« グラフを介した不思議な縁 | トップページ | やればできる!? »

2009年11月30日 (月)

ケーザイカップ2009

昨日は狭山経済高校で行われた
第5回ケーザイカップに参加してきた。
(正式名は,「狭山経済高校杯争奪
バレーボール大会」かな?)

午前中は,予選リーグ。
Cブロックで2回戦い,いずれも敗れた。

対志木中戦 0対2(22ー25,17ー25)

コートに立っている6人のうち,
2~3人でバレーボールをやっている印象だ。
ボールに対して,低く構えていない。
得点しても喜び合わず,取られても悔しがらず。
応援もしているのかしていないのか・・・。
「全員バレー」からはほど遠い内容だった。
これが会場の雰囲気に気をされているからなのか,
どうなのかわからないが,
反省の多い初試合であった。

対大井東中 1対2(25ー20,18ー25,13ー15)

気を取り直しての大井東中戦。
第1セットを「水上サーブ」でもぎ取った。
しかし,チキンハート(小心者)の
向陽中男子バレー部。
その後が続かない。
誰も邪魔していないのにサーブが入らない。
チャンスボールのアタックもネットに引っかけるで,
せっかくの先制攻撃を生かすことができなかった。
第3セットも13ー13まで追いつきながら,
最後に突き放されて涙を呑(の)んだ。
(そりゃ,あれほどチャンスを逃していたら,
涙も呑むでしょう)

午後は,7~12位決定トーナメント。

しかも,「バレーの神様」のお計らい?で,
昨日と同じチーム(つまり所沢同士)との対決。
つまり残念ながら今の所沢の実力は,
12チーム中7位以下ということなのであった。

対上山口中戦 2対1(25ー22,23ー25,15ー13)

3セットとも数点差の接戦に持ち込まれる大誤算。
特に第3セットは15点マッチまでの短期戦なのに,
最初から5点先制されるという大失態。
あわててタイムを取って,ピンチを脱した。
このタイムは後世,「素晴らしいタイム」と
語り継がれるであろう。(苦笑)

対東中戦 2対1(20ー25,25ー22,15ー11)

3セットともリードされては追いつくといった苦しい戦い。
これをぜひ逆にして欲しい。
スポーツは先制した側が圧倒的に有利に試合を進める。
これは今も昔も,洋の東西を問わない真理だ。
我がバレー部は,まさにその真逆(まぎゃく)の展開だ。
そして,それでも最後は勝てるということは,
本当は力はあったということの証明で,
それを自覚せず,弱気で消極的な試合運びを
してしまっているということだ。要・反省である!
しかし,一昨日に市民バレーで
東中に負けた雪辱をさっそく果たせた。
かろうじて「リベンジ」だけはすることだけは
できたということだ。
(昨日の総合成績は,7位/12チーム)

さあ,今度はクリスマスカップに向けて,
体力面・精神面の鍛(きた)え直しだ。
もう,やるっきゃない!!

※ 上記のクリスマスカップは,
12月23日(祭)=終業式の前日に,
飯能の美杉台中で行われることになっている。
他のチームも当然「進化」してくるだろう。
ぜひ我がチームも「進化」して参加したいものだ。

« グラフを介した不思議な縁 | トップページ | やればできる!? »

部活動」カテゴリの記事

コメント

はじめて、コメントを書かせていただきました。

この大会に初めて参加させていただき、
事前に狭山杯で検索したところ、
肥さんのブログにヒットしました。

まさか、直接対決させていただくとは、これも何かの縁!

これからも、チェックさせていただきます。

今回のコメントは、うちのチームにすべて通じるもの!!

一緒に行った、仲間も、同様の意見でした。

ただ、こういう大会を機に、何か一つでもつかんでもらえたら
今後に生きてくると思う。

うちは、地区の新人戦予選で勝った相手に、逆リベンジされました。

それも、見ていて、情けないほどの無気力さで!

何がそうさせているのかは分かりませんが、
次回の本大会までに、負けた悔しさ?を忘れずに、
練習に励んでもらいたいものです!

by SIKIのおやじ

SIKIのおやじさんへ
コメントありがとうございます。

前に秩父1中のコーチの方から,
向陽中に来ていただいた際に,
「ブログ拝見させていただいていますよ!」
と言っていただいて驚いたことがありますが,
今回もそれに負けない驚きです。
しかも直接対決していたとは・・・。
ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

(1)翌日のブログにすぐ書いて閲覧してもらう
(2)男子バレーボール部通信に転載して配布する
(3)お世話になっている方に差し上げる
 (今回のケーザイカップの主催者の先生とか)

だいたいこの3つの活用をしています。
生徒たちも楽しみにしてくれています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« グラフを介した不思議な縁 | トップページ | やればできる!? »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ