« 謡曲と九州王朝 | トップページ | 藤原和博さんによる「愛と結婚」の授業 »

2010年1月28日 (木)

ハモネプの審査員になろう!

ハモネプは好きだけど,
教室でただ見せてもなあ,
と思っているあなたに。
こんな方法はいかがでしょう。

ハモネプの審査員の模擬体験をするのです。
つまりそれぞれのグループが歌い終わって,
審査員が採点をするまでに「予想点」に記入してから,
実際の審査員の採点を聞けば,
音楽的センスも磨けるし興味が持続するのです。

私はA4判かB5判の紙を配り,
以下のような形式で板書をし,
それを写してもらいます。

   グループ名    予想点  審査員
A1 ○○○○○○    80    85
A2 ××××××    83    90
A3 △△△△△△    89    93  ☆


これはある意味,仮説実験授業と同じ方法です。
ある曲を聴いて,それが何点かという予想を立てる。
しかる後に,「審査員の採点」という実験結果を聞く。
さらに審査員の採点基準から学んで,
次のグループはこれぐらいではないかと予想する。
そのようにしてその回の「ハモネプ」について,
「こういう法則性=採点基準」があるのではないか
という仮説を立てていくわけです。

私は最近ではこのやり方でハモネプを聴きますが,
よろしかったらぜひお試し下さい。
今回「ハモネプ9」はだいぶ宣伝したので,
10人ほどが当日の番組を見ていました。
しかし,このやり方ですと,そういう生徒も
再度新鮮にみることができます。

« 謡曲と九州王朝 | トップページ | 藤原和博さんによる「愛と結婚」の授業 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 謡曲と九州王朝 | トップページ | 藤原和博さんによる「愛と結婚」の授業 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ