« やるべきことはまだたくさんある | トップページ | 穴をあける方法~ベンハムのコマ(3) »

2009年11月13日 (金)

『さいたまの教育と文化』に「ワクワク科学ランド」の記事

『さいたまの教育と文化』№53に
「19年目の「ワクワク科学ランド」」
という記事を発見した。

埼玉の須崎さんが主催されている会で,
もともと愛知県の山田芳子さんが始められた
「わくわく科学教室」に学んでスタートしたものだ。

私も何回かその案内をいただいたことがあるし,
私も将来所沢周辺で同趣旨の会を
開きたいと思っている。

須崎さんは今年度で定年退職ということだそうだが,
「引退」後もそういう楽しみがあるというのも
仮説実験授業の授業書という存在があるからだろう。
かえすがえすも板倉さんに感謝したいと思う。
(後日聞いたところ,須崎さんは来季も
現役で仕事をすべく申し込んでいるとのこと)

« やるべきことはまだたくさんある | トップページ | 穴をあける方法~ベンハムのコマ(3) »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« やるべきことはまだたくさんある | トップページ | 穴をあける方法~ベンハムのコマ(3) »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ