« 仕事はじめ | トップページ | 楽天が鉄平の2本の本塁打などで50勝目 »

2009年8月20日 (木)

新型インフルエンザ

新型インフルエンザへの感染者が,
今や6万人を越えたという。
1ヶ月前には4000人台だったから,
驚くべき広がり方である。

初めて国内での感染が確認された時は,
必要以上に恐れて患者の人権さえ侵しかねない
隔離措置なども行われたが,
今はだいぶ冷静さを取り戻して
落ち着いて対応することができるようになってきている。

しかし,初期の印象があまりにも強烈だったので
無用な心配も無きにしも非ずで,
また新型インフルエンザそのものについての知識が
あまりにも乏しく思えてあわてて学んでいる。

昨日私が確認したのは,お恥ずかしい話だが,
「医者はすぐには新型インフルエンザだという判定は
下さない(下せない)」ということである。
まず,インフルエンザ簡易検査を行ない,
「A型判定」が出た場合は,
ウイルス遺伝子検査を行って
新型インフルエンザかどうか判定するということだ。
そして,たいていの場合「A型判定」だけで終わりで,
(おそらく現在の状況から新型インフルエンザだろう
という推定をするらしい)
休養を取ることになるようだ。

「新型インフルエンザ感染者」と報道されるが,
その数は推定数と思った方がいいようなのだ。
だって「A型判定」を受けた人全員が
手間とお金のかかるウイルス遺伝子検査を受けるとは,
私にはとうてい思えないから。

ここへきて新型インフルエンザにかかわる死者が
3人ほど出たことで,
新たなパニックが起こることが心配だ。
通常のインフルエンザと比べて
それほどその比率は高いとは思わないが,
新聞やテレビは危機をあおり立てることばかりせず
本当に何が必要な情報かを考えて報道してほしいと思う。

今朝新聞に研究者のコメントが出ていた。
それを転載しよう。

「冷房が利いた室内で生活空間をともにすることが多い。
湿度や温度が低くウイルスにとっても都合がよい環境。
ほとんどの人に免疫がない新型インフルは,
人が集まる場所で効果的に感染を広げる」

冷房のある快適な環境がかえってあだとなる,
現代病という側面もあることを
今回の経験から学ぶ必要があると思う。

9月に入って生徒たちと再会する時,
あわてずに対応できるようにしたい。

« 仕事はじめ | トップページ | 楽天が鉄平の2本の本塁打などで50勝目 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

 新型インフルエンザかどうかウイルスの遺伝子解析をするのは、腎臓病などの慢性の重篤に陥る可能性の高い人に限られるようです。すぐタミフル投与が必要だから。
 新型インフルエンザの感染力は、通常のインフルエンザの少なくとも数倍。もっと高いかもしれない。なぜなら誰も免疫をもていないから。今回の3人の日本における死者はみな、重い慢性疾患を持っている人。感染が拡大すればこれらの人の中から次々と死者は出てくる。
 だから「一人一人が感染を拡大させない覚悟」を舛添さんが叫んだわけ。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。
いよいよ私の周辺にも
新型インフルエンザの影響が出てきました。
いろいろと学びながら
この事態に対処していきたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 仕事はじめ | トップページ | 楽天が鉄平の2本の本塁打などで50勝目 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ