« なんだか変だぞ | トップページ | 三連休の予定 »

2010年1月 5日 (火)

『枯木灘』読了

ようやく懸案の『枯木灘』を読み終えた。
全部で300ページの小説だ。

久しぶりの文学で苦労したが,
読み終えて今度は新たな問題が…。

主人公・秋幸は大変パワフルな人物だが,
好きかどうかといえば
私はあまり好きなタイプの人物ではない。
すると,この作品を語る時の自分の柱が
なかなか見つからないということなのだ。

河出文庫の裏表紙には,
にぎにぎしく下のような紹介が
されているのだが,
う~ん。

「このいとおしい思い,この激情!
聖と俗,性,暴力,美,労働……
すべての煮えたぎる紀州・枯木灘。
土地と血への愛と痛みとを
人間の原型,未生の闇に探り,
その圧倒的感動で毎日出版文化賞,
芸術選奨新人賞に輝いた記念碑的大作」

この『枯木灘』をテキストにした読書会は,
11日(月)に行われる。
みなさんがどんな感想を持たれたか,
聞いてみたいと思う。

« なんだか変だぞ | トップページ | 三連休の予定 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« なんだか変だぞ | トップページ | 三連休の予定 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ