« 「奥の細道」パート3(北陸編1) 8/10,11 | トップページ | 初めての甲子園~高校野球の観戦記 »

2009年8月14日 (金)

「奥の細道」パート3(北陸編2) 8/12

金沢を出発して,伊勢・松阪へ。
さらに最後は大阪に至る3日目。
その様子を簡単に報告しよう。

【先へ先へ】

とにかく13日には甲子園球場へ行くことが
決まった(高校野球が雨で2日順延された)ので,
昨日は先へ先へと急いだ。
ところが普通列車はつなぎが非常に悪くて,
こちらの思い通り進めない。
そこで,予算をオーバーするが
時間には代えられないので,
午前中に1回(北陸線)と午後に1回(近鉄)
特急のお世話になった。
「青春18きっぷ」の使い方として,
つなぎが悪いところでは途中をスキップする
というテが紹介されているのだ。
ただし,その場合は特急券はもちろんのこと
乗車券も別途必要になるのが痛いところだ。

【読書】

『5万4000円でアジア大横断』を読み終わった。
『深夜特急』や「猿岩石」の旅の最近版という印象。
コースもほぼ同じだ。

今この旅行で2冊目の『脳を活かす生活術』を読んでいる。
茂木健一郎氏の「脳を活かす」三部作の1つだ。
旅行をしているのだから,
別に本は読まなくてもいいのだが,
やはり読書はどこにいてもしたいんだな。

【特産物を味わう】

ケチケチ旅行とはいえ,
少しは旅先の美味しいものを食べたいので,
一昨日飛騨牛焼肉定食を,
昨日も次のようなものを食べた。
「さば・ますのおにぎり」(北陸の名産が2種類)
「モー太郎弁当(松阪肉使用)」
「赤福」(伊勢神宮のおみやげ)
きっと「人間が丸く」なって
帰宅すると思われます。(笑)

【縄文博物館】

三重県津市の山崎三四造さんは
「縄文さん」とあだ名される有名人。
退職金で竪穴式住居を建て,
20年間縄文人として過ごすという
ものすごい生活をした人だ。
できたらお会いしたいと思っていたが,
それはかなわず,
彼の作った縄文博物館などの施設を
カメラに収めるにとどまった。
近所のおばさんに尋ねたところ,
「向こうの田んぼにいるかも」ということだったが,
「向こうの田んぼ」はずいぶん遠かったのだ。
(自転車で移動されているようだ)
あたりは農村の風景の真っ只中。
何もこんな環境の中で
わざわざ「縄文さん」をやらなくても・・・と
家族に代わって突っ込みたくなる私だった。
今度お便りしてみようと思う。

【尼崎・東横インは「満員」】

昨夜は甲子園に近い尼崎の東横インを狙ったが,
「本日満員」の立て札にはね返され,
結局大阪梅田に戻って,
新阪急ホテルに宿を取った。
値段は東急インよりだいぶ高く,しかも朝食なし。
う~ん,この時期は予約も必要かなあ。

【おわび~どこが「奥の細道」?】

今回「奥の細道」の旅を名乗りながら,
松尾芭蕉がちっとも出てこなかった。
期待していた方にはごめんなさい!
「一家(ひとつや)に遊女もねたり萩と月」
「むざんやな甲(かぶと)のしたのきりぎりす」
「蛤(はまぐり)のふたみにわかれ行(ゆく)秋ぞ」
などが登場する予定だったのですが・・・。
またいつか俳句を味わう旅をしてみたいです。
つたない旅行記を読んでいただき,
ありがとうございました。

明日は,甲子園で日大三と聖望学園の応援だ。
日大三は午前11時から
聖望学園は午後1時半から開始。
乞う御期待!

« 「奥の細道」パート3(北陸編1) 8/10,11 | トップページ | 初めての甲子園~高校野球の観戦記 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「奥の細道」パート3(北陸編1) 8/10,11 | トップページ | 初めての甲子園~高校野球の観戦記 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ