« 本日の「クローズアップ現代」に注目! | トップページ | やるべきことはまだたくさんある »

2009年11月13日 (金)

昨日の「クローズアップ現代」について

「実験が苦手~理科離れする教師たち」
という題名の「NHKクローズアップ現代」を
昨日見た。

分子模型(1メートル枠のものも)
ゼネコン
「分子」という言葉
予想を立てる
お互いに意見を出し合い実験する
イメージが広がる
科学(者)の世界にいざなう
たのしさが大切

こんなにキーワードが出ながら,
肝心の仮説実験授業という言葉が出ない。

また,授業書《溶解》の冒頭は
「ものが水に溶けるとはどういうことか」なのに,
それについて一言もふれられていない。

平林先生が出演していながら,
まるで仮説実験授業という言葉を使うことが
禁止されているかのような感じで
大変もどかしく思った。

「すでにやられていることも結構あるんですが・・・」
というのが仮説実験授業であるということを,
どのぐらいの人が気付いてくれたのだろうか・・・。

やはりテレビ放送には
いろいろな制約があるのかな?

PS

kawaさんへ
本稿が昨日の時点で
「日付が変わってからアップしよう」
と思っていた番組に対する疑問・不審です。
全国の〈仮説〉ファンが同様の思いだったと思います。
素早いコメントに感謝いたします。

« 本日の「クローズアップ現代」に注目! | トップページ | やるべきことはまだたくさんある »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

あの番組、3年目の先生がまだ知らないのは、まあしかたないのかもしれないが、相談を受けた同僚のベテランの先生が仮説実験授業を知らないといふのは、不勉強もいいところですね。子供たちが可哀想でした。そのうちに平林さんが出てきたのでびつくり、いいお話でした。かういふ授業があるんですよと一言いつてくれればもつとよかつたなあと思ひました。

逸記さんへ
コメントありがとうございます。

NHKは「公平」に扱っている
つもりなのかもしれませんが,
大極的に見て「〈仮説〉ではこんな内容が
授業書として開発されています」と
紹介しちゃった方が,
日本の教育のためには
はるかにいいと思いました。
平林先生としては,できるかぎりの
「表現」だったのだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日の「クローズアップ現代」に注目! | トップページ | やるべきことはまだたくさんある »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ