« 肥さんのー「夢バレー」試論(8) | トップページ | 肥さんのー「夢バレー」試論(9) »

2010年2月15日 (月)

銅鐸の謎

もし日本精神史の中で銅鐸について書くなら,
次の2つことをぜひ触れてほしいと思う。

(1) 出雲で発掘された大量の青銅器には,
 銅剣(出雲矛?)とともに銅鐸も含まれていた。
 その埋葬方法が「国譲り」の状況にふさわしいこと。

(2) 九州中心のの銅剣・銅矛・銅戈文化圏に対し,
 近畿の銅鐸文化圏があるにもかかわらず,
 なぜ古事記・日本書紀に銅鐸は登場しないか。
 (続日本紀には出ている) 

私は古田史学で学んでいるので
これらの理解には多元史観が必要だと思うのだが,
そうでない人はいかに考えるのか。

« 肥さんのー「夢バレー」試論(8) | トップページ | 肥さんのー「夢バレー」試論(9) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 肥さんのー「夢バレー」試論(8) | トップページ | 肥さんのー「夢バレー」試論(9) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ