と言って下さった。

「1人はみんなのために,みんなは1人のために」
ラグビーの中で作られた言葉らしいが,
バレーボールについてももちろん言える。
いや,チームスポーツならどれにも当てはまる。
ボールに触るのはその瞬間では1人だけれど,
それをみんなでカバーしてこそ,
バレーボールなんだな。
「声を出して,全員バレーをやること」
それが始まりであり,最終地点でもあることを
改めて学んだ1日だった。

Mizoさんへ。
礼儀も知らずいろいろ失礼なことがあったり,
ご指導の成果がすぐ現れず申し訳ありませんが,
これに懲りずまたご指導よろしくお願いいたします!

参加して下さった2人の保護者の方も,
Mizoさんという素晴らしい指導者の突然の出現に,
いつになく興奮されていた〈と思った〉。

« 1年生選抜大会 | トップページ | スペシャル授業「原子の世界」 »

部活動」カテゴリの記事

コメント

15日の練習・・・生徒(選手)は
「いったい何者が来たのか?」
という感じだったのではないかな。
単にバレー好きなオジサンが、出しゃばって
「一緒にバレーをしよう! バレー教えてあげるよ!」
と言って、ビックリしたかも。
しかし、同じバレーをするなら上手になって
試合に参加して優勝できればもっと最高です。
その手伝いが少しできれば・・・と考えています。
(勝つことだけがスポーツではありません。
普段の練習の中に自分の成長があります)
毎日のトレーニング、ぜひ頑張って下さい。
来週また一緒に練習しましょう。

Mizoさんへ
コメントありがとうございます。

> 15日の練習・・・生徒(選手)は
> 「いったい何者が来たのか?」
> という感じだったのではないかな。
> 単にバレー好きなオジサンが、出しゃばって
> 「一緒にバレーをしよう! バレー教えてあげるよ!」
> と言って、ビックリしたかも。

生徒たちの受け取り方は様々だったと思います。
このブログを毎日読んで指導者を熱心に
待ち望んでいる者から,
そういうことには無頓着な者まで・・・。
20人(3年生も含めると40人以上!)というのは,
そういう幅のある人数だと思います。
でも,あの「充実の4時間の指導」は,
生徒たちの心に強烈な印象を残したと思います。

> しかし、同じバレーをするなら上手になって
> 試合に参加して優勝できればもっと最高です。
> その手伝いが少しできれば・・・
> と考えています。
> (勝つことだけがスポーツではありません。
> 普段の練習の中に自分の成長があります)
> 毎日のトレーニング、ぜひ頑張って下さい。
> 来週また一緒に練習しましょう。

Mizoさんの場合,ただバレーボールをご存知だ
というだけでなく,
教育的視点がしっかりとあるのが素晴らしいです。
(「学校の先生に間違えられたことがある」と
おっしゃっていましたが,それはありうる!と
私は拝見していて思いました)
どうぞ時間の許す限り,ご指導お願いいたします。
とりあえず,4月中旬の協会長杯と
6月初旬の学総体での県大会出場が目標です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 1年生選抜大会 | トップページ | スペシャル授業「原子の世界」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ