« 全日本女子フィギュア | トップページ | サービスと「甘やかし」の間で »

2009年12月29日 (火)

頑者

昨日は部活動が午後2時からで
時間が中途半端になったので,
「それならそれを活かそう」と
いつも行きたくてなかなか行けない
頑者に行くことにした。

頑者とは,本川越駅の近くに店を開いている
個性的なラーメン屋のことである。
いつも順番を待つ客の列が切れず,
「列を作ってまで食べることはない」
と思っている私にとっては
なかなか寄りにくい店だった。

私が列に並んだのは,午前11時。
開店の11時半まで30分の時点で15番目だった。
ちなみに頑者は「入れ替え制」をとっていて,
12人ひと組で入場していく。
あらかじめ店の外で注文をとっておいて,
中に入ってからは座って待つだけだ。

私は第2組の3番目の席だった。
注文したのは「つけあつの大盛り」900円。
(つけめんで熱い麺の意)
しばらくするとコクのある和風だしのスープと
うどんのように太い麺が大量に出てきた。

実は昨日は朝たっぷり食べていたので,
まだ空腹までは程遠かった。
いつもだと午後1時から給食を食べているので,
まだ1時間半も前だったからだ。
しかし,習慣というのは恐ろしいもので,
大盛りを注文してしまった。

コクがあるスープはしつこいという程ではなく,
太い麺とマッチして美味しく食べられた。
私の感じでは大きめに刻んだ
チャーシューの量も多めでよかった。
あとは味付けゆで卵半分としなちく,のり,ねぎが
トッピングされていた。

川越付近に行く機会があったら,
ぜひお試しを!

ただし,店自体には看板もなく,
のれんも「開店以来洗濯していない」風で
外見に的には見栄えがしない。
しかし,店内は余計な広告もなく,
清潔かつシンプルな造りで,
アルコール類も出さず,
ラーメンだけに集中できるこだわりが
されているように思った。

それが「頑固な奴」を思わせる
頑者という店名の由来だろうか?
男性3人のチームワークで
多くの客の舌を楽しませていた。

食べ終わって外に出ると,
店の前に3組分(36人)ほど
列ができていた。

この寒い中ご苦労様です!

« 全日本女子フィギュア | トップページ | サービスと「甘やかし」の間で »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 全日本女子フィギュア | トップページ | サービスと「甘やかし」の間で »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ