« 大橋のぞみと加藤清史郎 | トップページ | ココログ白書2009 »

2010年1月 3日 (日)

『枯木灘』進む

新年に読書会が予定されていて,
その課題の本が中上健次の『枯木灘』だ。
河出文庫に入っている。

ふだん文学に親しんでいないせいもあって,
これがなかなか進まず苦戦していた。
(前回の夏目漱石『』の時もそうだった)
そういう時あなただったらどうしますか?

私は最後の手段で主人公の「秋幸」に
赤ペンで印をつけることにした。
すると今まで集中できなかった各場面が
ようやく目の前に見えるようになってきた。

よく年表・年譜を書きながら読むと
興味を持続できるのと同じように,
「秋幸」作業は私にチャンスをくれた。

昨日は半分の150ページまでいけたので,
この勢いを利用して今日は後半を読もう。
なにしろ人間関係が複雑で
「路地」の生活は理解しにくかったが,
定点観測の手段が見つかれば
苦手な文学の本も楽しめるのかもしれない。

« 大橋のぞみと加藤清史郎 | トップページ | ココログ白書2009 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大橋のぞみと加藤清史郎 | トップページ | ココログ白書2009 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ