« 『たの授』公開編集会議2010年1月 | トップページ | Y先生からのお便り~新年バージョン »

2010年1月24日 (日)

あれよあれよと勝間本

いつのまにか勝間和代の本の読書が,
10冊を突破していた。
読んだ順に並べてみると,
以下のようになる。

(1) 『目立つ力』小学館101新書

(2) 『断る力』文春新書

(3) 『年収10倍アップ勉強法』ディスカヴァー

(4) 『仕事学のすすめ』NHK生活人新書
 
(5) 『インディペンデントな生き方』ディスカヴァー携書

(6) 『年収10倍アップ時間投資法』ディスカヴァー

(7) 『新・知的生産術』ダイヤモンド社

(8) 『起きていることはすべて正しい』ダイヤモンド社

(9) 『やればできる』ダイヤモンド社

(10) 『結局,女はキレイが勝ち。』マガジンハウス

(11) 『史上最強の人生戦略マニュアル』きこ書房

この半年足らずの間に読んだ11冊をあげてみた。
(5)~(8),(11)は古本屋で購入したが,
それ以外は本屋で新本を購入した。
板倉本・古田本以外でこんなにたくさん読むのは
異例のことである。

とっかかりの『目立つ力』は,ブログについて
やり方を改良しようと思っていた時期に読んだ。
昨秋以降の「肥さんの夢ブログ」のトップページの変化や
写真が時々入ったりリンク先へ飛べるようにしたのは
この本を読んで刺激を受けたからであった。
それについできつい書名で読めずにいた『断る力』を
夏休みの終わりに読み,ハマっていった。

この中では,最後に読んだ本が
私に大きな影響を与えそうだ。
勝間自身も「間違いなく私が最も影響を受けた本」
と評している通り,影響力の大きい本だと思う。
ぜひ勝間ファンも香山ファンも目を通していただきたい。
全米370万部のベストセラーの翻訳である。

なお,勝間本は書名がどぎつく,
印象的に損をしていることは否(いな)めない。
カヤマーから見たら,「けんかを売っている」
というように取られかねないかも!
それが残念と言えば残念なところではある。
(書名は出版社がつけるらしいが)

私は今元気が出てきているので
勝間本を立て続けに読んでいるが,
元気のない時は香山本のファンでもある。
1人の人間には陰陽両面があることを,
これは物語っているのではないか。
勝間VS香山ではなく,勝間&香山だと私は思う。
(ただし,両者は同時には読めないけどね)

« 『たの授』公開編集会議2010年1月 | トップページ | Y先生からのお便り~新年バージョン »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『たの授』公開編集会議2010年1月 | トップページ | Y先生からのお便り~新年バージョン »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ