« 『入門・日本国憲法と三権分立』の宣伝ビラ | トップページ | 頑者 »

2009年12月28日 (月)

全日本女子フィギュア

バンクーバー冬季五輪の
出場権もかけた上記の大会が,
2日間にわたって行われた。

注目の浅田真央は「オリンピックも4連覇も忘れて
練習通りに滑れた」ということで,文句なしの優勝。
さすが「女王」という滑りだった。
やはり本来の力は1番だと思った。

もう1人今季絶好調の鈴木明子も
逆転して2位に食い込んだ。
前半転倒して,「何やってるんだろう」と。
ここで力みが抜け,後半は見事な出来で
観客と審査員の心をつかんだ。

ところでこの鈴木明子は,
高校1,2年の時全日本4位になるほどの
実力の持ち主だったのだそうだ。
しかし,その後摂食障害に苦しみ,
今24歳で見事に返り咲いている。
本人もさることながら,
家族の喜びはいかばかりか。
彼女の演技を見ていると,
「滑ることのできる喜び」があふれていて,
それが観客や審査員の心に
アピールするのかと思った。

2人はすでに内定している安藤美姫とともに,
バンクーバー五輪での頂点を目指す。
がんばれ,女子フィギュア!

« 『入門・日本国憲法と三権分立』の宣伝ビラ | トップページ | 頑者 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

昔から不思議に思っていたことがあります。あれだけの実力を持ちながら、中野友加里さんはなぜオリンピック代表になれないだろう。彼女のスケートは実に日本人としての芯の強さと美しさを体現していて、しっとりとしたものです。それが世界では評価されていないのが、なんとも残念。鈴木明子さんのようなドラマティックな過去もなければ、浅田真央さんのような長い手足とやわらかい体でアピールするわけでもなく、すごく地味な存在です。以前中野さん自身が「自分には何かが足りない」(⇒だから表彰台に立てない)とコメントしていました。運も実力のうちとはいいますが、時代の流れが人生にうまくそわなければ、報われない努力も多いに違いないと、つくづく感じる年の瀬です。

Aさんへ
コメントありがとうございます。

私も中野友加里はとてもいい選手だと考えます。
もし出場枠が4つあったらなあと思います。
今回だって逆転されるまでは2位でしたし・・・。
ただ,もし将来スケートを教える立場になったとしたら,
中野が一番選手の個性を生かした指導ができるのかな,
と思いました。
浅田や鈴木では個性が強すぎるかも。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『入門・日本国憲法と三権分立』の宣伝ビラ | トップページ | 頑者 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ