« 私のガリ本とパソコンの歴史 | トップページ | 「学校閉鎖」の第3日 »

2009年10月23日 (金)

楽天が岩隈でも勝てず窮地!

楽天がエース岩隈でも勝てず,
窮地に立たされた。

楽000100000計1
日00010020×計3

先制したのは楽天だった。
4回表のセギノールのソロ本塁打だ。
しかし,残念なことに
すぐその裏同点にされてしまう。

それからの岩隈はよく投げたと思う。
だが,比較的気楽に投げられる日本ハムの糸数と
「絶対勝たなくては」とプレッシャーのかかる
楽天の岩隈とでは,
やはり何かが違っていたのだろう。
7回裏に2点勝ち越されてしまう。

楽天にもチャンスはあった。
8回表,願ってもない無死満塁だ。
(ピンチの後にチャンスあり!)
これで1点も入らないとは,
対戦相手の日本ハムさえ
思わなかったのではないだろうか。
楽天の「自滅」という感じがした。

明日は,田中が先発である。
まさか3敗(最初から1試合分ビハインド)で
自分が登板するとは思っていなかっただろう。
楽天としては田中で一矢報い,
次につなげたいところだ。

野村監督のインタビュー。
「誰でもできることができていないな。
・・・とにかく,1ー1で試合の後半まできて,
1点差勝負だった。
それなのに(7回に)ライン際をしめていない。
選手もコーチも,そして俺もそれに気がつかなかった。
先頭バッターが長打で出て,
それから(失点が)始まったんだ。
当たり前のことを当たり前にできない。
4年も監督やってきてさ・・・」

« 私のガリ本とパソコンの歴史 | トップページ | 「学校閉鎖」の第3日 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私のガリ本とパソコンの歴史 | トップページ | 「学校閉鎖」の第3日 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ