« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月30日 (水)

スリーヒント県名テスト

1年生の地理分野のまとめとして,
上記の教材を使って生徒たちと楽しんだ。

もともと小学校の先生の作られたものだが,
北海道・東北から中国・四国までの
39県を3つのヒントの言葉で当て,
九州・沖縄については
逆に県名からその県に関係のある言葉を
考えさせるという形で
1時間進めるようになっている。

社会科は他の教科と違って,
時に○○博士が登場して
他の生徒たちを驚かす。
昨日も「沖縄博士」が飛び出して
みんなを驚かせたほか,
普段はあまり手を上げない生徒が
がんがん手をあげて,
中国・四国までの前半39問中
なんと38問正解という快挙を
成し遂げてくれた。
社会科の「常連」に混じって
毎回のように手をあげるその子の姿を見て,
私もすごくうれしい気持ちになった。

実はこの教材の載っている本は
10年以上前に購入していたものだが,
(明治図書『社会科教育』の臨時増刊号)
こんなに評判が良いとはわからなかった。
新たな教材を「発見」できてよかった。

第2回保護者会

昨日は,第2回の保護者会だった。

全体会は体育館で,
校長からのあいさつと学年主任の報告,
教務主任からの評価についての話があった。

分科会は各教室(特別教室)に分かれて
クラスごとに茶話会が行われた。
第1回保護者会後のできごとについて
担任からかいつまんでお話した。

最後は合唱コンの練習風景を
ビデオに撮っておいたものを
教室に移動してご覧いただいた。
これは「百聞は一見に如(し)かず」だった。
体育祭2位についで合唱コンも
生徒とともにがんばりたい。

新人戦まで,あと3日

昨日は,朝練も午後練も
紅白戦中心のメニューだった。

試合が近いので気持ちがわからなくもないが,
ただ試合形式をとっただけではしかたがない。
実戦の緊張感を味あうために
点数差をつけて追い上げるとか,
何らかのハンディーをつけて
(もちろんレギュラーメンバーの方に)
それを克服する形で鍛えるとか,
いろいろやってみると良かったかもしれない。

昨日は1年生が保護者会のため,
私は午後練にあまり参加できなかった。
今回は例年より新人戦の日程が
早い時期になったので,
こんなことになっている。

残された時間はわずかだが,
良い意味の緊張感を保ってがんばりたい。

2009年9月29日 (火)

教員免許更新制度の行方

総選挙で民主党が大勝したことで,
教員免許更新制度の行方が
注目されている。

自民党時代に成立したやり方で,
現場の教員(53歳,43歳,33歳)も
今年から大学での研修を受けに行っているのだが,
自己負担3万円で30時間受ける講義に
不平・不満を表明する人は少なくない。
話を聞いていると,どうみても
現場に戻って役立ちそうな講義は少ない。

大学の先生にしたって,
本来予定していなかった教員の研修に
時間をさかねばならないので負担が大きい。

そこで民主党はそれらを「教員養成6年制」で
乗り切ろうと考えているようだ。
確かに学ぶことはたくさんあるだろうが,
これには「かえって視野を狭くしかねない」
という批判も一方である。
また,採用後の新任研以降の研修との
兼ね合いもはっきりしない。

私が文部科学大臣になったら,
以下のようにしてみたいと思う。
(先日の「変則週休2日制」案は今回は除く)

(1) 本代を支給して自分の専門分野の力をつける

現在でも心ある教員は自腹でやっているが,
それを援助しさらに拡大する。
教員に読書は不可欠だと思う。

(2) 自分の希望する研修に行けるように
 時間的な配慮をする

これも心ある教員は自腹で年休を取ってでも
やっているが,それを追認する。
官製研修だけでなく,民間教育研究団体の
研究会に参加する教員にも配慮する。

(3) 部活動に技術指導ができる若者を招く

私は運動部の顧問をしているが,
生徒たちから「技術指導はしてもらえませんが」と
チーム紹介の時言われる。
もちろん練習試合を多くしたり工夫はしているが,
やはり若い指導者がほしい。

などなど,やるべきことは少なくないと思う。
あとは,やる気があるかないかである。

論語には「過ちては改むるに憚(はばか)ることなかれ」
という言葉がある。
教員免許更新制度が過ちだったとは言いたくないが,
ここで改めなければ後世のためにならないと思う。

訪問回数ランキング2009

私の利用しているココログというブログには,
「アクセス解析」という機能が付いている。
私がいちいちカウントしなくても,
様々なことが機械的に記録されていくのだ。

その1つが「訪問回数」で,
人物まで特定することは出来ないが
その人が何回訪問してくれたか,
パソコンの機体番号からわかるらしい。

今回は100回以上訪問していただいている方を
「顕彰」するということで載せてみたい。

(第44位) 100回
(43) 102回
(42) 106回
(41) 110回

(38) 119回(3人)
(37) 121回
(36) 127回

(35) 131回
(34) 137回
(33) 145回
(31) 162回 (2人)

(30) 164回
(29) 179回
(28) 180回
(27) 188回
(26) 189回

(25) 199回
(24) 209回
(23) 218回
(22) 219回
(21) 243回

(20) 250回
(19) 262回
(18) 263回
(17) 266回
(16) 352回

(15) 365回
(14) 368回
(13) 374回
(12) 379回
(11) 391回

(10) 396回
(9) 411回
(8) 510回
(7) 513回
(6) 522回

(5) 530回
(4) 581回
(3) 757回
(2) 813回
(1) 1129回

本当にたくさんの回数訪問していただいて
感謝感謝である。

この中でコメントまでしていただける方は,
それほど多くないのだが,
1年に1度でもいいので(自分の誕生日とか。
「きっかけの論理」を使ってね)
コメントしていただけるとうれしいです。

現在毎日約100~150人の方が
このブログに訪問して下さり,
そのうち約3分の2が検索によるものです。
(したがって「常連さん」は50人ぐらい)

その際「お気に入り」に入れていただくと
「常連さん」になってもらえるのですが,
ブログは星の数ほどあるので
なかなか思うようにはいきません。
それでも,「リピート率」が6.5%ということで
(最初は5%未満でした)
少しずつは向上しているようです。

今後ともよろしくお願いいたします!

新人戦まで,あと4日

昨日は,3年生が3人
放課後の練習に参加した。

もちろん紅白戦を楽しみに来たわけだが,
この時期はこちらも大歓迎だ。
引退して3ヶ月ほどたっているので,
当時ほどのキレはないが
ちょうど今のチームの力とつり合っている。

3試合ほど紅白戦をした。
意識してロスタイムを少なくするように,
笛(最近は「長笛」と呼ばれるやつがお気に入り)を
きびきび吹いてみた。
スピーディーに試合を進める感覚を
養ってほしいと願ってのことだ。

2009年9月28日 (月)

新人戦まで,あと5日

昨日は遠征はやめて,
学校で3時間練習した。

サーブやレシーブやアタック練習は
当然行ったが,紅白戦は少しで,
あとはダッシュや持久走を行った。

ふだんあまり走ることはないので,
たまにはいいだろう。
県大会などでは1日何試合もあるので,
体力をつけておく必要がある。

昨日は,「背番号の発表」と
「川越初雁中での練習試合」を載せた
「攻撃は最大の防御なり!!」という見出しの
男子バレーボール通信も発行した。


楽天が連日の猛攻で71勝目

楽天が連日の猛攻で71勝目をあげた。

楽天は1回表,草野のタイムリーで先制。
その後も先発全員安打の猛攻で着実に得点を重ね,
16安打11得点で大勝した。

投げては先発・ラズナーが7回を4失点に抑え,
今季4勝目(5敗)。

野村監督のインタビュー。
「相手はエース(西武の涌井)。
ラズナーで勝ったのは大きい」

2009年9月27日 (日)

書評も積もれば・・・

ミニ「ガリ本」を作るために,
このブログに付属している
「書籍・雑誌」というカテゴリーを
スクロールしてみた。

すると,約80冊の本について
コメントしていることがわかった。
ちりも積もれば・・・
いや「書評もつもれば山となる」である。

これらから2~30編を選んで
収録したいと思っている。

時間のある方は,
「これを載せて!」などと
リクエストして下さると助かります。

練習試合で川越初雁中へ

当初予定していた高校との練習試合が
新型インフルエンザのため延期され,
急遽連絡を取り川越初雁中で
練習試合を行った。

ちょうど勝瀬中も来ることになっていて,
3校での三つ巴の試合となった。
試合結果は,以下の通り。

対川越初雁中 24ー26(22ー14から負ける)
対勝瀬中 17ー25
対川越初雁中(2巡目) 25ー22
対勝瀬中(2巡目) 25ー18
対川越初雁中(3順目) 15ー25

昨日の試合から学ぶことの第1は,
「攻撃は最大の防御なり」ということだ。
バレーボールは,攻撃と守備の2つの場面から
成り立つスポーツといってもいいだろう。
(たいていのスポーツがそうだが)
その時に守ってばかりいて攻撃しなかったら,
その試合はどうなるだろう。
これは,「火を見るより明らか」である。
絶対に勝てないのだ。

バレーボールには「引き分け」がないので,
勝てなければ負ける。
つまり早い話が,攻撃しなければ負けるのだ。
もちろん,守りが完璧で
相手のミスを待てるようなスーパーチームなら
守りに徹しても勝てるチャンスはあるが,
現状のチーム状態からはそれは望めない。
とにかく「攻撃は最大の防御なり」だ。

(1) 意地でも,まず先取点を取りに行く

わがチームは,この意識が弱い。
先取点をあげたチーム,前半リードしたチームが
勝つ確率がとても高いことを考えれば,
スタートからがんばらなければ勝てないのだ。
目安は,前半10点までを5ー5以上だ。

(2) 点をリードしたら,積極的に試合を進める

サッカーだと2点リードすればほぼ試合に勝てるが,
バレーボールだと5点以上になるだろうか。
とにかく「ワンチャンスでは逆転できない」と
相手に思わせることが大切だ。
試合を積極的にリードしてこそ勝利につながる。

(3) 強気の攻撃・守備が勝利につながる

サーブも強気,スパイクも強気,しかたなく
相手に返す時も「チャンスボール」ではなく,
「相手のいない場所」や「いやな場所」を
ねらって返すことだ。
そのためには,「相手チームの観察」が
絶対に必要である。

新人戦まで,あと5日。
「もうこれ以上の努力はできない」
というところまでがんばってほしい。

リベロは,他の選手より2倍確実に
セッターにボールを返してほしい。

セッターは,少しでもアタッカーが
打ちやすいように,
ボールを上げてほしい。

アタッカーは,相手の動きを観察して
少しでも強く攻撃してほしい。

控えの選手や応援に回っているメンバーは,
今試合がどうなっているか
しっかり見ておいてほしい。
試合経過によっては,
突然(本当は突然ではないのだが)
君をピンチサーバーに起用するということも
大いにあるのだから・・・。

昨日の試合でも
良い場面がないわけではなかった。
しかし,せっかく良いプレーをしながら
それを喜び合う迫力に欠けていた。
これか相手へのプレッシャーになることを
もっと意識してほしい。

バレーボールは,相手チームとの戦いだ。
25点を先に取った方が勝つ。
「攻撃は最大の防御なり」
この言葉を忘れずに,がんばろう!

楽天が大逆転で70勝目

楽天が大逆転で70勝目をあげた。

0-4と大敗ムードが漂う5回表,
7番セギノール,8番リンデン,9番中谷と,
下位打線が信じられないような
3者連続本塁打。
さらに失策,草野のタイムリーで,
この回一挙に5点を奪い逆転した。

6回以降も攻撃の手を緩めず,
両チーム合計29安打が飛び出す
乱打戦を制した。

野村克也監督のインタビュー。
「よかったね。1つ勝つのは大変だよ。
今日はリンデンの大活躍でな。
1番不思議なのは中谷の本塁打。
どうせ打てないから横向いていたら
本塁打,打ちよった。
明日は,力を試すいいチャンス。
涌井を相手にどこまでやれるか。
パ・リーグNO.1の投手だからね」

2009年9月26日 (土)

ミニ「ガリ本」の構想

200ページを越えるようなガリ本は
なかなかできないにしても,
数10ページ程度のてごろなガリ本なら
(それをミニ「ガリ本」と名づけてみた)
もっと気軽に作れていいかなと
だいぶ前から思っている。

毎日ブログを更新しているので
それを編集してまとめればいいし,
画面で読むのとはまた違った面白さが
あるのではないかと考えた。

【既刊のミニ「ガリ本」】

「私にとっての授業書シリーズ」
「私にとっての古田本シリーズ」
「肥さん年図」
「私の仕事術」
「肥さんのHP&ブログ」
「今月の手品」

【これから作ってみたいミニ「ガリ本」】

「肥さんのホームページ選集」(1冊)
「肥さんの夢ブログ選集」(毎年1冊)
「男子バレーボール通信」
「行事を楽しむアイディア集」
「肥さんの<奥の細道>」
「肥さんの書籍紹介」
「肥さんの私設<楽天>応援団」

この中で何か興味のあるものはありますか?
教えていただければ,それを優先しますが・・・。

背番号の発表

運動部の顧問をしていると,
大会前に「背番号の発表」という仕事がある。

私としては「これで順当でしょう」と思って
背番号を決めているつもりだが,
(だって,サーブが入る確率の良くない選手に
コートに立ってもらうわけにはいかないもの)
選ばれる方にしてみれば
「あの子が選ばれるなら自分も」
という相対評価的な考えになるらしい。

まして,男子バレーボール部の背番号は
1~12(ベンチ入り最大人数)なので,
現在19人が活動する中で
その中になんとか入りたいと思うのは
わからないわけでもない。

そこで最近では紙に12人の背番号を
印刷しておいて,
それをクールに配付する方式に代えたのだが,
昨日は「1人ひとり発表してほしい」とのことなので
それを尊重することにした。
(紙はその後に配った)

1・・・キャプテンでセンターの2年生
2・・・アタッカーの2年生(当初セッター候補)
3・・・いろいろな「仕事」をする2年生
4・・・身長がもっとも高いセンターの1年生
5・・・セッター修行中の1年生
6・・・アタッカー修行中のサウスポーの1年生
7・・・リベロ修行中の2年生
8・・・リベロ修行中の1年生
9・・・リベロ修行中の1年生
10・・・アタッカー修行中の1年生
11・・・練習試合でサーブがよく入った1年生
12・・・セッター&アタッカーの2年生

当初3人のりベロ候補から2人を選び,
もう1人はマネージャーにしようと考えたが
1点でも多く取りたいチーム事情があるので
リベロを3人入れた。
この3人はその日によって調子が違うので,
その日調子が一番良い者を
使っていきたいと思っている。

したがって「スコアブックをつける」だけの
マネージャーは今回は入れないで,
出場していない者が「かんたんスコア」を
つけるようにしていきたい。

なお,背番号のもらえなかった選手も
油断なく体調を整えておいてほしい。
けがや病気(今回は特に新型インフルエンザも)
という事情で急に入れ替えるということも
あると予想される。
わが部はいまのところ無事だが,
「新フル」(新型インフルエンザの省略形だそうだ)
の影は私たちにも忍び寄ってきているのだ。

成績交換の日

昨日は夜「西武戦」を見に行きたかったが,
多くの先生方がいつになく成績処理に
がんばっておられ,
「ちょっと西武ドームへ行ってきます!」
というわけにはいかなかった。

ということで,午後7時半までかかって
ようやく1年社会科の成績を出した。
(2年選択社会科は今朝入れます。
2年生の先生方,ごめんになさい!)

本当は5連休の間に成績を出しておけば
かっこよかったのだが,
そしてそれがプロというものだが,
顧問をしている男子バレー部の
「シルバーウィーク練習」がハードで,
気力・体力がそちらに向かなかった。
次回はそんなことがないようにしたい。

ようやく成績が出て,
パソコンの「プロ野球速報」を見てみたら,
楽天の先発・田中が打ち込まれ
西武に完敗していた。
今日は楽天にがんばってもらいたい。

2009年9月25日 (金)

歌詞をはっきり歌うために

合唱コンクールで大切なことの1つは,
「歌詞をはっきり歌う」
ということである。
アナウンサーの言葉が聞き取りやすいのは,
訓練してカツゼツを良くしているから。
それなら,私たちもそれに学んだら
どうだろうか?

そういう発想で「早口言葉」で検索したら,
いろいろなものがあった。
中学生がやりやすそうなものを
私が選んでみた。
ぜひチャレンジしてみてほしい。
きっとカツゼツが良くなるはず・・・です。


【練習編】

・生麦生米生卵
(なまむぎ なまごめ なまたまご)

・青巻紙赤巻紙黄巻紙
(あおまきがみ あかまきがみ きまきがみ)

・隣の客はよく柿食う客だ
(となりのきゃくは よくかきくう きゃくだ)

・この釘は、ひきぬきにくい釘だ
(このくぎは ひきぬきにくい くぎだ)

・坊主が屏風に坊主の絵を上手に書いた
(ぼうずが びょうぶに ぼうずのえを じょうずにかいた)


【初級編】

・暖かく(5回連続で言う)

・滑舌訓練(5回連続で言う)
(かつぜつくんれん)

・旅行業界
(りょこうぎょうかい)

・老若男女
(ろうにゃくなんにょ)

・土砂災害
(どしゃさいがい)

・骨粗鬆症
(こつそしょうしょう)

・火星探査車
(かせいたんさしゃ)

・詳細を調査中
(しょうさいをちょうさちゅう)

・取りざたされる

・除雪車除雪作業中
(じょせつしゃじょせつさぎょうちゅう)


【中級編】

・高速増殖炉
(こうそくぞうしょくろ)

・第一著者 第二著者 第三著者
(だいいちちょしゃ だいにちょしゃ だい
さんちょしゃ)

・サカス赤坂(5回連続で言う)
(さかすあかさか)

・偽札作り
(にせさつづくり)

・六カ国協議
(ろっかこくきょうぎ)

・低所得者層
(ていしょとくしゃそう)

・高架橋橋脚
 (こうかきょうきょうきゃく)

・マサチューセッツ州(5回連続で言う)

・新春シャンソンショー
 (しんしゅんシャンソンショー)


【上級編 】

・生バナナ(5回連続で言う)

・摘出手術(5回連続で言う)
(てきしゅつしゅじゅつ)

・腹腔鏡手術(5回連続で言う)
(ふくくうきょうしゅじゅつ)

・貨客船,万景峰号(5回連続で言う)
(かきゃくせん まんぎょんぼんごう)

・東京特許許可局(5回連続で言う)

「スッピンでFightin!」の歌詞

例のスッピンファイヤー9のデビュー曲
「スッピンでFightin!」の歌詞を
今まで紹介するのを忘れていた。
以下,それを紹介しよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「スッピンでFightin!」

 作詞・KAE 作曲・中西圭三 小西貴雄

大きな森の中へ
迷い込んだ tiny lonely girl
また 涙流してる

ふと見上げた夜空に
綺麗なネイルかざしたって
あの星にはかなわない

飾ってみても 変わってみても
結局全部空回り
心ごまかす エクステなんて
見つからないよね

ありのままで Fightin! 私は私
気付けた瞬間 ほらね 輝きはじめる
いつの日かきっと あの星のように
心スッピンで Fightin!

森を抜けて感じた
こんなに優しい月のあかり
私を照らしてる

取り出したケイタイへ
届いたメール 友達から
他愛ない いつものジョーク

おNEWのワンピ ピカピカの靴
そんなもの 代わりはあるわ
変わらないから 私でいれる
あなたがいるから

どこまででも Fightin!  昨日は昨日
いいも悪いも 全部明日へのちから
一緒ならもっと スペシャルだね ずっと
夢へ スッピンで Fightin!

やるしかないよね!
ありのままで Fightin! 私は私
気付けた瞬間 ほらね 輝きはじめる
いつの日かきっと あの星のように
心スッピンで Fightin!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これを歌いながら激しいダンスを踊るのは
とても大変なことだと思うが,
それができてしまうのが若さなのかもしれない。
とにかく明るい応援ソングでオススメなので,
ケータイをお持ちの方は
ぜひ配信(ダウンロードで購入)してもらって下さい。

ケータイでの配信のやり方は,
「メニュー」→「テレビ」→「TBS」→「ニュース・芸能」
→「サカスさん」→「TBSメロディ」というように
進んでいくようです。

天下分け目の「西武戦」!

クライマックスシリーズに向けて.
今日から天下分け目の「西武戦」が始まる。

初戦の先発は.楽天が田中,
西武が帆足とのことだ。
両投手の投げ合いになるのか,
それともどちらかの打線が爆発して
あっさり決めてしまうのか。
興味津々といったところ。

できたら西武ドームに応援に行きたいが,
5時45分まで男子バレー部の活動があるので
まだ迷っているところ。
試合開始は午後6時である。
パソコンで「プロ野球速報」を見ることになるのか,
1塁側(西武ドームではアウェーの楽天側)で
応援することになるのか。
「神のみぞ知る」だ。

野村監督が「3連戦のうち
1つ勝てればいい」とも言っている。
それが3ゲーム引き離している強みだ。
しかし,ファンとしては初戦必勝。
ずるずると3連敗なんてことになると,
優勝経験のある西武にとって有利となる。

ああ,やっぱり西武ドームへ
行っちゃおうかなあ・・・。
とても大事な試合だし。

今思い出した。
今日は成績交換だった・・・。
やはり「プロ野球速報」かな?

2009年9月24日 (木)

シルバーウィーク練習(5日目)

昨日は午前中所沢東中にお邪魔して,
練習試合をした。

聞くところによると,
今回が初めての練習試合だそうだが,
攻撃の形がしっかり決まっていて,
(センターからの攻撃が中心)
言われなければそう思わなかっただろう。
市予選の最初の試合でいきなり当たって,
度肝を抜かれなくて良かった。
こちらもあと1週間で作戦を練って,
市予選では対策を立てて臨みます。

練習試合は,全部で8セット行った。
ほとんどが接戦だった。

20ー25,21ー25,
25ー21,25ー19,
14ー25,28ー26,
24ー26,25ー20

これで他校との練習試合は,
15勝24敗(勝率.385)となった。
当然強いところと試合をすれば負けるし.
逆なら勝てるわけで
参考にならないといえばならないが.
勝率5割以上をめざすことは
1つの目標にはなるだろう。

航空公園で昼食をとった後,
午後は学校に戻って練習をした。
3年生が5人来てくれて,
紅白戦を中心に行った。

25ー14,8ー25,
22ー25,12ー25,
17ー25,28ー30,
13ー25

引退したとはいえ,
3年生の実力は「ここぞ」という時に出る。
(それが「強い」ということだ)
7戦して,1勝6敗だった。
新人戦で勝つことで,
彼らにお礼をしたいと思う。

この5日間,いろいろな練習や
練習試合をしてきた。
特に練習試合は,多くの方々の協力があって
たくさんの学校が集まり実施することができる。
それを「当たり前のこと」と思わず,
常に「ありがたいこと」と感謝して
それぞれの練習に励んでほしい。

「バレーボールをしてやっている」
などという高慢ちきな人には,
コートに立ってほしくない。
少しでも今よりうまくなって,
納得のいくバレーボールがしたいと思って
コートに立ってほしい。

バレーに対して高慢ちきな人は,
たとえ素質には恵まれても
バレーの神様は微笑んでくれないと思うし,
また勝利の女神も見放すと思う。

あいさつから始まり,準備,
片付けに至るまで,
しっかりできていただろうか。
お弁当を作って下さる親に
「ありがとう」のひと言が
言えているだろうか。
会場を準備してくれた相手校に
まさかゴミを置いてくるなんてことは
当然しないと思うが,
自分たちが使った会場を
せめて現状復帰して去っただろうか。

数え上げればきりがないが,
バレーボールを通して学ぶことは
とてもたくさんあると思う。
ぜひ5日間でお世話になった人.
自分たちを応援してくれている人を
たくさん思い浮かべて,
感謝の心を持って
今日からまた新人戦に向けて
がんばってほしい。
残された日数は,あと1週間だ。

この5日間「シルバーウィーク練習」と題して,
部活動の報告をさせていただきました。
興味のない方には申し訳ありませんが,
これも私の日常であり,
記録することで彼らの励みにもなるので
(ブログを読む生徒もおり,文章は転載・印刷して
「男子バレーボール部通信」として発行している)
ご容赦下さい。

デビューライブ大成功!

例のスッピンファイヤー9が
昨日TBSのサカスステージで
デビューライブを行い,
「スッピンでFightin!」の歌とダンスを
お披露目した。

「サカスさん」の番組自体が
全面的に売り出しに協力する形で,
1時間の番組のうちで
スタートから約40分後に
(引っ張りに引っ張って)
ようやく見ることが出来た。

私は「ケータイを使わない人」なので
配信(曲をダウンロードして購入すること)に
協力することはできないが,
ブログで宣伝するという形で
彼女たちを応援することにしたいと思う。
ケータイをお持ちの皆さんは
ぜひ配信してもらって下さい。

ケータイでの配信のやり方は,
「メニュー」→「テレビ」→「TBS」→「ニュース・芸能」
→「サカスさん」→「TBSメロディ」というように
進んでいくようです。

元気が出てくるような応援ソングなので,
ぜひ聴いてみて下さいね!

楽天が藤原の好投で69勝目

楽天が藤原の好投で69勝目をあげた。

楽天は3回裏にセギノールのタイムリーで先制。
続く4回に中村真が2点タイムリー二塁打を放つと,
6回には相手のワイルドピッチで
1点を加えリードを広げた。

投げては,先発・藤原が
8回を1失点に抑える好投で,
今季4勝目(4敗)。

野村監督のインタビュー。
「クライマックスシリーズをかけて大変な決戦になってきたな。
(今の西武は)乗ってきたし,勢いがある。
遅まきながら,昨年のチャンピオンチームが力を発揮してきた。
逃げ切れるかどうかだな。
3連敗しないように,1つ勝てればいいかな。
こんなことになるとは思わなかったな。
あっちはローテーションの柱で来るでしょ?
この3連戦が全てだね。集大成になりそうだ 」

2009年9月23日 (水)

シルバーウィーク練習(4日目)

昨日は朝から富士見市立総合体育館に出かけて,
8校で練習試合をしてきた。

先日の7校を越える8校が集まるのは,
一部ダブっているにしても
顧問としてはたいへん助かる企画である。
(昨年は練習試合を組むのに,
個別交渉していたので負担が大きかった)

さて,対戦成績を紹介しよう。

対大井中 25ー23
対草加青柳中 20ー25
対本太中 19ー25
対川越初雁中 25ー9
対草加青柳中(2周目) 13ー25
対本太中(2周目) 25ー23
対勝瀬中 25ー22
対川越初雁中(2周目) 25ー17
対大井中(2周目) 25ー22
対富士見台中 20ー25

ということで,6勝4敗だった。
負けた試合も20点取れたものもあり,
成長の跡が見られる。
もっとも強い新座中が午前中で帰って
対戦がなかったことや,
川越初雁中がエースを欠いていた
という事情もあったので,
「総当り」というわけにはいかなかったが,
練習試合の経験がだいぶ生きてきたと
言える結果ではあった。

実はこの日までの「対戦成績」は
5勝16敗(勝率.238)と
大きく負け越していたのだが,
昨日の結果を加えると
11勝20敗(勝率.355)と
大きく伸びたのであった。
これからもたくさん練習して,
早く勝率5割を越えるようになりたい。

いよいよ本日配信です!

いよいよ例のスッピンファイヤー9の
デビュー曲「スッピンでFightin!」が,
本日配信開始されます。

私は部活動の練習試合があるため,
TBSテレビの「サカスさん」を録画予約して
帰宅後に見ようと思っていますが,
午後1時53分の生放送スタートから見られる方は
ぜひ番組終了後から配信が始まるので,
ケータイなどにやってみて下さい。

ケータイでの配信のやり方は,
「メニュー」→「テレビ」→「ニュース・芸能」
→「サカスさん」→「TBSメロディ」というように
進んでいくようです。

元気が出てくるような応援ソングなので,
私もぜひ手に入れたいと思っています。

『ちいさな哲学』

昨日夜赤門塾(所沢市)に出向いたところ,
長谷川宏著,春風社,1800円+税の
上記の本を入手した。

『哲学者の休日』『日常の地平から』に続く
3冊目のエッセイ集で,
「食の風景」「人とのつながりのなかで」
「日曜日の哲学」「美術にふれるよろこび」
「書物から哲学が始まる」「水俣へ」
などといった章から構成されている。

新聞や雑誌に載った文章を
1冊の本にまとめたもので,
たいへん読みやすい。
興味のある方は,ぜひお読み下さい。

なお,著者はドイツの哲学者ヘーゲルの
著名な研究者であり,
また,学習塾の講師もされていた方である。
私は氏の塾で学んだ後も
OBとしてお付き合いいただいている。

2009年9月22日 (火)

シルバーウィーク練習(3日目)

昨日は3年生が6人も練習を見に来てくれて,
いい調整が出来た。

なんといっても,
中学生たちは体を動かして学んでいく。
理論はその次だ。
先輩が後輩を教えていくという良き伝統が
男子バレー部では今も続いていることを
私は誇りに思う。

最後の練習試合は,以下の通り。

19ー25,11ー25,25ー14,
12ー25,20ー25,10ー25,
19ー25

7戦して1勝6敗だったが,
これは一昨日負傷したA君を
大事をとって温存したせいもある。
試合の後半では体を動かし始めていたので,
今日は試合に出られるかもしれない。

「シルバーウィーク練習」と題して
男子バレー部通信を作ろうと思ったが,
一昨日の練習試合を観戦した保護者の方が
アドバイスを書いて下さったので,
それを使わせていただいて
「1・2日目」として1号出せた。

クロスケの家

昨日実家に寄った際,
母が「トトロのふるさと財団」に関する
東京新聞の記事を紹介してくれた。
何でも所沢市三ケ島の農家を譲り受けて,
事務所を移転するとのことだ。

三ケ島といえば,私の前々任校がある。
ぜひ訪ねてみたい。
そこで部活動が始まるまでの時間を使って
現地を訪ねてみることにした。

驚いた。
その地は,平家物語の縁でお邪魔している
宝玉院の隣だったからである。
これなら,平家物語の学習とトトロの学習と
前々任校と砂川遺跡(旧石器時代)の訪問が
一度にできることになる。
肥さん式「三ケ島ツアー」の誕生だ!

実は,もう1つ縁があった。
10数年前三ケ島中でご一緒した
Mさん母子にそこでお会いしたからであった。
やはり東京新聞の記事を見てきたという。
これもクロスケの家が取り持つ縁であった。
家に戻って,M君あてにHP&ブログの案内をお送りした。

楽天が大逆転で68勝目

楽天が大逆転で68勝目をあげた。

1点リードされて迎えた6回裏,
草野のタイムリー二塁打で同点に追いつくと,
さらに続く宮出のタイムリー打,相手エラーなど
打者一巡の猛攻で一挙8点をあげた。

先発・岩隈は,8回を2失点に抑える力投で
今季13勝目(6敗)。
チームも4連勝となった。
また,この日は球団新記録の68勝目で,
「貯金9」も球団最多。

野村監督のインタビュー。
「今日は岩隈が立ち上がりから心配だった。
代えようか? って呟いたぐらいだ。
あの内容じゃ不安でね。
4回から少しリズムが戻ってきたよな。
思い出したように“岩隈リズム”になってきたので
大丈夫だろうと」

2009年9月21日 (月)

シルバーウィーク練習(2日目)

昨日は川越初雁中にお邪魔して,
7校で練習試合を行った。

病気,けがの選手が相次ぎ,
私は7試合のうち6試合の主審や副審を
勤めることになってしまった。
監督をできていれば「タイム」などで
試合の流れを変えることも出来たが,
審判のできる生徒が少なく,
お話にならなかった。

対戦成績は,以下の通り。

対川越初雁中 14ー25
対鳩山中   25ー16
対勝瀬中   25ー20
対秩父一中  11ー25
対川越名細中 25ー18
対新座中   13ー25
対川越初雁中(2巡目) 14ー25

途中で「1年生大会」が入り,
25ー10と15ー17で
川越初雁中と1勝1敗だった。

健康管理やスタミナの問題も
根は精神的な弱さが影響していると思う。
勝敗ではだいたい真ん中ぐらいだったが,
声の出具合は最下位に近かったかもしれない。

また,バレーボールはスポーツなので,
動き回ってボールを拾い,
相手を攻撃しないことには勝てない。
たとえパスがつながって
相手のコートに返っても,
それは永遠に「引き分け」なのである。

ただ漫然とバレーポールをやって
「チャンスボール」を返してはならない。
逆に相手チームの動きをよく観察して,
できるだけ選手のいない所に返す。
これが自然にできるようになって,
初めて得点がこちらに入ってくるのである。

誤解を恐れずに言えば,こういうことだ。
「相手の弱点を攻めてこそ,
バレーボールは活路が開かれる。
「もっと意地悪なバレー」をしよう!」

楽天が終盤の逆転で67勝目

楽天が終盤の逆転で67勝目をあげた。

2点差を追った8回裏,
楽天はヒット2本と死球で作った
無死満塁のチャンスに,
憲史が2点タイムリーを放ち,まず同点。
高須の犠飛と嶋のタイムリーで,
逆に2点リードした。

8回表からリリーフした福盛は,
ソロ・ホームランの1点のみに抑え,
7勝目(0敗8セーブ)をあげた。

野村監督のインタビュー。
「たまらないね,こういう試合は。
胃が痛むけど。
勝てば官軍。勝てば全てを消してくれる。
それが野球だよ」

2009年9月20日 (日)

ぷーさんへ

「ああ野麦峠」について
お問い合わせのぷーさん。

「肥さんのホームページ」の
メールコーナーを利用して
アドレス等をお送り下さい。

操作ミスでコメント等を
削除してしまいました。
ごめんなさい。

検索で一部見つけたので,
再録しておきます。

「「ああ野麦峠」発見! しばらく見つからなかった
「ああ野麦峠」のビデオを昨日発見した!
犯人は何気ない場所にそれを置いていた!
(犯人は私です。
場所は,私がいつもビデオを置いているところ。
あまりにも当たり前過ぎて探さなかった ... 」

シルバーウィーク練習(1日目)

昨日は5連休の初日。
午前8時から11時まで部活動があった。

校外に練習試合に行っている部が多く,
体育館の全面が使えた。
しかし,やはり広ければいい
というものではないらしく,
ちょっと持て余してしまった。
今の人数だと半面で良いのかも。
(1年生14名,2年生5名の合計19名)

明日の川越初雁中への遠征用に
ボールとかごを用意して,
最後は時間まで紅白戦をした。

久しぶりの古田武彦氏講演会

昨日は久しぶりに
上記の講演会に出かけてきた。
このところ古田氏の話を聞いていなかったので,
どんな話が飛び出すか期待して参加した。

場所は,日本テレビの近くの日本教育文化会館
「エデュカス東京」。
演題は,「日本の生きた歴史と寛政原本」だった。

最初に古田説のあらましを話し,
その後で各論的な話をした。
私が印象に残ったものを
いくつかしよう。
文責は私にある。

(1) 古事記には銅鐸が載っていた

大阪に鐸手(ぬで)神社がある。
古代には銅鐸を「ぬ」と読んでいたらしい。
今まで「天の沼矛(ぬほこ)」と思っていたが,
真福寺本で確認したら,
「矛」ではなくて「弟」だった。
つまり「天の鐸弟(ぬおと)=鐸音」であった。
銅鐸でかき回した音が,
「コウロコウロ」としたのではないか。
原文改定は実に多い。

(2) 「本物の正倉院」発掘!

東大寺の正倉院は,通称・正倉院だ。
33m×9mで,それが3室に分かれている。
全国各地の米を収納するのには狭すぎる。
このほど福岡県太刀洗市で発掘された上野遺跡は,
東西150m×南北175mの方形の敷地の中に
掘立柱建物が10棟以上計画的に配置されている。
掘立柱建物のうち13棟が高床式倉庫で,
当時の税である大量の米を収納した
「正倉院」と考えられるという。

(3) 応神天皇陵の発掘を

「仁徳天皇陵」=大山古墳はおそらく
盗掘されているだろうが,
応神天皇陵はたぶん大丈夫だろう。
大陸から伝わった貴重な論語や千字文が
発掘できる可能性がある。

(4) 部落の言語には本来の日本語が

被差別部落の分布図と
古墳の分布図は重なる。
広開土王の碑に記されているのは,
彼が征服して墓守をさせている人々のこと。
それと同時代の日本の古墳の主も,
自分が征服した部落の人々に
自分の墓の墓守をさせたのではないか。
つまりそれが被差別部落の始まりではないか。
部落の言語には本来の日本語が
たくさん残されているので,
これから研究していく必要がある。

(5) 原爆を投下した人々のために祈る

古代には「敵祭」の風習があった。
広島に原爆を投下した人々のために祈る
「ヒロシマ」記念碑を建てたい。

(6) 古田説関係の著書が続々登場する

久慈力『法隆寺ミステリーの封印を解く』
(現代書館)

角田彰男『炭焼長者黄金の謎』(原書房)

その他,古田氏自身の著作もいろいろ。
「古代史コレクション」は,
すべてミネルヴァ書房刊で,
3000~3500円。
書き下ろしの「日本の生きた歴史」
という文章がついているそうだ。
人物・事項・地名索引も各巻に掲載。

『「邪馬台国」はなかった』
『失われた九州王朝』
『盗まれた神話』
『邪馬壱国の論理』
『ここに古代王朝ありき』
『倭人伝を徹底して読む』など。
11月の中旬から順次刊行予定。

ほかに『マンガ「邪馬台国」はなかった』
も刊行予定とのこと。(12月上旬)
こちらは2200円。

これから毎月のように
古田氏の本が出ると思うと,
もう一度学びなおそうという気持ちになるし,
また他の人にも紹介できる
チャンスができたと思う。
このブログでも紹介していきたい。

楽天が大逆転で66勝目

楽天が大逆転で66勝目をあげた。

楽天は同点とされた直後の6回裏,
草野の2点タイムリーで勝ち越しに成功した。
その後も相手のエラーや憲史のタイムリーなどで
この回一挙8点を挙げ,試合を決めた。

2番手の佐竹は今季初勝利をマークし,
チームにクライマックスシリーズ進出
マジック13が再点灯した。

野村監督のインタビュー。
「今日は迷ったというか,思案したのは
(6回の)草野の場面で左(投手)が出てきたところだよ。
今年は宮出が左に良い働きをしているから,
勝負をかけようかと思ったんだ。
でも,草野は左対左でも3割以上の
高打率を残しているからと
打撃コーチが進言してきたので,
草野に任せようと。
任せて良い打撃をしてくれたね。
あそこの決断はポイントになったな」

2009年9月19日 (土)

注目! 本日「アンネの日記」再放送

先月NHK教育テレビで放送され
強烈な印象を残した上記の番組が,
(実写版の作品である。
「隠れ家」でのストレスの多い生活を
うまく描いていたと思う)
本日再放送される。

全5話一挙の特別アンコールなので,
見ていなかった方,録画しそこねた方は
ぜひこのチャンスをお見逃しなく!

私は本日午後,古田武彦氏の
講演会に出かけるので,
先ほどビデオ予約をしたところだ。
午後2時半から5時までの
2時間半の放送である。

その前の「ハモリ倶楽部」も気になったので,
一応そこから録画しようと思っている。

ビデオで「初合わせ」を撮影・鑑賞

昨日書いたとおり,
3つのパートの「初合わせ」をした。

2回パート別に練習した後
最後に教室の中で合わせたのだが,
せっかくだからとその様子を
ビデオで撮影して,
それをみんなで鑑賞した。

これまでも合唱の様子を
撮影したことはあったが,
体育館などの会場の広さを知らせるためで,
最初から撮ったことはなかった。
昨日はもちろん被写体になることに
慣れてもらうためである。

これから5日間の連休に入り
練習が中断してしまうので,
記念に撮っておこうと思ったのであった。

出来は,「初めてにしては,まあまあ」
といったところだろうか。
まだ荒削りだが,
ところどころはハモれて,
少しは合唱している気分になれた。

あと,「日めくりカレンダー」を
実行委員と作成した。
数えてみたら実際に使えるのは15日で,
早く気がついてよかった。
「9月24日/あと15日」という紙から
スタートすることになる。
(この日数は,実際に全員がそろって
練習できる日のことで,
土日祭日や新人戦など
全員で練習できない日は除いてある)

後期の教育実習が終わる

昨日で後期の教育実習が終了した。

最終日はあまり彼らと話が出来なかったが,
国語の方には「ひらがなとカタカナ」の
授業プランを,
理科の方には「電流」の授業記録を,
社会の方には『肥さん,この10年~
40代の仕事』のガリ本を,
それぞれプレゼントした。

また,仮説社の最新の書籍目録を
渡しておいたので,
今後多少は売り上げに
貢献できるかもしれない。

2009年9月18日 (金)

楽天が田中の粘投で65勝目

楽天が田中の粘投で65勝目をあげた。

楽天は2回裏,中村真の2点タイムリー二塁打で
先制点を先発・田中にプレゼントした。
同点に追いつかれた直後の3回には
山崎武のソロ,リンデンの2ランで勝ち越しに成功。
その後も渡辺直のタイムリーなどで
小刻みに加点してロッテを引き離した。

先発・田中は7回4失点ながらも,
打線の援護を受けて今季14勝目をあげた。

野村監督のインタビュー。
「まあ,今日の攻撃は言うことないよ。
マー君が良くないのが少し心配だね。
5回で100球を越えてるようじゃ駄目だな。
その辺が少し心配だ」

今日は試しに合わせてみよう

音を大きくしたパート別のテープは,
練習に役立っている。

男子パートはまだ何ヶ所か
不安なところもあるが,
明日から5日間の連休に入るので
今日は試しに合わせてみようと思っている。
(合わせながら自信を付けていくことも
必要なことだから)

聞くところによると,
女子のソプラノとアルトも
合わせているところだという。
ならば3部を1度合わせてみて,
バランスをみてみるのもいいだろう。

うまくできれば励みになるし,
全然だめならパート練習を強化する
理由ができるだろうし・・・。
「どっちにころんでもシメタ」という気持ちで
やってみようと思う。

今回の「この星に生まれて」を,
ぜひ自分たちのものにしたい。

後期の教育実習生たち

先週から後期の教育実習生たちが来ている。
教科でいうと,国語・社会・理科である。
(副免のため,期間は2週間)

私は直接の担当者でないし,
またここのところすごく忙しかったので
なかなか話しに行けなかったが,
昨日は3人のうち2人が
研究授業を終えたので
少し話してきた。

社会科の方は,記念すべき?
鳩山連立内閣発足の日に,
ちょうど民主政治のところを
研究授業でやった。
こういうことはめったにないことなので,
良い記念になったと思う。
子ども会活動をやっているということで,
小学校の先生として教壇に立つことになる。
(すると理科を教えることになるので,
仮説実験授業がやれるかもね)

理科の方は,電気の直列と並列のところを
研究授業されたらしい。
理科と言えば仮説実験授業のホーム。
ぜひ子どもたちに教えてほしい。
昨日は『たの授』を渡しただけだったが,
今日は仮説社の出版目録も渡して,
「営業」しようと思う。

国語の方は,本日が研究授業。
1人だけ最終日なのはさびしいけど,
授業するのは担任クラスなので
きっと落ち着いてできるのではないかな?
がんばって下さい!

『たの授』誌と同時に
「肥さんのHP」&「肥さんの夢ブログ」の
案内も渡しておいた。
まさか翌日に自分たちのことが載るとは,
夢にも思ってもいないだろうが・・・。

2009年9月17日 (木)

社会科授業研修会の司会

昨日は校内と市内の両方を兼ねて,
社会科授業研修会が行われた。

20人を越える参加者があり,
授業は若手のホープ・U先生が
「民主主義」という単元で行った。

抽象的な内容を「自分が決まりを作るなら」
「体育祭の応援ボードの決め方」という
生徒にとってわかりやすい
具体的な資料を用いて授業していた。

検討会に残ったのは半数ほどだったが,
1時間半ほど授業について話し合った。
私は今回の授業研修会について
あまり仕事をしていなかったので,
司会をして参加者の皆さんに
話し合ってもらった。

さすが社会科専門の先生たち(一部小学校)だけあって,
自分の経験をいろいろ話して下さった。
講師は市の教育センターの指導主事であるM先生で,
コメントは好意的だった。

授業の内容については,
ずいぶん打ち合わせを
している様子が伺えた。
こういうことがあるので,
なかなか授業の引き受け手がいなくなる。
もっと気軽に授業をするといいと
私は思うのだが・・・。

しかし,1時間半の話し合いで
いろいろな先生の話を聞けたので,
私としては司会は役得であった。

昨日も「サカスさん」を録画

昨日も「サカスさん」(TBSテレビ)を録画して,
帰宅後にチェックした。

例のスッピンファイヤー9は,
ついにレコーディングをした。
中西圭三の「スッピンでFightin!」である。

先日の合宿では歌詞を忘れる者もいたが,
今回は堂々としかも踊りつきでやっていた。
若い人の順応力はすごい。

放送時間がわずか30分で
番組の先行きに不安はあるが,
9月23日(水)の配信開始に向けて
急ピッチで作業は進められている様子だ。

これまでのおさらいの映像もあって,
彼女たちの活動の歩みを概観できる
お得な30分だった。

楽天が永井の粘投で64勝目

楽天が永井の粘投で64勝目をあげた。

楽天は同点で迎えた6回表,
連続四球で好機を作ると
憲史の犠飛で勝ち越し。
さらにリンデン,代打・高須の適時打で
この回合計4点で試合を大きく逆転した。

先発・永井は10安打を浴びながら,
要所を締める投球で
今季11勝目をあげた。

野村監督のインタビュー。
「高須はさすがだ。
代打・高須が当たったのか?
オレもちょっとはヒーローだな。
永井が投げるといつもナガイ。
ミジカイにしろ」

2009年9月16日 (水)

パート別のテープを作る

今週から合唱コンに向けての
取り組みが始まったのだが,
さっそく困ったことが起きた。

音楽の先生がパート別にCDを
作って下さったのだが,
機械が音量をセーブしてしまうのか
小さくて聞こえにくいのだ。
いや静かなところで聞けば
大丈夫なのだが,
何しろ学校というところは
そういうところではないわけで,
困ってしまった。

結局私がやったのは
かなり原始的な?方法だった。
CDを学校から借りて帰り,
それを大き目の音でかけて,
そのスピーカーの前で
じかに録音するというものである。

これだと音質は落ちるものの
音量的にはダビングしたものより
ずっと大きく入れることが出来た。
これを使ってまずパートの音とりを行い,
ある程度できた時点で合わせたい。

合唱コンは10月20日(火)に
所沢文化センター・ミューズで行われる。
「この星に生まれて」には初めて取り組むが,
なかなかいい曲なので
入賞めざしてがんばりたい。

都道府県かるた

なんとか歴史に入る前に
都道府県かるたをやってしまおうと考え,
昨日は4クラスで実施した。

このかるたは9年前に初めて作ったもので,
「肥さんの社会科かるた」シリーズの
スタートとなった記念すべきものである。

これを皮切りに私は
「世界の国々かるた」
「世界の気候かるた」
「歴史人物かるた(1)」
「歴史人物かるた(2)」
「歴史人物かるた(3)」
「公民(政治経済)かるた」と
合計7つのかるたを作ることになった。
(くわしくは,「肥さんのホームページ」参照)

「肥さんの社会科かるた」は,
いまや私の3年間の社会科授業にとって
なくてはならないものになっている。
3年かけてこれらをやっていく。

私はそのかるたの一覧表のプリントと
色上質特厚に印刷したかるたと
100円ショップで買ったはさみをかかえ
授業に向かう。
方法は,班内対抗戦+マイかるた作りである。
また,この中から次のテストで
10問20点分出題している。

希望者には,コピーを送ります。
ご連絡下さい。

都 道 府 県 か る た

① お米まで 日本一の 北海道 
 (数年前から新潟が復活)
② りんごと 三内丸山の 青森県
③ 三陸海岸と 南部鉄器の 岩手県
④ お米と 漁業の 宮城県
⑤ お米と 八郎潟の 秋田県
⑥ お米と さくらんぼの 山形県
⑦ お米と ももの 福島県
⑧ はくさいと 霞ヶ浦の 茨城県
⑨ 日光と いちごの 栃木県
⑩ 高原野菜と こんにゃくの 群馬県

⑪ 野菜と 市の数多い 埼玉県
⑫ 野菜と らっかせいの 千葉県
⑬ 出版・印刷 日本一の 東京都
⑭ 横浜 開国 神奈川県
⑮ お米と 雪の 新潟県
⑯ 水力発電と 薬の 富山県
⑰ 漆器 まき絵の 石川県
⑱ 原発銀座の 福井県
⑲ ぶどうと ももの 山梨県
⑳ 高原野菜と アルプスの 長野県

21 飛騨高山 関が原もある 岐阜県
22 お茶と みかんの 静岡県
23 車と キャベツの 愛知県
24 昔伊勢・松阪 今四日市の 三重県
25 琵琶湖で 栄える 大津・滋賀県
26 昔平安(京) 今京都府
27 昔「天下の台所」 今卸売業の大阪府
28 神戸 震災復興 兵庫県(一部変更)
29 昔平城(京) 今奈良県
30 みかんと 梅の 和歌山県

31 砂丘と なしの 鳥取県
32 出雲大社と 宍道湖の 島根県
33 倉敷水島コンビナートの 岡山県
34 かきと 平和記念の 広島県
35 昔長州 秋吉台もある 山口県
36 吉野川と 阿波踊りの 徳島県
37 ため池と 讃岐うどんの 香川県
38 みかん 伊予かん 愛媛県
39 促成栽培と かつおの 高知県
40 金印出土地 北九州の 福岡県

41 みかんと 吉野ヶ里の 佐賀県
42 出島 蘭学 長崎県
43 い草と すいかの 熊本県 
44 温泉と 宇佐神宮の 大分県
45 促成栽培と お肉の 宮崎県
46 お肉に茶 おさつも多い 鹿児島県
47 さとうきびと 基地の 沖縄県

2009年9月15日 (火)

祝 イチロー9年連続200本安打

人は自分の理解できる範囲を越えると,
そのすごさを理解できないことがある。

パリーグの首位打者を何回とっても,
たぶんイチローが期待するほどの賞賛を
私たちは彼に与えていなかっただろう。

また,大リーグに移籍して
いきなり首位打者をとった時も
まだ「1年ぐらいなら・・・」と。

しかし,今回の「9年連続200本安打」には,
誰もが脱帽したことだろう。
前人未踏の最高峰だ。
これまで誰もやったことがない仕事なのだから。

イチローは決して恵まれた体格を
しているとはいえない。
ゴジラ松井のような豪快なホームランを
期待することもできない。
しかし,彼は自分ができる
最高のパフォーマンスを自らに課した。
そして,そのために努力を重ねた。
そこがすごいところだと思う。

イチローが今後どのくらい記録を伸ばせるか,
それは誰にも(イチロー自身にも)わからない。
だが,この快挙に感動できる同時代に
生きられたことに感謝したい.

そして,やはり私たちは期待してしまうのだ。
「10年連続200本安打」を
イチローならやり遂げてくれるのではないかと。

ちなみに200本安打の記録は,
ピート・ローズの10回である。
これをイチローが「10年連続」という形で
めざさないはずはない!
と私は思う。

カンブリア宮殿「サイゼリヤ会長・正垣泰彦」

外食産業受難の時代に
年商850億円の売り上げをあげる
イタリアレストラン「サイゼリヤ」。
その会長は,理科系の合理性と
料理人の情熱を兼ね備えた人だった。

番組内での正垣氏の発言を
いくつか拾ってみたい。

「種からお客の口に入るまでが工場だ」
「7割引まで下げるとお客は来る」
「値段を下げることが自分たちの社会貢献」
「生産性をあげることや効率化をはかることは,
最終的においしさにつながる」

どのぐらい安いのかというと,
以下のような感じだ。
「ミラノ風ドリア」299円
「ぺペロンチーノ」299円
「田舎風ミネストローネ」149円
「グラスワイン」100円
といった具合なのだ。

う~ん,確かに安い!
その安さをいかにして実現するのか。
そこにサイゼリヤの秘密があった。

(1) 第1号店で「どのくらいまで安くすれば
 客は来るか」という実験をした。
(2) 安くてうまく,日本人の口に合う
 イタリア料理専門店にする。
(3) 徹底した合理化(作業の効率化と
 人件費の削減=材料は工場生産。
 調理人は最小限。包丁は使わない等)
(4) 究極の合理化工場での大量生産
(5) 自社の大農場の保有と品種改良
 (できたら1mの「四角い」レタスを作りたい)

レタスの管理は4℃に徹するのだそうだ。
収穫したら保冷トラックの温度は4℃。
工場で洗浄する際の水の温度は4℃。
店舗で保管する時の温度も4℃。
なんで4℃なのかというと,
これは野菜(ほとんど水のもの)を
理想的な状態に保つやり方だそうだ。
水は4℃の時にもっとも重くなるということは
教科書的な知識だが,
それを徹底するところが理科系の発想だ。

「安くてうまければ客は来る」と
口で言うのは簡単だ。
しかし,それを実現できるかどうかは
理論と情熱のバランスにかかっている
と言ってもいいだろう。
サイゼリヤは外食産業だけの
モデルケースではなく,
実験的に考えることの出来る人にとって
大いに参考になる例ではないかと思った。

サイゼリヤは自宅から自転車で
5分くらいのことろにあり,
これまでも数回行ったことがあるが,
今度は「実験」の視点で
観察してみたいと思った。

ちなみに「サイゼリヤ」の店名は,
ラテン語でくちなし(転じて「朽ちない」,
「つぶれない」)の意だということだ。
これは初めて知った。

2009年9月14日 (月)

昨日の部活動のトピックス

昨日は午後からの部活動だった。
昨日もトピックスがあった。
3年生が練習を見に来てくれたのだ。
しかも5人も!

そういう時の男子バレー部は,
後半がAチームとの練習試合となる。
昨日も後半3時間で
7セットをすることができた。

25ー16,25ー17,18ー25,
20ー25,16ー25,22ー25,
25ー27

ということで,合計2勝5敗であった。
前半で主導権を握り,
リードしたまま終わるのがいいのだが,
なかなかそうはさせてもらえなかった。

しかし,Aチームの協力性を高め,
3人のリベロを試し,
控えの1年生選手にも刺激を与えられて,
前日とはまた異なった収穫があった。
5人の3年生に感謝したい。
どうもありがとう!

なお,練習の間をぬって電話をかけ,
狭山経済高校に9月26日(土)に
練習に行くことや,
選手登録の考え方について
めどがついたので,
顧問としても収穫があった。
「今後の休日練習」という
予定表も発行できた。

さあ,これで全力を出して
新人戦がんばるぞー!
(新人戦は10月2日(金)。
あと18日だ)

TBS「サカスさん」打ち切りへ!?

よりによって,
こんな不穏なニュースが
伝わってきた。
ニュースソースは「スポニチ」だ。

「視聴率低迷…
TBS「サカスさん」打ち切りへ

TBSの生活情報番組「サカスさん」
(月~木曜後1:53)が
今月24日で打ち切られることが2日、
分かった。

10月改編に伴う措置で、
吉崎隆編成局長は
「視聴率の伸び悩みが最大の理由」
と説明した。
同番組は09年3月30日に放送スタート。
視聴率の低迷から7月20日の放送から、
メイン司会や放送時間など
大幅な改編を行ったばかりだった」

9月24日といえば,
例のスッピンファイヤー9のデビュー曲
「スッピンでFightin!」の
配信翌日ではないか。

彼女たちtが出演してきた番組が
なくなるということは,
今後の活動に影響が少なくない。
今後どうなっていくのか,
今週と来週の放送に注目していきたい。

2009年9月13日 (日)

飯能・日高仮説サークル2009年9月例会

昨日は午後から
上記の会に参加してきた。

参加者は6名。
だいたい以下のように進んだ。

肥沼「米国の失業率の変遷グラフ」
「カンブリア宮殿・再春館と<仮説>」
「アイドルオーディション」
「合唱コンのアドバイス」

 私としては久しぶりの大量の資料です。
 「『たの授』グラフのその後」シリーズは,
 しばらく続けたいと思っています。

明石さん「輝け!10円玉」の模擬授業

 化学変化入門にオススメです。
 理科が苦手な人でも楽しめます。

坂上さん「ホースで動物作り」の模擬授業

 私はカニを作りました。
 そのほか,イカとタコがありました、
 なかなかかわいくできました。

関口さん「算数の計算」

 私は計算が得意でなかったので,
 そういう子には朗報だと思いました。

丸屋さん「埼玉の会まとめ」
「錯覚のビデオ」
ガリ本『HANNOUからの風』89号
(私の「邪馬台国」はどこだ!収録)
「埼玉の会」の板倉講演DVDほか

 参加者が予定より少ないと,
 主催者はいろいろ大変なんですね。
 錯覚には私大変興味があります。

例会後は例によって,
飯能仮説会館で楽しく過ごした。

昨日の部活動の3つのトピックス

昨日の部活動では,
3つのトピックスがあった。

1つ目は,1年生の有志8名が
自主トレを始めたこと。
こういうことは初めてで,
私としてもうれしいことだ。
この刺激が男子バレー部全体にに広がれば
素晴らしいことだと思う。

2つ目は,F君のお父さんが
久しぶりに練習を見に来て下さったことだ。
バレーボールの経験がある方で,
その教え方も見事だった。
一斉指導と個別指導をうまく組み合わせ,
生徒たちのやる気を育てて下さった。
ありがとうございました!

3つ目は,新人戦のユニホームの
背番号を考え始めたこと。
例の「男子バレー部ノート」にメモを始めたら,
みんなの動きが俄然良くなった。

楽天が青山の好投で63勝目

楽天が青山の好投で63勝目をあげた。

楽天は1回表,山崎武の2ランで先制すると,
5回にも渡辺直の犠飛で加点。
8回には再び山崎武の2ランなどでリードを広げた。

投げては,先発・青山が6回途中を無失点に抑え,
今季2勝目(4敗5S)。

8回に救援陣が打ち込まれ5点を献上したが,
最後は小山が抑え,
からくも1点差で逃げ切った。

これで6連勝の楽天。
4位の西武がこの日負けたため,
ようやくクライマックスシリーズの
マジックがついた。

野村監督のインタビュー。
「こんな展開は楽に6対0で終わっているでしょ。
せいぜい6対1までだよ。
まあ,本当に連日,脚本家ばっかり育つな。
いい脚本家がいるよウチは。
テレビ局で使ったら?
面白い脚本書くかもよ」

2009年9月12日 (土)

もしも私が文部科学大臣になったら(再掲載)

民主党政権が来週発足する。
大臣の人事も進んできたようだが,
まだ文科大臣の有力な候補は
出ていないようだ。

公民の時間によくいう冗談だが,
「大臣の半分までは国会議員だが,
残りは民間でもいいのだから,
新内閣が発足するたびに
私はいつも電話の前で待っています!」
というネタがある。

半分冗談だが,全部冗談というわけではない。
3年前に上記の題で
ブログを書いたことがあったのを思い出し,
鳩山首相へのアピールも兼ねて
(「初の現職中学教員からの文科大臣登用」は
話題になること請け合いだと思うのだが・・・)
再掲載することにした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もしも私が文部科学大臣になったら,
こんな1週間を考えている。

まず,今の週5日制(授業日5+休日2)は
忙し過ぎるので,「変則5日制」に変える。

これはどういうことかというと,
月曜と土曜を半ドンにして,
結果として合計1日の休みにする。
それと日曜日で2日の休みを確保するのだ。

ただし,月曜の扱いは午後始まりである。
(ここがミソ!)
しかも,月曜は教科の時間はなくて,
クラブ活動や生徒会・委員会活動など
自分のやりたいことや
時間にゆとりのある時することを
優先して入れる。
つまりスローでソフトな週のスタートで
学校を活性化しようというものである。

私はこれまで社会科という教科のせいもあって
生徒会本部担当をたびたびしてきたが,
現状の週5日制では時間がとれなくて
瀕死状態になっているのである。
このことをいうと生徒会担当のK先生は
「ホントにそうですねえ」と賛同してくれる。
(かつては土曜日の午後が
その活動時間だったのだ)

現在の週5日制では,
ハードな6時間授業の日が週に3日もある。
しかもその後2日も連続で
家庭に戻された生徒たちが,
もう1日休みたくなるのは人情ではないかと思う。
それが不登校の種を作る。

もし本気で教育問題を考えるのであれば,
この私の「変則5日制」に清き一票を
よろしくお願いいたします!
ご静聴ありがとうございました!
(11/1)

2006年11月 1日 (水)の
「肥さんの夢ブログ」を再掲載しました。
このブログには検索コーナーがあるので,
キーワードを入れれば過去のブログが
簡単に見つけ出せます。

秋バテ

夏バテならぬ
秋バテという言葉があるそうだ。
毎日新聞に出ていた。

気温の変化に体調がついていけなくて,
あるいは夏の疲れを引きずって
そういうことが起こるらしい。

今の私がそれで,
新学期第2週がテスト関係で
かなり体力を奪った。

何しろ今週は,
社会科のテストの時間が
火曜日の3時間目で,
教科の中で一番ぺけ。
それなのに(それだから?)
翌日には3クラスの返却。
さらにその翌日にも
時間割の変更で2クラスの返却と,
息もつかせぬ採点の嵐。
(もちろん部活動も再開)

しかも今週はブログ的にも
面白い話題が続いたので,
それの時間もけっこうかかった。
まあこちらは楽しいからいいけどね・・・。

これでテスト関係はひとまず終了し,
今度は新人戦関係。
そのあとは合唱コンと,
またまた行事が続く。

新人戦では県大会出場が,
合唱コンでは3位以内が目標なので,
ここで一息入れて
またがんばらなくちゃあね。

楽天が大逆転で62勝目

楽天が大逆転で62勝目をあげた。

2点リードされた9回表,
楽天は鉄平の満塁本塁打等で
大量6点をあげ大逆転した。

先発田中は苦しみながらも
8回を3点に抑えて
13勝目(5敗)をあげた。

野村監督のインタビュー。
「あそこね。満塁でしょ?
ちらっと押し出しがチラついたんだけど,
橋上(ヘッドコーチ)が待たせますか?
打たせますか?って。
待たせるか?いいや行け!って。
良かった(笑)。やっぱりね攻撃は引いちゃイカンわ。
押すとこはどんどん押さないとね。イケイケどんどんで。
まして、同点になったとこだからね。
あそこが1点差なら待たす手もあるだろうけどね。
同点に追いついたからイケイケですよ。

24年も監督やっていて
こんな常識がわからないんだから…
ヘボ監督の域を脱しないよ。
WBCの監督に選ばれないのがようわかるな。
人は見てるよ」

2009年9月11日 (金)

KAEのマシュブロ★

「スッピンでFightin!」の作詞をした
KAEさんのブログサイトである
「KAEのマシュブロ★」に行ってきました。

最近のブログで
曲のことを紹介していました。

「スッピンファイヤー9

名倉潤さんアイドルオーデション。
ついに始動しましたね

中西圭三さんの歌う「スッピンでFaigtin!」は
やっぱり圧倒されるくらい上手いですね

この曲は、人に優しくするのも大事。
人に気を使う事も大事。
時には人に合わせる事も大事。
だけど、そんな中でも自分を見失わずに、
ありのままの自分が一番大事やって事を
忘れないよぉに!
自分が嫌いだからとか、
自信がないからとかで偽りの自分を
作るんじゃなくて、
ありのままの自分でぶつかって行く事が
必要な時もあるはず。
それが出来た時はなにか変われるんじゃないかな
って言う応援SONGです
まさに、今回のデビュー曲にふさわしいと思います

スッピンファイヤー9
皆様、応援よろしくお願い致します」

作詞者もなかなか力がはいっていますね。
あとは,スッピンファイヤー9の
歌に期待したいところです。

なお「KAEのマシュブロ★」には
KAEさんの経歴が書かれていました。
参考までに載せておきます。

「 雑誌のユニットオーディションがきっかけとなり、
パラパラユニット『Happie』のメンバーとなり、
2000年3月23日にCDデビュー。
ユニット解散後、現在コメディーからシリアスまで、
幅広い役柄をこなすマルチタレントとして活躍。

2002年4月2003年3月まで、
テレビ東京『カヴァーしようよ!』にて
レギュラーアシスタントを務め、
番組内ユニット『Rouge』を結成。

2003年3月5日 徳間ジャパンより
デビューシングル『プレイバックパート2
/恋の季節』リリース!」

楽天が中盤の逆転で61勝目

楽天が中盤の逆転で61勝目をあげた。

先発藤原が2点リードされた5回表,
楽天は草野のタイムリーなどで同点に。
また6回表には,
山崎武,セギノールの連続タイムリーで
逆に2点リードとした。
さらに9回表には,
小坂のタイムリーでダメ押しをし,
最後は福盛で逃げ切った。
楽天は4連勝。

野村監督のインタビュー。
「オリックスが自滅してくれているよ。
こんな試合をしていたら
(11日からのソフトバンク戦に)勝てない」

2009年9月10日 (木)

楽天が永井の好投で60勝目

楽天が゜永井の好投で60勝目をあげた。

援護弾は早くも1回の表に出た。
2つの四球でできた二死1,2塁のチャンスに,
憲史が3ランを放った。
さらに2回表も二塁打を犠打で送り,
きっちり犠牲フライで追加点。
序盤から楽天ペースで試合は進んだ。

大量リードを背景に,永井は完投で10勝目。
6回裏にカブレラに2ランを浴びたが,
すぐに犠飛で1点返してもらうなど
味方の援護にもまた恵まれた。

野村監督のインタビュー。
「7回の1点が効いた。
4ー2じゃ危ない。
永井は見てて安心感がない。
エースにはほど遠いな」

2009年9月 9日 (水)

キミハ・ブレイク「180度変わる医学常識」

昨日は,上記の番組を見た。
驚きの連続だった。

(1)熱が出ても無理に汗をかかなくてよい

汗のかきすぎは脱水症状になるおそれがあるので,
水分を十分取り自然治癒を図るのが
良いらしいです。

(2) すり傷を消毒,乾燥させるのは良くない

消毒は細菌より先に自然治癒力をもった
皮膚の細胞を殺してしまう。
また,乾燥はかさぶたを作ってしまい
自然治癒を遅らせるらしい。
ラップなどをかけウェットな状態に
しておくことが,
自然治癒を早めるとのこと。
ラップは1日数回かえるといいそうです。
(先日の狭山たのしい授業の会でも,
この治し方が話題になりました)

(3)白髪を抜いても白髪は増えない

番組で実験・観察したところ,
白髪は増えなかった。
白髪の方が成長する速度が速いので,
この迷信が生まれたらしい。

(4)プールの後の目洗いはしなくてよい

目の表面を守っているというムチン層。
塩素の入った水道水で洗うと,
目の表面がむき出しになり
かえって雑菌に感染しやすくなる。
「目は涙で守られている」のだそうだ。

(5)薬はお茶で飲んでもよい

最近の調査で鉄剤をお茶で飲んでも
さほど影響がないことがわかってきた。
むしろ硬水であるミネラルウオーターで
飲む方が良くないかもしれないそうだ。

(6)ビールは太らない?

ビール自体のカロリーはさほど高くない。
しかし,ビールの中に入っている炭酸ガスや
ホップにより食欲が刺激される。
そのため油の多く入った食べ物を
たくさん食べてしまって太るそうだ。
ビール自体のカロリーはさほど高くない。
しかし,習慣性がつくと
やはり太りやすい体質になるとのこと。

(7) 暗いところで本を読んでも,
将来の視力には影響ない

暗いところで本を読むと,
まばたきをしない分目が乾き疲労する。
逆に明るいところで読めば瞬きが多くなり,
その分目が疲れて視力が落ちる。
要は疲労度の問題。
長時間の読書は避けたほうが良い。
適度に休憩を取りながら読書するなら,
将来的に視力が下がることにはつながらない。

(8)肌の衰えは取り戻せる?

肌細胞が肌の若さを作るが,
老化はどうしても止められない。
それを前提にしての話。
年をとればとるほど肌の厚みがなくなるので,
耳の裏の皮膚を切り取っておいて
それを培養・保存し,
それを再び注入して若返る
というテが紹介されていました。
(「3年前に採取した肌細胞」で,
シワの本数が実際何本か減りました)

(9)耳垢はとらないほうが良い

耳垢は自然に出てくるようにできている。
耳かきをする習慣があるのは,
中国と日本ぐらい。
世界では麺棒を使っている。
無理やりかき出す行為は
耳の中を傷つけてしまうことがあるので
慎重にしなければならない。

(10)へそのゴマはとった方がいい

へそのゴマにはたくさんの雑菌が
含まれている。
だから,時々そうじをしてやりたい。
ただ,へその皮膚の下は薄くて,
腹膜を傷つけやすい。
ガーゼにオリーブオイルをつけて,
軽くふく程度でよい。

(11)仰向けに寝かせても絶壁頭にはならない

絶壁頭は遺伝的要因が多いようだ。
赤ちゃんの骨はまだやわらかいので,
仰向けで絶壁頭が作られるということは
ないらしい。

その他,「鼻血の治し方」「スイカの
種を食べるとどうなる?」「おなかが
痛い時は炭酸飲料を飲む?」などがあった。


正しい医学の知識を身に付けて,
安全に過ごしたいものだ。

楽天が岩隈の好投で59勝目

楽天が岩隈の好投で59勝目をあげた。

前半から宮出の本塁打などでリードし,
岩隈が6連勝でそれに応えた。

9回表はは猛攻で,
一時8ー3と5点もリードを広げた。
しかし,9回は裏は押さえの福盛,
川岸が打ち込まれ,
あわや逆転負けかという
薄氷を踏む勝利だった。

この日は西武も日本ハムに勝ち,
ゲーム差は3.0のままだった。

野村監督のインタビュー。
「結果オーライの野球は一番嫌い。
そんなことをしていたら,
いつまでたってもチームは
良くならない」

2009年9月 8日 (火)

「カンブリア宮殿」再春館製薬所会長・西川通子

昨日のゲストは,再春館製薬所会長の
西川通子氏だった。

再春館といえば,ドモホルンリンクルという
独自の基礎化粧品で知られる会社である。
(最初は無料サンプルだけ送り,
本当に買いたい人だけが電話注文する。
価格は5万7750円。28年間値上げなしとのこと)
その人気の秘密が描かれていた。

私はドモホルンリンクルの使用者ではないが,
教育へのヒントとして番組を見て
大変興味深かった。
特に仮説実験授業との類似点だ。

(1) お客様に「ありがとう」と言われるのが本当の商売

仮説では「授業の評価は,子どもに聞く」
という形で表現される。
授業評価や感想から
授業の成功度を判定するのだ。
ここにもそれがあると感じた。
西川氏は今では一線を退き
長男に社長の席を譲っているが,
全国から届くお便りには
彼女自らが目を通していた。
思えば『たの授』の編集会議には
読者からのお便りやメールがまとめられて
閲覧されるが,その一番の読者は
会代表の板倉さんだった。

(2) 女性の力を活かす会社が伸びる

仮説では「子育て中のママさん先生でも
授業が実施できるようにサービスしていく」
という形で表現される。
もちろんその最大のサービスは授業書だ。
再春館には午前8時から午後10時まで
開いている保育所があるという。
仕事のシフトに対応できるように
長時間の開設が図られているのだ。
そのほか,社員食堂や500人いるという
電話オペレーターへの教育も
きめ細かくされている印象だった。

(3) 小さくてもきらりと光る会社をめざす

再春館の商品はドモホルンリンクルのみだ。
かつて西川が再建するまでは,
多くの薬を扱っていた。
しかし,ドモホルンリンクルのみに絞って
追求していくことが,
長期的な信用につながっていった。
仮説もそうだ。
粗製濫造を戒め,授業書という形で
「授業の法則性」を追求していく研究が,
着実な成果をあげてきた。

もちろん年商262億円のビジネスは
一朝一夕で築きあげられたものではない。
強引な電話商法で返品の山ができたこともあったという。
(それは今熊本にある本社の受付前に展示して
戒めにしているという)
それらを乗り越えて今の再春館はある。

司会の村上龍が番組の収録中
びくびくしながら応対していたという
熊本の肝っ玉かあちゃんの西川氏の人柄に,
私は仮説との類似点によって親しみを覚えた。

来週は,安価なイタリア料理を提供してくれている
「サイゼリヤ」の特集である。
これもぜひ見てみたい。

LH比

「奇跡の生還SP」(9月6日,テレビ朝日)
という番組を見るまで,
私も何のことか知らなかった。

これはコレステロールの話である。
悪玉コレステロール(LDL)の数値を
善玉コレステロール(HDL)の数値で
割って算出するのが,
このLH比というものだ。

統計学的に見た健康状態の指標で,
これが1~1.5になるようにするといいらしい。
私は2.2だったので,
運動をして悪玉コレステロールの数値を下げ,
LH比を下げていくことが課題だ。
あなたも試しに健康診断などの数値から
このLH比を出してみませんか?

私にとってはメタボ測定で自分のウエストを
強制的に測られるより,
はるかに科学的で精神的にも快適な
健康管理のように思えるのだが・・・。

2009年9月 7日 (月)

「米国の失業率の変遷」グラフ

一昨日狭山たのしい授業サークルに
参加したことは昨日書いた。

そこでの話題の1つとして,
「アメリカの失業率が
10パーセントに近づいていると
オバマ大統領が発表した」
ということが出ていた。

私は宿題として,
世界の国ぐにの失業率について
次回までにグラフを描いてくることを
自らに課した。
じつは,これには目算があった。

何年か前に『たの授』の裏表紙のグラフを
誰かが上記の題名で描いていることが
頭の片隅にあったからだ。

昨日調べたら岸勇司さんだった。
5年前の2004年6月号のものだ。
これを調べるのには「あのな検索」を利用した。
これは過去の『たの授』記事の検索に
大変便利なものだ。
難波さんという方が開設されている。
「失業率」と書いて検索するとすぐ出た。

さて,岸さんのグラフは2002年までのもの。
私の仕事は,そこから2009年まで調べること。
それにはパソコン検索を使えばいい。
というわけで,さらに検索していった。

実際にやってみると,
その年だけ単年度の数値は出ていても,
なかなか全部を載せているものはなかった。
(ウィキぺディアに日本のものはあった)
やはり「失業率の変遷」という問題意識が
あまりないのかもしれない。

板倉聖宜さんはよく
「長期統計が大切」と言われる。
マスコミはセンセーショナルに
その時々の数値を発表するが,
それでは事態を冷静に分析することが
出来なくなるからだろう。

1時間ほどかけて
1つひとつ単年度の数値を調べて,
ようやく2009年(6月)まで埋めることができた。

「小さいけれど大きな仕事かな?」シリーズの
第1作ができそうだ。
(このシリーズは,昨日思いついた。
『たの授』の裏表紙のグラフの
その後を調べていく仕事である。
ここのところグラフに縁がなくなっているので,
自分にグラフの感覚を取り戻すために
このシリーズを10作ほどやりたい)

明日岸さんのグラフと連結させて
次回のサークルの資料にしようと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考
      アメリカ 日本
2003年 6.0  5.3 (%)
2004年 5.5  4.7
2005年 5.0  4.4
2006年 4.6  4.1
2007年 4.6  3.9
2008年 7.2  4.0
2009年 9.5  5.2
(6月現在)

楽天がサヨナラ勝ちで58勝目

楽天がサヨナラ勝ちで58勝目をあげた。

3対3の同点で迎えた9回裏,
楽天は中村真のサヨナラヒットで
日本ハムを突き放した。

西武はこの日ソフトバンクに負け,
楽天は再びゲーム差を3.0とした。

野村監督のインタビュー。
記者:長谷部投手が登板した試合は4連勝ですね。
「そうなんだよ(笑)。
不敗神話が生きてたな。
毎試合先発させるか?
何かあるね」

記者:そういうものは大事にしたいですか?
「大事にしないとね。
でも,まだ運頼りのチームなんだ。
早く実力をつけて欲しいよ」

2009年9月 6日 (日)

狭山たのしい授業サークル・2009年9月例会

午後は上記の会に参加した。

参加しようと思ったのは,
主催者の田辺さんが
「小原さんの免許更新の講義の様子を報告する」
という案内ハガキをくれたからだ。
「これはきっとたのしい報告に違いない!」
と予想を立てて参加したというわけだ。
その予想に間違いはなかった。

実際この報告はサークル半ばで行われ,
自己紹介から始まるそのスムーズな流れは
「仮説実験授業を紹介する授業書」
とも呼ぶべきものができたという感じだった。
うれしい。ぜひ追試したいものだ。

その他では,権田さんの鉛筆の芯と
プラスチックコップを使った
ゼネコンによる「電気分解」実験が面白かった。
電気分解というと,薬品のにおいがする理科室で
いかめしい実験道具を使ってやったイメージがあるが,
昨日のは誰でも安全に安価でできる
素晴らしいものだった。
電池はもともとイオン水から始まった
ということも実感できた。
権田さんにとっては当たり前のことらしいが,
参加者にとっては驚きの連続で,
ぜひ『たの授』などに載せてほしいと思った。

私は次の3点を持っていった。
(1) 『カンブリア宮殿』より「見れども見えず」の話
(2) 「肥さんのHP&夢ブログ」の宣伝
(3) 「1学期前半のたの授カレンダー」の学級通信

全体として私の資料は,
「補足」がたくさん必要な資料なんだと思う。
次回は「他の人が普通に読んだだけで
わかる資料」をめざしたい。
(と前にも書いた気がするが・・・)

次回への宿題

「ハモネプの「審査員」になろう!」
「各国の失業率の変遷」
以上2つの資料を作ってくる。

中学校分科会

北小には午前8時半に着いた。

例年だと分科会は9時半スタートなのだが,
今年は9時からということで
遅れてきた人もいたようだ。

中学校分科会のレポートは2本。
これでお昼近くまで話すということは,
1本あたり1時間半もあるということだ。
うれしいような,悲しいような・・・。

1本目は入試制度改革のレポート。
今年から前期試験で大部分が合格し,
後期はわずかの募集ということで
大きな影響(混乱)が予想される。

いろいろな意見が出たが,
要は目先のことで一喜一憂せず
広い視野で考えていくことが大切である
ということは言えそうだ。
ぜひ今年の入試の経験者は
来年の教研でレポートしてほしい。

2本目は私のレポート。
「たのしくわかる社会科の授業をめざして」
という題名を付けてあるが,
いわば仮説実験授業の紹介だ。
今回は1学期前半に授業をした
《世界の国ぐに》についての話が中心だった。
いくつかの授業書も回覧して見ていただいた。

私は新任以来27年,
半分以上の教研集会に顔を出してきたが,
そのほとんどは仮説実験授業についての報告だった。
よくいえば「長年にわたる研究」ということが
いえるかもしれないが,
それほど魅力があるのが仮説実験授業なのだ。

司会が気をきかせて
「「聖徳太子はいなかった」という話がありますが,
本当ですか?」と聞いてくれたので,
仮説についてだけでなく,
古田史学についても話させていただき
私としては大満足だったが,
参加者の方々はいかがだっただろうか?
ちょっと心配な気がしないでもない。

教研は1つの文化だと思うので,
これからもぜひ参加していきたい。
そのためには「実践あるのみ」ですね。

旧知の参加者たちと仮説や古田史学について
話すことができる教研は,
私にとっては至福の時であった。

配付資料

(1) 「たのしくわかる社会科の授業をもとめて」
(2) 「仮説実験授業とは?」
(3) 「肥さんのHP&肥さんの夢ブログの紹介」
(4) 『たの授』見本誌
(5) ガリ本『肥さん,この10年~40代の仕事
 (たのしい社会科をもとめて)』
(6) 授業プラン「「邪馬台国」はどこだ!」
(7) 授業プラン「日本国憲法とその構成」

2009年9月 5日 (土)

いざ教研

今日は所沢の教研集会がある。
場所は我が家から5分の北小学校だ。

今年もレポートをださせてもらう。
(「枯れ木も山のにぎわい」だ!)
「たのしくわかる,社会科の授業をめざして」
という仮説実験授業のレポートだ。

別に特別なことを発表しようとは思わないが,
仮説実験授業の授業書を使えば
誰でも生徒たちとたのしく授業できますよ,
と毎回のように宣伝している。

今回は最近のガリ本(『肥さん,この10年~
40代の仕事(たのしい社会科をめざして)』)を
おみやげに参加したいと思っている。
ぜひご都合のつく方はおいで下さい。

分科会が午前9~12時,
全体会(講演会)が午後2時からだったと思います。
(私は午後は「狭山たのしい授業の会」に
参加する予定なので,午後はいません)

那珂太郎「音の歳時記」

今朝の「天声人語」で,
上記の詩が紹介されていた。
見られない人のために,
パソコン検索して載せてみる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「音の歳時記」 那珂太郎

一月 しいん

石のいのりに似て 野も丘も木木もしいんとしづまる
白い未知の頁 しいんーとは無音の幻聴
それは森閑の森か 深沈の深か
それとも新のこころ 震の気配か
やがて純白のやははだの奥から
地の鼓動がきこえてくる

二月 ぴしり

突然氷の巨大な鏡がひび割れる
ぴしり、ときさらぎの明けがた
何ものかの投げたれきのつけた傷?
凍湖の皮膚にはしる鎌いたち?
ぴしりーそれはきびしいカ行音の寒気のなか
やがてくる季節の前ぶれの音

三月 たふたふ

雪解の水をあつめて 渓川は滔々と音たてて流れはじめる
くだるにつれ川股に若草が萌え土筆が立ち
滔々たる水はたふたふと和らぎ
光はみなぎりあふれる
野にとどくころ流れはいっそう緩やかに
たぷたぷ たぷたぷ みぎはの草を浸すだらう

四月 ひらひら

かろやかにひらひら 白いノオトとフレアアがめくれる
ひらひら 野こえ丘こえ蝶のまぼろしが飛ぶ
ひらひら 空の花びら桃いろのなみだが舞ひちる
ひらひら ひらひら 緩慢な風 はるの羽音

五月 さわさわ

新緑の木立にさわさわと風がわたり
青麦の穂波もさわさわと鳴る
木木の繁りがまし麦穂も金に熟れれば
ざわざわとざわめくけれど
さつきなかばはなほさわさわと清む
爽やか、は秋の季語だけれど
麦秋といふ名の五月もまた 爽やか

六月 しとしと

しとしとしとしとしとしとしとしと
武蔵野のえごのきの花も 筑紫の無患子の花も
小笠原のびいでびいでの花も象潟の合歓の花も
うなだれて絹濃のなが雨に聴きいる
しとどに光の露をしたたらせて

七月 ぎよぎよ

樹樹はざわめき緋牡丹は燃え蝉は鳴きしきる
さつと白雨が一過したあと 夕霧が遠い山影をぼかすころ
ぎよぎよぎよ 蛙のこゑが宙宇を圧しはじめる
月がのぼるとそれは 
ぎやわろっぎやわろっぎやわろろろろりっと
心平式の大合唱となる

八月 かなかなかな

ひとつの世紀がゆつくりと暮れてゆく
渦まく積乱雲のひかり
光がかなでる銀いろの楽器にも似て
かなかな かなかなと ひぐらしのこゑは
かぼそく葉月の大気に錐を揉みこむ
冷えゆく木立のかげをふるはせて

九月 りりりりり

りりりりり......りり、りりり......りりり、
りり......り、りりりり......
あれは草むらにすだく虫のこゑか
それとも鳴りやまぬ耳鳴りなのか
ながつき ながい夜 無明長夜の
ゆめのすすきをてらす月

十月 かさこそ

あの世までもつづく紺青のそら
北の高地の山葵色の林を
しぐれがさっさつと掠めてゆくにつれ
幾千の扇子が舞ひ 梢が明るみはじめる
地上にかさこそとかすかな気配
栗鼠の走るあし音か 地霊のつぶやきか

十一月 さくさく

しもつきの朝の霜だたみ
乾反葉敷く山道を行けばさりさり
波うちみだれる白髪野を行けばさくさく
無数の氷の針は音立ててくづれる
澄んだ空気に清んだサ行音
あをい林檎を噛む歯音にも似て

十二月 しんしん

しんしん しはすの空から小止みなく
白模様のすだれがおりてくる
しんしん茅葺の内部に灯りをともし
見えないものを人は見凝める
しんしんしんしん それは時の逝く音
しんしんしんしん かうして幾千年が過ぎてゆく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本は四季のある地域にあるので,
その時期によっていろいろな楽しみがある。

それにしてもこの詩は,
授業で使えそうだなあ。

2009年9月 4日 (金)

古田武彦氏講演会の案内

昨日上記の案内のハガキが
東京古田会から届いた。
以下に転載するので,
興味のある方はご一緒しませんか?

古田氏も80歳を越えられているので,
ぜひ元気なうちに
講演を聴いておく価値があると
私は思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

演題 ~ 日本の生きた歴史と寛政原本

日時 ~ 9月19日(土) 13時15分~16時30分
資料代 ~ 一般2000円,会員1500円
会場 ~ 全国教育文化会館「エデュカス東京」
(日本テレビ近く,地学会館となり)
東京都千代田区二番町12ー1
電話 03ー5210ー3511
最寄駅 ~ 地下鉄有楽町線麹町駅 徒歩2分

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古田武彦編集『なかった~真実の歴史学』
(ミネルヴァ書房)から予想される今回の話題。

(1) 「東日流外三郡誌」のなかから
 「発見」された「天皇記」と「国記」

(2) 金石文による九州王朝実在の証明
 (小野毛人墓誌や船王後墓誌による)

(3) 九州の「飛鳥」と「大化の改新」

(4) 今後の古田氏の著作活動の予定

(5) そのほか最近の新発見(何が飛び出すかな?)

「はみだしたの」で贈呈誌

『たの授』9月号に
2つの「はみだしたの」が掲載された。
(欄外のミニ情報のことです)
「新手のオレオレ詐欺」と
「疲労は乳酸のせいではない」というものである。
(このブログにも書いた)

「はみだしたの」に載ると,
お礼に『たの授』を1冊贈呈される。
これまでは毎月2冊編集委員の報酬として
送ってもらっていたが,
今季は編集委員からあぶれてしまったので
こうして1冊「はみだしたの」でゲットしている。

もちろん編集委員からあぶれても,
毎号の感想はメールで送っているし,
公開編集会議には出来る限り
参加しようとは思っている。
緊張感を取り戻す?ためには
これもいいかもしれない。

それにしても部活の運動部は忙しすぎる。
編集委員の立候補も忘れてしまうとは・・・。
来年度は考えなくては。

2009年9月 3日 (木)

道徳でハモネプ視聴

昨日は道徳の時間に,
「全国ハモネプリーグ8」の
後半を視聴した。

一昨日だいぶ宣伝しておいたので,
番組を見てくれていると思ったら
世の中そうはうまくいかないもの。
数人の手しかあがらなかった。

そんなこともあろうかと思って,
いやたとえどんなに
たくさんの生徒が見ていようとも,
一緒に見ることに価値があると信じ,
録画したビデオテープを
教室に持っていったのだった。

彼等は「ハモネプ3」(ZO☆MAなどが出演)を
得点予想しながら見ているので,
「心の準備」は出来ている。
今回の高いレベルのハーモニーは
きっと生徒たちに刺激を与えたに違いない。

道徳との関係ということでいうと,
ハモネプはたくさんのことを
学べる教材だと思う。

(1) 美しいものに感動する豊かな心
(2) 協力する精神
(3) 希望と勇気をもってやり抜く強い意志
(4) 互いに励まし合い,高め合う
(5) 感謝の心
(6) 人間として生きる喜び
(7) 新しい文化の創造に貢献
(文科省「道徳」学習指導要領より)

以前「ハリーポッター」のビデオを
道徳で見せた際,
「愛と勇気と友情」について学べると
書いたことがあるが,
ハモネプは物語の世界ではない。
生身の人間がそれらを具現化しているところに
人々は感動するのだと思う。

1学期後半の授業開き

1学期後半の授業開きは,
浮沈子と授業書《世界の国旗》の
ダイジェスト版を行った。

浮沈子は小学校でやった生徒もいるらしく,
「それ知ってる」「やったことがある」
という声も聞かれた。

だが,知ってはいても楽しめるのが
この浮沈子のいいところ。
赤と青の2匹の魚(お醤油入れ)を
浮き沈みさせて口上を言いながら
一緒に楽しんだ。。
「さあ,青ちゃん,沈んでいきなさい。
そう,いい子だ。
さあ,赤ちゃん,浮かんでおいで」等。

授業書《世界の国旗》は
自作の「世界の国旗まとめ表」を使い,
黒板に平野さん(もと仮説社)作の
掲示用国旗(裏に板磁石付き)を
ぺたぺた貼りながら授業していった。

国旗について体系的に学ぶことは
まずないこともあって,
多くの生徒たちが「とてもたのしかった」
「国旗からいろいろなことがわかった」等
好意的な感想を書いてくれた。

2009年9月 2日 (水)

川瀬健一さんの写真展

上記の写真展の
ご案内のハガキをいただいた。

川瀬さんはもと中学社会の先生だが,
(『徹底検証「新しい歴史教科書」』シリーズの
著者として知られています)
多彩な能力の持ち主で
花の写真にも堪能なのだ。

いただいたハガキの内容を転載する。

「風そよぐ~
第10回川瀬健一写真展
花暦総集編2:「庭の花々(8)」
日時:2009年9月24日(木)~
10月6日(火)
午前10時~午後9時
場所:小田急向ヶ丘遊園駅南口徒歩3分
「フルハウス」:TEL044ー911ー0331」

ちょうど新人戦と重なる時期で忙しそうだが,
また出かけてコーヒーをすすりながら
川瀬さんと写真や古代史の
お話をしたいものだ。

お近くの方は(いや遠くの方でも),
ぜひ行ってみることをオススメします。
午後1時から6時ごろまでは
川瀬さんも会場にいるとのことです。

「全国ハモネプリーグ8」の感想

昨日は満を持して「ハモネプ8」を見た。

とにかくレベルの高い大会だった。
決勝に進めなかったグループでも
80点台後半,90点台が続出し,
ドラマチックな展開だった。

最後はジュブナイルとAS★KNOWを抑え,
「A-Z(アズ)」が一青窈の
「ハナミズキ」を歌って優勝した。
男性のリードボーカルの甘い声と
女性3人の安定したコーラスが
大変魅力的だった。

なぜか決勝に残った3つのグループは,
女性歌手の歌を男性が歌っていた。

この番組を見て担任の生徒たちが,
さらに合唱コンへのモチベーションを
上げてくれるといいと思う。
(7月に見せた「ハモネプ3」のビデオは
けっこう盛り上がったから)

楽天がサヨナラ勝ちで57勝目

前カード初戦と同じく,楽天が岩隈,
西武が涌井の両エースが先発し,
息詰る投手戦が続いた。

楽天は1点リードされて迎えた9回裏,
草野がラッキーな内野安打で出塁すると,
すかさず中村真が送り
1死2塁のチャンスを作った。
嶋の代打憲司の2塁打でまず同点。
さらに小坂の代打高須の敬遠四球の後,
リンデンがサヨナラ安打を放ち,
接戦に終止符を打った。

岩隈は被安打7奪三振11与四死球0の
好内容で,5連勝の11勝目。
前カード初戦での雪辱を果たした。
また,西武とのゲーム差も4.0となった。

野村監督のインタビュー。
「今日はエース同士の投げ合いで
見応えのある試合だった。
勝てて良かったし,
岩隈に白星が付いたしな」

2009年9月 1日 (火)

今夜「全国ハモネプリーグ8」が放送されます!

昨日帰りの会で「さようなら」をした直後,
Kさんが私の所へ向かって
何か言いたげな顔をして歩いてきた。
「えっ,何かまずいことでも言ったかな?」
と思って聞いてみると,
「何で明日のハモネプのことについて
言わないんですか?」と言う。

私は全然気がつかなかったのだが,
「ハモネプが明日放送される」とのこと。
ふー,危なかった。
危うく大事な番組を見逃すところだった。
さすがKさん,ハモネプファンを自認する
だけのことはありますね。
どうもありがとう!

パソコン検索してみたら,
確かに放送されるようだ。
ハモネプのサイトには,
次のように宣伝していた。

「第8回 全国ハモネプリーグが開催決定!
楽器を使わず声だけでハーモニーを奏でる
アカペラに青春を捧げる熱きパフォーマンスの数々!
応募総数652組の中から
全国大会出場を果たした精鋭18組!」

「そろそろ放送かな」とは思っていたが,
新学期早々とは思わなかった。
Kさんのおかげで,ハモネプ8を
録画し損ねることなく見られる。

みんな,今夜は「ハモネプ8」があるよ!
ぜひ録画しながら見て下さいね!
放送は午後7時から,フジテレビです。

PS さらにパソコン検索してみたら,
何と私が前に書いたブログの文章が
引用されていてビックリ!

「肥さんの夢ブログ(中社) : 今夜はハモネプ

今夜はいよいよ待ちに待った
「全国ハモネプリーグ」が放送される。
午後7時からフジテレビで2時間やるので・・・

夜7時から放送の「ハモネプリーグ
第6回大会」に先駆けて,
過去5大会分の名場面のみをピックアップ・・・」

どこで誰が見ているかわからないのが
ブログ・・・ですね。

1学期後半スタート

昨日1学期後半スタートした。
(この言い方にはいまだに慣れない。
やはり「2学期が始まった」と言いたい。
だってそれだけで「気持ちを切り替える」
という効果があるから)

新型インフルエンザについての指導に
放送朝礼や学活をあてたが,
登校してきた彼らはいたって元気で
欠席は1人だけだった。

例によって「夏休みのできごと・ベスト3」を
4分の1のわら半紙に書いてもらう。
(ちなみに「わら半紙」とは
わらが入っているという意味ではなく,
わらが入っているのではないかと思うほど
粗末な紙という意味なのだそうだ)

それを読むと,生徒たちは
世の中の新型インフルエンザさわぎを尻目に
日本のあちこちを旅行し,
楽しんできたようであった。
また,部活でたくさん汗を流し
充実した時間を過ごしていた。

社会科の宿題「今日のニュースとコメント」も
多くの生徒がよく取り組んでいた。
「何でもいいからその日のニュースを
新聞やテレビなどから選び,
ひと言コメントを書く」という内容だが,
今年は芸能界の薬物騒動や
新型インフルエンザの流行,
衆議院の選挙などがあったために,
話題には事欠かなかったようだ。

それはこのブログも同じで,
さらにひいきの楽天が8月は
17勝7敗の「貯金10」という
すごい勝ち方をしてくれたため,
充実したブログ生活を過ごせたのであった。

夜になって社会の科学メーリングリストで,
仮説実験授業の上廻(かみさこ)先生は
橋本大二郎氏(もと高知県知事)や
鳩山由紀夫氏(次期首相候補)と
今でも交流があるという話題が出ていた。
(学習院初等科で師弟関係である)
年齢的に彼らが仮説実験授業を
習っているわけではないらしいが,
当然仮説実験授業について知っていても
おかしくはないと思うと,
今後の政治にも少しは興味が
わいてくる気がする。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ