« 新座五中との練習試合 | トップページ | 訪問周期 »

2009年6月 8日 (月)

脳化指数

よくイルカはとても知能が高いとか,
カラスは知恵があるなどという話を聞く。
それはどういうことを根拠にしているのか
ご存知だろうか。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』に
「脳化指数」という項目が出ていた。

「脳化指数

脳化指数(のうかしすう) は、
全体重に占める脳の重さの割合である。
この値が高いほど、その動物は
知能が高いということを意味する。

一般的に体の大きな動物ほど
脳の容量は大きくなるため、
単純に脳の容量では知能の高さを比較できない。
そこで体重で割った値が使用される。

チンパンジーの2倍の指数のイルカや、
イヌやネコより指数が高いカラス
(ニワトリと比べると5.3倍高い)
などが特に注目されている。

主な動物の脳化指数 [編集]
単位(%)

ヒト 0.86
イルカ 0.64
チンパンジー 0.30
ゾウ 0.22
カラス 0.16
イヌ 0.14
スズメ 0.12
ネコ 0.12
ウマ 0.10
ブタ 0.05
ウシ 0.06
ニワトリ 0.03

ヒトを10.0とした
相対的な値であらわすこともある」

な~んだ,脳の容量÷体重で算出していたのか。
みなさん,ご存知でしたか?

同じ脳の容積で体重の少ない方が有利なら,
ダイエットすると賢くなる!?
そんなことないよね。(笑)

« 新座五中との練習試合 | トップページ | 訪問周期 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

肥さんへ

毎日,訪問させていただいております。
今日のブログを見て,一言,お礼を申し上げたいと思いました。

肥さんのブログには,役立つ情報が多く,一部は,サークルの資料として利用させていただいております。

とくに,最近の資料では,「国名の由来」は,とても役立つ情報でした。
ありがとうございます。

また,研究会でお会いすることが,あると思いますが,よろしくお願いします。

やまねこたろうさんへ
コメントありがとうございます。
また,毎日訪問していいたたき,
ありがとうございます。
このブログはまずは自分の勉強のために,
そしてできたら誰かのお役に立てればと思い
続けております。
研究会でお会いしたら,
ぜひお声をかけて下さい。
楽しみにしております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新座五中との練習試合 | トップページ | 訪問周期 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ