« 冬の「衣更え」 | トップページ | 再度「がばいばあちゃん」の道徳へ »

2009年12月 2日 (水)

5回目の「歴史人物かるた」

全部で7種類ある社会科かるたのうち,
最初に作ったのは「都道府県かるた」である。

なぜそれを覚えているかというと,
それだけには「2001」と
作った年が刻まれているからだ。

それを皮切りに
次々とかるたが作られていった。
そして,都道府県,世界の国々に続いて
3番目に作ったのが
今回やった「歴史人物かるた」だ。

絵札は明治図書の臨時増刊号に
載っているものをお借りした。
言葉は一応私のオリジナル。
小学校の教科書で出てくる人物の復習と
中学で出てくる(最近はあまり出てこない?)
3人を合せて40人のかるたとした。

「その2」でまた40人,「その3」の前半で20人で,
合計100人がラインナップされている。
もちろん歴史人物はもっと教科書に出てくるし,
かるたも増やせば増やせるけれど,
「最小限の知識」という意味もかるたにはあるので
とりあえず100人に抑えている。
その基本形の最初の40人を以下に載せてみる。

● 歴史人物かるた

① 「邪馬台国」のナゾの女王・卑弥呼
② 法隆寺を建て遣隋使を送った?聖徳太子
③ 遣隋使として中国に渡った小野妹子
④ 「大化の改新」で蘇我氏を倒した中大兄皇子
⑤ 藤原氏のもとを築いた中臣鎌足
⑥ 仏教の力に頼り東大寺を建てた聖武天皇
⑦ 農民たちに支持された僧・行基
⑧ 荒海を渡り唐招提寺を建てた名僧・鑑真
⑨ 「この世をば・・・」と歌によんだ貴族・藤原道長
⑩ 『源氏物語』の作者・紫式部

⑪ 『枕草子』の作者・清少納言
⑫ 「平氏でない者は・・・」とおごり高ぶった平清盛
⑬ 鎌倉幕府を開いた将軍・源頼朝
⑭ 「一の谷」の戦いで活躍した武将・源義経
⑮ 二度にわたる元寇の時の執権・北条時宗
⑯ 室町幕府の頂点金閣寺を建てた足利義満
⑰ 銀閣寺を建てたが銀ははれなかった足利義政
⑱ 水墨画を大成した雪舟
⑲ 日本にキリスト教を伝えたザビエル
⑳ 楽市・楽座で商業を保護した織田信長(大幅に変更)

21 全国統一に成功して大阪城を築いた豊臣秀吉
22 関が原の戦いに勝ち江戸幕府を開いた徳川家康
23 「生まれながらの将軍」といわれた3代・徳川家光
24 元禄文化人形浄瑠璃の作者・近松門左衛門
25 化政文化「東海道五十三次」の作者・歌川広重
26 国学者で『古事記伝』を著した本居宣長
27 『解体新書』を仲間と翻訳した杉田玄白
28 全国を測量して「日本全図」を作った伊能忠敬
29 鎖国する日本に開国をせまったアメリカのペリー
30 江戸城の無血開城に成功した勝海舟

31 西南戦争の中心人物・西郷隆盛
32 明治初期に欧米に派遣された大久保利通
33 薩長同盟で日本の流れを変えた坂本竜馬
34 慶応義塾を建て『学問のすすめ』を著した福沢諭吉
35 早稲田大学を建て立憲改進党を作った大隈重信
36 自由民権運動をリードし自由党を作った板垣退助
37 ドイツに憲法を学び初代内閣総理大臣の伊藤博文
38 治外法権の撤廃に成功した陸奥宗光
39 関税自主権の回復に成功した小村寿太郎
40 細菌学で黄熱病の研究をした野口英世

« 冬の「衣更え」 | トップページ | 再度「がばいばあちゃん」の道徳へ »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです。

>⑫ 「平氏でない者は・・・」

ここは⑫ 「平家でない者は・・・」ですね。
「平氏でない者は・・・」だと大変なことに・・・。

めがまっくさんへ
コメントありがとうございます。

それは気がつきませんでした。
ありがとうございます。

平時忠の言葉「此一門にあらざらむ人は
皆人非人なるべし」の「此一門」を,
ずっと「平氏」と考えていました。
清盛一門=平家なのですね。
これからは「平家でない者は・・・」と訂正いたします。

どうもです。で、書き込んでいてアレなのですが・・・。
せっかく歴史上の出来事で並んでいるのですから、
摂関政治に続いて「院政」が欲しいですね(微笑)。

このあたりは、時代的にも古代から中世に移行する過渡期であり、
そのなかで摂関政治から院政へと政治形態が変化していくということは
重要なことだと思います。

源義経 =OUT
白河上皇=IN

どうでしょう?

めがまっくさんへ
コメントありがとうございます。

実は「歴史人物かるた」には制約がありまして,
読み札の方はすぐ直せるのですが,
取り札の出入は難しいのです。
つまり40枚の取り札は明治図書の臨時増刊号に
載っていたものから選びました。
その中には白川上皇は出ていなかったのです。
理想的な歴史人物かるたを作るには,
取り札も自分で作らなくてはいけない
というわけなのです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬の「衣更え」 | トップページ | 再度「がばいばあちゃん」の道徳へ »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ