« 梅と桜~「国花」も九州王朝説を支持していた! | トップページ | 災い転じて福となす »

2009年11月 4日 (水)

天平を駆けぬけた男と女たち

昨日上記の番組を見た。
(TBSテレビ,午後7時50分~)

唐招提寺の10年にわたる大改修と
(こちらはCGを駆使したドキュメンタリー)
「天平の甍(いらか)」とを組み合わせて,
(人間関係をめぐるドラマ)
なかなか飽きさせない構成になっていた。

今は近鉄のすぐわきにあり,
住宅地に囲まれているのでわからないが,
当時は荒れ地に唐招提寺は開かれた。
それはなぜなのか。

年輪年代測定法も使われ,
金堂に使われている木が
781年(鑑真の死後18年)に
伐採されてものであるということがわかった。
命を懸けた渡航の果てに到着した日本で,
鑑真たちはかなり苦労したと思われる。

歴史自体が1つの優れたドラマなんだと,
この番組を見てあらためてそう思った。

« 梅と桜~「国花」も九州王朝説を支持していた! | トップページ | 災い転じて福となす »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅と桜~「国花」も九州王朝説を支持していた! | トップページ | 災い転じて福となす »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ