« 梅と桜(4) | トップページ | 古代史セミナー2009(2日目) »

2009年11月 8日 (日)

朝からサプライズ

先ほど古代史セミナーの2日目が始まった。
いや,「始まる前」に
以下のような6つのサプライズがあった。

(1) 不二井さんが,関西例会の西村さんが
 このブログのファンだと知らせてくれた。
 〈不二井さんは元小学校の先生。
 〈仮説〉の実践者でもあった〉

(2) 「新古代学の扉」のサイトの開設者・横田さん。
 実は昔,和歌山県で私と会ったことがある。
 〈仮説〉の白浜大会である。

〈3〉 大下さんも「私もブログを読んでますよ」
 ぜひ,感想をコメントして下さいね!

〈4〉 『炭焼王者黄金の謎』の作者・角田さんが,
 同じ埼玉〈久喜市ということです〉というよしみで
 声をかけて下さった。(元小学校の先生。
 〈仮説〉もやったことがある) 

(5) 宮崎さんがら星川清親著『栽培植物の
 栽培と伝播』〈二宮書店〉を見せて下さった。
 もちろん「梅と桜」の件でである。ありがたい。
 さっそく数10枚のコピーをとらせていただいた。

(6) 東京古田会の藤沢さんは,
 川瀬健一さんの『徹底検証「新しい歴史教科書」』を
 その後も続けて買っておられるそうだ。
 戊辰戦争で薩摩が買ったのは,
 薩摩がイギリスから最新兵器を買っていたからだよ!」
 とおっしゃっていた。                                                                   
自由な雰囲気と研究への意欲で,
〈仮説〉の研究会と古田史学の研究会は
とても雰囲気が似ていると思うのだが,
そう思うのは私だけだろうか?

« 梅と桜(4) | トップページ | 古代史セミナー2009(2日目) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅と桜(4) | トップページ | 古代史セミナー2009(2日目) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ