« 肥さんのー「夢バレー」試論(3) | トップページ | 社会科サークル2010年2月例会 »

2010年2月10日 (水)

「ふるさと」について

「ふるさと」

作詞/高野辰之 作曲/岡野貞一

うさぎ追いし 彼の山
こぶな釣りし 彼の川
夢は今も めぐりて
忘れがたき ふるさと

如何にいます 父母
つつがなしや 友がき
雨に風に つけても
思いいずる ふるさと

志を 果たして
いつの日にか 帰らん
山は青き ふるさと
水は清き ふるさと

この「ふるさと」を三送会で歌う。
1年生の学年合唱だ。
2番と3番の間,3番の後に
編曲部分があって,
3部合唱として
厚みのあるものになっている。

昔の歌なので今の中学生には
イメージしにくいと思い,
昨日の合唱練習の後に
アドバイスした。
内容は2点である。

(1) この人は今ふるさとにいない
(2) 志を果たすまでは帰りたくても帰れない

その「あふれる思い」を歌った歌だ(と思う)。
ただ漫然と歌うのではなく,
頭の中でそれをイメージして歌ってほしい。

そして,3年生や保護者を感動させる前に,
まず歌っている私たちが感動しないとネ!

« 肥さんのー「夢バレー」試論(3) | トップページ | 社会科サークル2010年2月例会 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 肥さんのー「夢バレー」試論(3) | トップページ | 社会科サークル2010年2月例会 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ