« ハングルの授業プラン | トップページ | 肥さんのー「夢バレー」試論(7) »

2010年2月14日 (日)

「夢バレー」連載の効果?

このブログのことは,
顧問をしている男子バレー部の
部員たちにももちろん教えている。

だから,今「夢バレー」を連載しているので,
そのことが話題にも出る。
まあ,それを意識して練習してくれれば,
書いている私としては本望である。

練習場には3冊のバレーの本も置いてある。
生徒たちが本からも学べるように,
時々置くようにしている。
人から言われてやる練習より,
自から改善しようとする練習は,
その生徒にとって「ホンモノの財産」
となって残ると考える。

変化球サーブの仕方,審判の仕方,
フォーメーションの仕方など,
本から学べることは多い。

昨日は遅まきながら
ウィンドブレーカーの注文の案内も出した。
暖冬のため最初は注文の声がなかったが,
立春を過ぎたここにきて
寒い日が続いているので要望があった。

« ハングルの授業プラン | トップページ | 肥さんのー「夢バレー」試論(7) »

部活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハングルの授業プラン | トップページ | 肥さんのー「夢バレー」試論(7) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ