« ハイチの大地震 | トップページ | 『プロフェッショナルたちの脳活用法2』 »

2010年1月16日 (土)

ユニセフの工夫

1月12日のハイチの大地震に関して,
ユニセフも募金をつのっている。

今朝見た新聞広告では,
以下のように具体的にイメージできるように
書いてあった。

【3000円のご支援で】

幼い子どもが命を落とす主な原因の,
下痢による脱水症を防ぐために
経口補水塩(ORS)476袋。

【5000円のご支援で】

緊急事態下の栄養不良の子どもたちが,
体力を回復するため特別開発された
高カロリービスケット47箱(包み)。

【10000円のご支援で】

数世帯分の簡易避難所や,
床の敷物としても使用できる
20㎡の防水シート7枚。

【30000円のご支援で】

フリスビー,縄跳び,サッカーボール,
バレーボール,ハンドボール,笛,チョークなど,
270人の子どもが遊べ,心のケアに
つなげるためのレクリエーションキット1セット。

このように具体的に読者にイメージが
伝わるように書く工夫は,
それぞれの分野で応用可能なように思った。

« ハイチの大地震 | トップページ | 『プロフェッショナルたちの脳活用法2』 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハイチの大地震 | トップページ | 『プロフェッショナルたちの脳活用法2』 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ