« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月30日 (火)

ハモネプの導入

そろそろ合唱コンクールを意識した動きが
始まるのがこの時期だ。

実際の合唱コンは10月後半にあるのだが,
約40日の夏休みが途中に入るし,
伴奏や指揮の生徒が練習する時間も
必要だからである。

私の最近の「導入」は,
生徒たちとハモネプを楽しむことから始まる。
ハモネプとは楽器を使わず口だけで演奏し,
(ベースやボイス・パーカッションなどがある)
重厚なハーモニーを作り出す音楽の分野で,
10年ほど前から大学生・高校生を中心として
若者の間で広がってきているものだ。

私はちょうどハモネプのスタート直後の時期に
運良く出会えたので,
当時からのビデオやCDを
たくさん持っている。
それを生徒たちといっしょに楽しむのが
まず第1段階というわけだ。

最初の頃はただビデオを見せていたが,
最近ではより集中して見てもらうために
「採点表」をつけてもらっている。
つまり,あるグループの歌について得点を予想し,
それをプロの審査員の採点と比べながら
鑑賞力も養おうというわけである。
幸いこれは好評で,
私の「合唱コンの定石」に1つ付け加わった。

これまで1年生と3年生では,
選曲さえミスしなければ上位入賞も多いので,
今年も期待したい。

カンブリア宮殿「平本清」

先週と今週のゲストは,
メガネチェーン21創業者の平本清氏だった。

平本の経営哲学は,
普通の企業とはまったく別のものだった。
「こんな会社があったのか」という感じなのだ。

たとえば,内部留保をせず
社員のボーナスと商品のメガネの価格を
下げる方面に回す。
(今の時代にボーナスが500万円の人も!
そのため税務署の査察に入られたという
エピソードもあるという)

情報をパソコンの社内ネットで公開し,
人事評定から「悩み相談」までこなす。
また,固定的な「管理職」を置かず,
すごく風通しのいい組織になっている。
つまり社員のやる気を育てるための工夫が
あちらこちらに散りばめられているのだ。
(社内貯金や社内結婚を奨励する
「つがい作戦」等も紹介されていた)

これらはおそらく創業者・平本のリストラ体験から
導き出されたことが多いと思うが,
困難があればそれを新たな課題と捉え,
さらに業績を伸ばしていくきっかけとする
なかなかの企業と見た。

つまり社員みんなが同じ方向をめざしている時,
その組織は最高の力を発揮するということだ。
(それは他の組織でもおそらく同じだと思う)

ちなみに平本の好きな言葉は,
『論語』の中の「恕」だという。
「恕」とは「他人からされたくないことは自分でもしない」
という「他人を思いやる気持ち」の意味だ。

司会の村上龍が収録前にあいさつに行った時,
平本は「今日は私を困らせる質問をして下さい」と
答えたというエピソードを番組の最後に言っていた。
普通なら「お手柔らかに」と言うのが定石だろうが,
そう答えるところに未来の経営の可能性を見たのは
私だけではないだろう。

これが学校なら,クラスなら,
どのようなヒントがもらえたのか。
しばらくは楽しく悩みたい。

2009年6月29日 (月)

「2009夏自給自足生活」

昨日テレビ東京(12チャンネル)で,
上記の番組をやっていた。
午後8時からの2時間ものだ。
何人かの自給自足生活の様子が紹介され,
いろいろ感じるところがあった。

自分で自分の食べるものを作り,
地球環境をできるだけ壊さないという生き方は
私も賛同するところだ。
できれば私もそうしていきたい。
それも理想が悲壮に変わらないように
楽しみながらできたら素適だろうと思う。

ただ,今の私にはあまりにも彼らの生き方は
激し過ぎてついていけないと思う部分もある。
(何もあそこまで徹底しなくても・・・という感じで)

そういったいろいろな刺激を与えてくれるので,
また時々放送してくれるといいなあ。

NHK総合テレビで糸井重里が
「週刊・野菜生活」という番組をやっている。
私はけっこうこの番組が好きだ。

楽天が井坂の好投で32勝目

楽天が5回を1失点の井坂の好投で,
32勝目をあげた。

打線もこの新人を前半から援護して,
中村真と山崎武が本塁打を放った。

野村監督のインタビュー。
「(29日に74歳の誕生日。
ウィニングボールを手に)
もらった,グウィンに。
誕生日プレゼントなら,1日前だ。」

2009年6月28日 (日)

宮原中との練習試合

昨日は予定通り宮原中(さいたま市)で
練習試合を行なった。
昨日書いたように協会長杯・第2位の強豪で,
多くのことを学ばせていただいた。

試合は全部で9セット。
15ー25,19ー25,19ー25,24ー26
(ここまで午前中)
26ー28,21ー25,18ー25,17ー25,18ー25
(以上,午後)
結局0ー9の「完封負け」だった。

得点からみると小差とも見れるのだが,
(また,そのようにお世辞も言っていただいたが)
「勝負どころは絶対逃さない」という点で
やはり「試合巧者」という印象だった。

15点ぐらいまではトントンに行っていても,
そこから先に余力の差が出る。
こちらはスタートから飛ばすしかないので
その頃には疲れが来ているが,
宮原中はノラリクラリやっているようで
レシーブがとても良く,
最後の5~10点への執着が違うのだ。
(そういう点で,第4セットと第5セットは
絶対落としてはならないものだったのだ!)

県大会まで残り3週間。
気持ちを入れ替えて,まずはレシーブから。
そして,1つひとつ集中して戦う中で,
関東大会出場をつかみ取っていこう。
それでこそ昨日の練習試合の甲斐が
あったというものだ。

相手をして下さった宮原中の生徒たち,
顧問の先生,コーチの方。
そして,ご接待いただいた保護者の皆さんに
感謝いたします。
どうもありがとうございました!

楽天が打線がつながり31勝目

交流戦で両リーグ最低得点
(24試合で71点)だった楽天が,
ようやく打線がつながって
会心の勝利をあげた。

6回に敵失もからんで2点差に追いついた7回,
山崎武の2点タイムリーと藤井の3ランで
一挙に5点をあげ逆転した。

野村監督のインタビュー。
「今日は打線に尽きる。
あのタイムリー(山崎武)が効いた」

2009年6月27日 (土)

学総体2009

昨日は男子バレー部の学総体・市予選が
4チーム総当りで行われた。
結果は3戦全勝で市内優勝を果たし,
約1ヶ月後に行われる県大会の切符を
手に入れることができた。

対上山口中戦 2対0(25ー17,25ー14)

昨年は1セット先取しながらの逆転負けで,
地区大会からの再出発となった因縁の試合。
今年は手堅く2ー0で取って幸先のいいスタート。
それにしても,第1戦が事実上の「決勝戦」とは,
試合の組み合わせとしては???

対東中戦 2対0(25ー8,25ー6)

東中とは実力差があるので,
第1セットをレギュラーメンバーで取り
第2セットをサブチームでと考えたが,
レギュラーメンバーに心の余裕なく,
2セットともやることになった。
(市予選で出られなかったら,
サブチームはどこで出るのか・・・)

対富岡中戦 2対0(25ー10,25ー10)

2試合連続で勝って心の余裕ができたのか,
富岡中戦は2セットともサブチームで戦った。
私は第1セットは確実にレギュラーで取り,
第2セットをサブチームにまかせるのが
いいと思うのだが・・・。

今回の大会で特筆すべきは,
故障者なしで臨めているということだ。
これは本当に素晴らしいことだ。
今まで誰かがねんざをしていたり,
突き指をしていたりして万全ではなかったが,
さすがに3年生最後の戦いとあって
いい意味での緊張感が出たのだろう。

会場には狭山市にある西武文理高校の
男子バレー部の顧問の先生も来ていて,
7月11日(土)の練習試合を約束して
いただくことができた。
今まで練習試合を組むのに苦労していたが,
最後に来てあちらの方からやってくる形だ。
主将のK君も「練習試合を申し込まれるって,
うれしいですね」とニコニコ顔。
気分を良くして会場を後にすることができた。

今日は大宮のさいたま市立宮原中へ向かう。
体育館を1日取っていただいての
3校(もう1校は不明)での練習試合だ。
宮原中といえば,春の協会長杯で
準優勝をした実力校である。
さそっていただいた恩に報いるためにも,
全力で戦ってきたい。

マイケルジャクソンの死

マイケルジャクソンが死んだと
ニュースが伝えていた。
私は昨日1日学総体の市予選で戦っていたので,
夕方になって初めて知った。

多くのファンがその死を悼んでいた。
私は今までマイケルジャクソンのことは
ほとんど知らなかったが,
今朝私との共通点を知ることとなった。

彼も私も1958年8月生まれの
50歳ということだった。
同じ50年の中身のなんと違うことか!
(マイケルジャクソンと私の比較年図を
描いてみようかな)

2009年6月26日 (金)

今年の教科書展示会

昨日は学総体の1日目だったが,
男子バレー部は残留組だったので,
市の教育センターで行われている
教科書展示会に行ってみることにした。

中学社会科はたくさんの会社が
地理・歴史・公民の教科書発行しているので,
なかなか全部を見ることはできない。
そこで,歴史的分野の自由民権運動を
(その中でも秩父事件を)
比較しながら見てみた。

今回の改訂で秩父事件は
ますます教科書の内容から
遠ざかっていった印象だ。
わずか日本文研社のものが
椋神社の写真を載せるなどしているが,
それ以外では日本地図の中に
小さく書かれている程度で,
自分で勉強していないと「秩父事件」という名称さえ
授業で使用しないことになりかねないと思った。

幸い私の属する所沢の社会科サークルには,
小学校の篠原先生による実践例があり,
わが埼玉で120年前に起った秩父事件について
わかりやすく伝えることができると思う。
(篠原実践の紙芝居をワープロ打ちしたものを
私は授業では使っている)

『話を聞かない男、地図が読めない女』

上記の本を昨日読み始めた。
副題に「男脳・女脳が「謎」を解く」とある。

この本は今から10年程前に出た本だが,
私としてはたとえ売れていても
新刊本にはなかなか手を出さない方なので,
今頃の読書となってしまったというわけである。

男女差は社会的に作られたものという説が
ある時期(今も?)には支持を得ていたが,
これは長い人類の歴史の中で形作られてきた
脳(考え方)の性差で説明しようとしている。

本書があらかじめ断っているように,
お互いの性の弱点をあげつらうのではなく,
性差を理解しあった上で築いていく
未来の男女関係ということである。

学校では男の先生と女の先生の協力の仕方の,
またクラスの男子と女子の協力の仕方の
参考になるのではないかと思う。
読み終わったらまたここに感想を書きたい。

2009年6月25日 (木)

2年選択社会で「変身トランプ」

木曜日の2年選択社会の「沖縄」が
4回の授業で終わった。
最初は苦労していたが
だんだん良くなってきての終わりなので,
「終わり良ければ」という感じでひと安心だ。

4時間目は早く終わってしまうので,
埋め草に「変身トランプ」を用意しておいた。
これは簡単にできる手品だ。

相手に向かって「ここに3枚のカードがあります。
スペードの4と9と5です」と言って見せる。
「これをよく覚えておいて下さいね」

次にそのカードを裏返して,
「では,真ん中のカードを引いてもらえますか?」
と言って相手に差し出す。
相手は当然真ん中のカードだから
9を引いたと思って見ると・・・
何とダイヤのAを引いてしまっている!
というものだ。

実は「ここに3枚のカードがあります」
と言った時点から手品は始まっていたのだ。
その3枚の後ろに,もう1枚カードが隠れていて,
裏側にすることによって隠れていたカードを
相手に引かせるというわけである。

やるほうも楽しくでき,手品の魅力を伝えるのに
大変効果的なので,
わたしはこれまで,少なくないクラスで見せ,
また一緒に作ってきた。

かつては手品をあまり評価しておらず,
もったいなかったと思う。
手品をいくつかできると,
コミュニケーションの輪が広がり
たのしさが増幅する。
ぜひあなたもやってみませんか?

『たの授』に権田さんの記事が載っており,
講座などでやる時は
その記事もいっしょに配っている。
生徒たちといっしょに作る時は,
黒板に作り方を書き,
はさみ(100円ショップで大量に購入)や
セロテープも用意しておくと,
短時間でできてよい。

M先生のコーチング

学総体まで2日となった昨日,
M先生のコーチングを2時間以上
みっちりと受けることができた。

M先生はバレーボールが専門の体育の先生。
私は新任校で同僚だった。
再び勤務校でご一緒し,
バレーボールの話ができるようになった。

M先生は専門の分野ということもあって,
指示が具体的である。
また,的確な指示をしてくれるので,
来ていただけると大助かりなのだ。

M先生によれば,
「あの子たちは指示をすると,
必ず次の時にはできるようになっているので
やりがいがあるのよね」ということで,
技術的指導がほしい男子バレー部としては
「相思相愛」の仲なのである。
M先生,今後ともよろしくお願いいたします!

明日はいよいよ3年生にとって最後の
学総体・市予選がある。
1戦1戦が勝負という気持ちで
がんばるぞー!

2009年6月24日 (水)

社会の科学トランザクション終刊

愛知県の岸先生が発行されてきた上記の通信が,
今年度をもって終刊になると
昨日届いた号に出ていた。

15年間という長い期間の発行に
まず感謝したい。
私も通信会員としてこの15年間
この通信からいろいろ学ばせていただいた。

今月号には「授業書案・はじめての世界史」
(貿易を中心に世界史を概観していく授業書)
関連の資料が同封され,
大きな仕事のひと段落なのかなと思った。

値引き販売容認へ

コンビニが登場した時,
定価での販売に驚いたものだ。
スーパーの薄利多売が全盛の頃で,
それとはまったく違う方法が通用するのかと。

しかし,日本が全体として豊かになる中で,
コンビニは着々と販売網を延ばしていった。
私も同じ品物なら安い方がいいけれど,
それを買うためにとなりの町まで行く時間はないので,
行きつけのコンビニで間に合わせている。

しかし,加盟店は売れ残りの弁当を
自己責任で廃棄処分しなければならないとされ,
その額は平均500万円以上だという。
これは当然経営を圧迫するし,
今の環境を大事にする時勢に合わない。

そんな中,今回の公正取引委員会の命令が出された。
値引き販売をしないよう強制していた行為自体が,
独占禁止法違反だというのである。
そのため,今後は値引き販売を容認。
廃棄分については15%が本部の負担ということで
決着がつきそうだという。
(23日の臨時取締役会で決定。
ただし,15%負担することで,
値引き販売を食い止めたい
という狙いがあるともいわれる)

ことはセブンイレブンにとどまらないだろう。
他のコンビニも値引き販売したいはずだから。
そういう意味で,
コンビニ商法は新しい時代に入った。

2009年6月23日 (火)

なめくじと人間

昨日は湿度が高くてつらい1日だった。
しかも休み明けの月曜日でダブルパンチ。

「不快指数」について先日書いたばかりの私は,
何かこれについてやっていないかと
情報を求めていた。

すると夜テレビを見ていたら,
昨日の湿度がどれくらいの水分量なのかを
天気予報でやっていて興味深かった。

なんと1立方メートル(1m×1m×1m)に
水を18ml散らばしたぐらいのものだという。
つまりスプーン大さじ何杯かの水で
私たちは不快になったり,
キレたりするわけなのだ。
これってあまりに少なすぎる~
とは思いませんか?

よくなめくじに塩をかけて
「なめくじは塩に弱いね」なんて言っているが,
人間だってわずかの水分量の違いで
ずいぶん影響を受けるのだ。

ちなみに1立方メートルあたり,
5mlぐらいだとかなり快適に感じるらしい。
「だから除湿って有効なんだなあ」
と,当たり前のことに感心してしまった
肥さんなのでした。

〈日本国憲法とその構成〉が高い評価

竹田かずきさんが作り,私もグラフを提供した
上記の授業プランが,
北海道の高校で高い評価を受けた。

実施して下さったのは,
北海道の当別高校の池田毅司先生。
昨日その授業記録をメールで送って下さった。
以下,略載する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「現代社会」通信 エキサイティング
現 代 社 会 No.4
北海道当別高等学校 3年D組
2009年6月19日発行 担当:池田毅司
授業テーマ:《日本国憲法とその構成》(5と4は全体の96%!!)

5 とてもたのしめた ★★★★★ ★★★★★ ★★★★
4 たのしめた  ★★★★★ ★★★
3 どちらでもない  ★
2つまらなかった+1とてもつまらなかった=ゼロ

● 感想を紹介します ●

・日本国憲法がどのように
 構成されているかがわかりました。・・・

 はじめて授業で実施しましたが,ぼくもたのしかったです。
 ではまた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

池田先生,ご報告どうもありがとうございました。
すごい高い授業評価にまず驚き,
その次に生徒たちの感想に添えられた
池田先生の温かいコメントにうれしくなりました。
今後ともよろしくお願いいたします。

授業の感想を読ませていただいて,
中学の憲法学習の最初にこの授業プランを
やることの重要性を私はあらためて感じました。
私も公民でまたやりたいです。
そして,いつの日か〈日本国憲法とその構成〉が
社会科の「定番」の授業書になることを祈ります。

2009年6月22日 (月)

背番号の発表

学総体が1週間前になったということで,
主将の生徒と相談して
先週金曜日の部活の最後に
背番号(ベンチ入りのメンバー)の発表をした。

バレーボールの場合12人がベンチ入りする。
先発はリベロを含め7人いるが,
まずベンチ入りしないことには
試合には出られないから,
ここがまず第1関門なのだ。

今回は1~10番は変えず,
11番にサブのリベロの生徒を復帰させ,
12番にずっと3年間マネージャーを
していた生徒を配した。
(マネージャーには2年生の次期主将候補)

マネージャーという仕事の顕彰と,
3年生への配慮(本当は12番を2年生の
次期主将候補の席に確保したいのだが,
今年度は3年生がたくさんいるため,
12番までを3年生で占めた)を兼ねた
苦肉の人事といったところか。

また,前回11番と12番に入れた生徒は,
今回ははずさせてもらった。
2人ともまじめに練習する生徒なので
入れてもよかったのだが,上記のような事情と
一応前回の協会長杯でエントリーしているので
今回ははずさせてもらった。

もちろんこれからケガや病気になったり,
不祥事があったりすれば
変更を検討しなければならない。
その時は入れたいと思っている。

私自身は文化部の出身なので,
この背番号の決定はきつい仕事だ。
だが,生徒たちもそのためにがんばってきたのだし,
それぐらいの緊張感を共有したいと思う。

選ばれたメンバーと
残念ながらもれてしまったメンバーが,
気持ちは1つとなって
3年生最後の大会を盛り上げてほしい。

土日は北辰テスト(埼玉県の学力テスト)のため
じゅうぶんな練習ができていない。
金曜日の大会に向けてラストスパートだ!

2009年6月21日 (日)

昭島サークル2009年6月例会

昨日は遅れて上記のサークルに参加した。
(正式名は「たのしい教師入門サークル」)

久しぶりの参加だったが,
いつものメンバーあり,
そのメンバーの同僚や教育実習生ありで,
刺激を受けることができた。

提出された資料は次の14点。

木下さん「漢字っておもしろい」(4ペ)
市原さん「ピカピカ1年生♪①」(4ペ)
日高さん「明星大学の学生さんが
 実習にきました」(1ペ)
小川さん「バスの席が決まらない!」(10ペ)
奥さん「いじめ?!誰がやったかわからない
 〈イタズラ〉に」(3ペ)
伴野さん「みきちゃんに何ができるの・・・?」(9ペ)
小原さん「模擬授業中心の「初等理科教育法」」(8ペ)
小原さん提供「授業評価アンケート集計結果」(1ペ)
小原さん「僕はこんな自己診断をしている」(4ペ)
田辺さん「「ガオー!」って吠える子は,
 先生の反応を見ている」(4ペ)
田辺さん「通勤中のフリートーク集」(5ペ)
田辺さん「「飛行機の中の空気のなぞ」を読んで」(5ペ)
山路さん「卒業生からの手紙」(3ペ)
山路さん「〈たのしい授業学派教師〉の
 職員室での評価」(2ペ)

全体として「悩み相談」が多かったのが
印象的だった。
私も去年の経験を生かして
レポートがかけるかも。
また,小原さんの「僕はこんな自己診断をしている」は
大変参考になる資料なので,
講演会を別に設けて発表してはどうかと思った。

実は私も「世界の国ぐに」と「漢字の法則性と例外」
について,それぞれ8ペと2ペの資料を
用意していたのだが,
大遅刻したゆえ未提出に終わった。
次回はこのレポートも加えて提出したい。

次回は,7月18日(土)。
昭島市民会館にて。

楽天が3回2死からの集中打で30勝目

楽天が3回2死から,草野,山崎武の
本塁打など6安打を集中させ,
大量5点を奪って試合を決めた。

投げては,先発永井を有銘が好リリーフ。
最終回,守護神グウィンが3人で締める
必勝パターンで,大台の30勝目を飾った。

野村監督のインタビュー。
(「3回ツーアウトから
見事な攻撃でしたね」という記者の声に)
「そこを評価しないと。楽天の成長を見た。
あれはお見事」

2009年6月20日 (土)

Y先生の来校

Y先生が5日ぶりに来校した。
実習日誌を受け取るためである。
わざわざ午前中に電話して,
都合のいい時間を聞くところなど
なかなかしっかりしている。

放課後来校したY先生に
すぐ帰ってもらってはもったいないので,
生徒たちにもY先生が来校することを知らせ,
また「おみやげ」も用意しておいた。
1つは学級通信と体育祭・第2位の賞状の
カラーコピーしたもの。
(実物はカラーなので,
やはりカラーだと映えるね)
そして,もう1つは「第2回漢字コンテスト」!

今学年の先生の間で漢コンが流行っていて,
それをY先生にも受けてもらったのだ。
Y先生はさすがに現役の学生で,
「う~ん,難しい~」と言いながらも
がんばって解いてくれた。

それもあって,夜も遅い時間に
「漢字の法則性と例外」の話が書けた。
ご協力ありがとうございました!

Y先生は交換留学生として
8月から1年間韓国に行かれる。
その後埼玉県の社会科の試験を受けて,
めでたく教壇に立つ「未来予想図」だそうである。

漢字の法則性と例外

「耳」という字の最後は跳ねるのに,
「耳偏」となると「取」のように止める。
これは右側に来るツクリの部分の
邪魔をしないように,
遠慮した形をしているということで
一応の説明がつく。

同様の例として,
「木」だと跳ねるが,「木偏」だと「村」は止めるし,
「衣」  〃      「衣偏」だと「裕」は止める。  

また,これとは逆の場合もある。
「土」だと跳ねないが,「土編」となると「塚」は跳ねる。
「里」  〃       「里偏」 〃   「野」は跳ねる。
というように,最後の画を跳ねることによって,
やはり右側に来るツクリを生かす形になっている。

これだけ見ると,漢字には法則がるように思える。
「偏になると省略される法則」とも言うべきものだ。

ところが,漢字の世界にはこれとは逆の
「増える法則」も存在するのだ。

例えば,「専」という字は9画だが,
「博」という字になると
さらに点がついて画数が増えてしまう。
「薄」や「簿」も同様である。

だから漢字の世界には,
「省略される場合」もあるし,
「おまけが付く場合もある」と
二重に教える必要があるのだ。

めんどくさいようだが,
古代の中国人が発明した漢字には,
このような不思議があることを
小中学生がわかるように説明してあげることが,
漢字をたのしく学ぶ1つの方法に
なるのではないかと思う。

同じ学年の国語の先生に聞いてみたが,
そういうことを書いてある本は
あまりないようである。
そうしたら,私はけっこう「一番乗り」かも。

こんなことを考えることができたのは,
「第2回漢字コンテスト」で
痛恨の6点を取ったお陰である。
「災い転じて福となす」と言うべきか。

2009年6月19日 (金)

調理実習「バナナ・マフィン」

先日の家庭科の調理実習は
「バナナ・マフィン」だった。
バナナをケーキの中に入れて焼く
美味しいケーキである。
(最近の調理実習は,
ずいぶんシャレたものを作るようになった!)

学年の先生はその成果を
「おすそ分け」してもらえるのだが,
私のいただいた3班のものは
周りがカリカリで中身がしっとりした
とても美味しい「バナナ・マフィン」だった。

そこで感想欄に,
「美味しくてホッペが落ちそうでした」
と書いておいた。

第2回漢字コンテスト

勤務校では年に7回の
漢字コンテスト(略して「漢コン」)が行われる。
昨日その第2回が行われた。

第1回では家庭学習ノートを利用して,
まずまずの成果が出た。
今回もそのやり方で生徒たちに
準備させてから挑戦させた。

別に教員は受けなくてもいいのだが,
ここのところの漢検ブームからか,
生徒と同じ問題にチャレンジする
先生が増えている。

問題自体は決して難しいわけではない。
30題のうちから10題出る。
ただ練習しておかないと
語学と同じで急には出てこない。
また,勤務校の採点はけっこうきびしく,
止め・ハネがきちんとできていないと×だ。
(例えば,「耳」という漢字が「耳偏」になると,
「取」という字のように字体が変化したりする)

かく言う私は10年程前に
漢検1級に合格したことがあるのだが,
ここのところパソコン仕事が多いゆえか
10点中6点に惨敗してしまった。

次回はリベンジだ。
待ってろよ,第3回漢コン!

2009年6月18日 (木)

指導教諭の助言(第3週)

6月8日(月)

体育祭日程の中で生徒たちの落ち着きもなく,
また実習時間も取れず大変だと思いますが,
がんばって下さい。
何が良いのかは永遠の問いです。
「今持っているものの中で一番良いもの」を
ぶつけましょう。(授業を3~4のブロックに分けて,
それを話題としてつなげていくという方法も
ありますね)
体育祭の練習,「全員リレー」「台風の目」と
クラスの競技に成果が出ていてうれしいです。

6月9日(火)

授業はあらかじめ決められた時間割で
やらなくてはならないので,
「積み残し」が出ないようにしましょう。
(体育祭練習での気のゆるみ)
1年生は初めてなので,緊張と油断が
入り混じります。
上級生はさすがに経験を生かして
行事に取り組みます。

6月10日(水)

(体育祭の練習で)
競技では勝てなくても,(1)○君の出場,
(2)作戦の浸透の2つの収穫がありました。
何らかの前進があればOKです。
明日はいよいよ研究授業です。
テンポを大切にして,思い切ってやって下さい。

6月11日(木)

研究授業は準備もあって大変ですが,
自分自身の勉強にもなるし,
生徒たちとの交流も確認できるので,
とても重要なものです。ご苦労様でした。
残された時間を有意義に過ごして下さい。

6月12日(金)

授業を成立させられた喜びや
生徒と気持ちが1つになったうれしさに支えられて,
教育活動が営まれていきます。
その一端にふれていただけたのなら,
この教育実習は成功だったということです。
明日の道徳,お手伝いよろしくお願いします。

6月13日(土)

3週間の教育実習,本当にお疲れ様でした。
学生生活とはまったく違う毎日に
とまどったと思いますが,
逆に意欲もわいたかと思います。
それが教育実習の意味です。
ぜひ難関を突破して教壇に立って下さい。
合格をお祈りしています。

本来なら金曜日で実習はおしまいなのだが,
土曜日が学校公開日だったために
1日多く書いて下さった。
さらに日曜日が体育祭で,
「実習期間」は実質上17日(15日+2日)の
充実したものになった。

Y先生と毎日実習日誌のやりとりをしながら,
私もはるか昔の自分の教育実習のことを思っていた。
担任の折田先生にご指導いただいた。

楽天が長谷部の好投で29勝目

楽天が長谷部の好投(6回1失点)で,
29勝目をあげた。

打線も1軍昇格した若手が活躍し,
(平石,西谷,丈武ら)
投手陣を支えた。

野村監督のインタビュー。
「(脇役の活躍に目を細めて)
少しずつ,チームがいい方向に向かっている」

2009年6月17日 (水)

3年生のコーチング

春の大会(協会長杯)が終わってから,
夏の大会(学総体)が始まるまでの期間は,
3年生が1年生のコーチングをする。

基本動作から始まり,
トレーニングもマンツーマンで指導する。
両学年とも人数が多いので,
マンツーマンにはちょうどいい。

それをしながら,その1年生が
どのポジションに向いているかを探っていく。
アタッカー,センター,セッター,リベロなど,
本人の希望も尊重したいが
とりあえず見極めていくのだ。

昨日はN君のO君への指導を
見ていて感心した。
きめ細かい,しかもほめながらの指導は,
教師として学ぶことが多かった。
また,O君もその指導を受け入れ,
上手くなりたいという意欲で一杯だった。

このようにして上級生が下級生を指導する
わが男子バレー部の伝統が
今年も受け継がれていく。

指導教諭の助言(第2週)

6月1日(月)

(テスト返却,短学活指導,長学活,ケンカ)
今日ははからずもいろいろな場面を
見ていただきました。
その事案によって優先順位が違いますが,
ベストとはいかなくとも,現状の中で
よりベターな選択をしていくことが
大切となってきます。

6月2日(火)

(体育祭の練習始まる)
体育祭のような行事はクラスの力を伸ばす
大きなチャンスです。
そういう意味では良い時期に
教育実習をやれました。
(クラスによる違いへの戸惑い)
各クラスへの対応は大切ですが,
まず教材の良し悪しが第1です。
教材が良ければ,対応も
「案ずるより・・・」かもしれません。

6月3日(水)

(道徳の師範授業)
今日の道徳は,群馬県の深澤先生の
「命の授業」とよばれるものです。
その追試をしました。
こちらから何かを投げかけて,
それを生徒が投げ返してくる形で
道徳も社会科もやっていきます。
明日からの実習がんばって下さい。

6月4日(木)

(初めての授業実習)
同じ授業内容でも,2回目,3回目と
やっていくうたちに「進化」させていって下さい。
○組は(生徒の対応が)難しい面もありますが,
授業への反応が一番いいクラスでもあります。
(体育祭の練習で,担任クラスが活躍)
クラスの生徒のがんばりが見られるので,
担任はやめられません。

6月5日(金)

(指導への悩み)
どこまで教授し,どこから作業させるのか。
また,どこまで自由にさせ,どこから注意するのか。
何事も経験です。(その先生の発問や指示が,
ブレないことも大切です)
週末はリフレッシュして,
元気にまたチャレンジして下さい。

第3週(=最終週)は明日。

2009年6月16日 (火)

昨日の紅白戦

人数が極端に多い(3年だけで20人以上)
わが男子バレーボール部の悩みは,
なかなか全員を試合に
出してあげられないことだ。
特に正式の大会である学総体や
準公式の協会長杯では,
レギュラーオンリーということになりがちだ。
(だって勝ちたいもの!)

しかし,悪いことばかりではない。
「有り余る人材」が生きる時があるのだ。
たとえば紅白戦。
練習の最後はたいてい紅白戦をするのだが,
1度に12人活用できる紅白戦は
最大の人材活用の場なのである。
それでもかつてはレギュラーとサブの
力の差が大きくて,
なかなかうまくいかなかった。

ところが3年のこの時期ともなると,
レギュラーはもちろん上手だが,
サブのメンバーも上手くなってきて,
両者をブレンド?してチームを組むと
互角に戦えるようになってきた。
昨日は37ー35で決着がついたセットも。
(バレーボールは25点先取で決着がつくので,
ジュースの後10点以上争っていたことになる。
きっとやっている彼等も
手ごたえを感じていただろう)

今後の日程としては,
6月26日(金)に市内予選。
7月21~23日あたりに県大会。
それが突破できれば,
8月に関東大会ということになる。

県大会は3回戦以上が
所沢市民体育館で行われるので,
お近くの方はぜひ応援しにきて下さい。
また近くなったらご案内いたします。

「指導教諭の助言」シリーズ

教育実習生のY先生が
さわやかな風のように去って行き,
また日常の学校生活が始まる。

その余韻を楽しみつつ,
自らを振り返るために
「指導教諭の助言」を転載したいと思う。
これはY先生の実習日誌に対して,
私が毎日書いていたものである。
今回は私の助言の部分だけなので,
わかりやすくするために一部説明を付ける。

5月25日(月)

(「新聞から国名を探そう」の授業について)
新聞はもっと活用できると思っている教材の1つで,
本日の作業も成績が良い者もそうでない者も
それなりに喰いついてくれる内容でした。
(実習生の生徒観察にふれて)
昼休みの様子,授業中とは違うでしょう?

5月26日(火)

(4クラスでほぼ同じ内容の授業をして)
同じ内容をやったということで,
逆にクラス色の違いが浮かび上がったと思います。
作業はマイペースになるので,
(進め方が)難しい部分もあります。
普通の教科書の授業も見ていただけると,
また違うと思います。

5月27日(水)

学活の体育祭の選手決めは,
必ずしも担任としては満足のいく
ものではありませんでしたが,
また体育祭後それは生徒に話したいと思います。
「教科書授業」でも,内容によって
いろいろな進め方がありうると思いますので,
いろいろやってみて下さい。

5月28日(木)

(テスト日程で時間が遅れていて)
給食が届いていたので,
そちらを先にしてもよかったのですが,
あえて時間がかかる方でやってみました。
(帰りの会より)給食を先にする時もあります。
授業には少し余裕があるので,
1枚のプリントを1時間と決めなくてもいいです。
やりやすいようにどうぞ。

5月29日(金)

(教科書で「世界の国ぐにを知ろう」の授業)
ひと渡り授業を見ていただいたので,
クラスの個性の違いがわかったと思います。
それをふまえた上で,
指導内容は同じでも指導方法は違うという
ことでしょうか。
(Y先生が野球部のマネージャーなので)
野球に例えるなら,いろいろなボールを
投げられる投手である必要を求め(せま)
られるのです。

第2週分は明日。

2009年6月15日 (月)

体育祭2009

今年度の体育祭で特筆すべきことの1つは,
1000m・1500mというハードな種目で
1位をねらえる生徒がクラスにいたことだった。
その期待に応えてKさんとA君が激走。
見事にアベック優勝を飾った。
(おまけにKさんはK中1年女子の新記録!)
ここまで1位タイ。

ところがドラマ(悲しい方の)はその後起こった。
2組得意の「台風の目」で3位(ライバル6組は1位),
「全員リレー」で2位(6組はわずかの差で1位)と
午前中終了時点で7点差をつけられてしまったのだ。

しかし,ドラマ(うれしい方の)が再び起った。
200m走のYさんとY君で7点あった差を
わずか2点にまで追い上げたのだ。
さらに,缶釣りのMさんとS君で1点差に。
しかし続く二人三脚障害物リレーの男子で,
痛恨の1位→6位降格(女子は2位)。
再び7点差に開いてしまったのだった。

最後は400mRと800mR。
2組も2位と1位で大健闘したが,
6組もなかなか強く(女子が1位),
3点差まで追い上げて
見事に2位に輝いた!

今回は「全員リレー」や「台風の目」で
クラスの作戦をよく守り,
組織として戦えたことがうれしかった。
それが実習生のY先生にも
伝えたいことの1つだったので,
負けてくやしかったかと聞かれれば
確かに悔しかったけれど,
すがすがしい敗戦だったというのが
正直のところだ。

2組のみんな,よくやったぜ!
担任から「肥さん杯」をあげるよ!
合唱コンでも頑張ろうな!

楽天が岩隈の好投で28勝目

岩隈の好投(6回を無失点)が試合を作った。
打線も久しぶりに爆発し,
15安打の9得点。
投手と打撃陣が噛み合って
楽天は6連敗のあと3連勝を果たした。

野村監督のインタビュー。
「(岩隈が約1ヶ月ぶりの勝利と聞かされ)
そんなに勝っていないのか・・・彼?
エースがそれでは,
チームも下降線を辿(たど)るわ。
今日はキャンプからやってきたこと(走塁)が
上手くできたね」

2009年6月14日 (日)

学校公開日

昨日は6月の学校公開日だった。
(今年は毎月公開日があるとのこと。フウー)

午前中の4時間の中に,
社会科授業が2コマと道徳が1コマだ。

社会科は『世界の国ぐに』の付録問題
「世界地図の中のハワイ」をやることにした。
幸い2つのクラスとも男子の活躍で
盛り上がってよかった。
「仮説」は学校公開向き?

道徳は「星野富弘さん」のことを
扱った授業をした。
これはTOSSの秋生先生が
かなり前に開発された授業で,
サインペンを口にくわえて字を書くなどの作業が
前半に行われる。
後半は星野さんの詩画集から
5つの作品を選んで黒板に掲示し,
(今はカラーコピーという強い味方がある)
私の解説で作品を味わうというものだ。

星野さんの詩画集は
なかなか味わいのある詩が載っている。
また,その人の成長とともに
その味わい方も変わってくる。
つまり「今の自分を映し出す鏡」
なのかもしれないと思った。

ミニお別れ会

Y先生の教育実習期間が終わった。
そこで,昨日(学校公開日)の帰りの会に
ミニお別れ会をした。

(1)学級委員のT君とKさんから
 お礼の言葉と色紙贈呈
(2)E君から花束贈呈
(3)担任から2冊の本のプレゼント
(4)Y先生の言葉
(5)担任の言葉

その後,男女別に写真(色紙添付用)を撮り,
最後にクラス集合写真を撮った。

天気がよければ,
本日の体育祭がフィナーレとなる。
ぜひY先生のためにも
良い成績をあげたいものだ。

期せずしてサイン本

昨日は期せずしてサイン本を手に入れた。

いや,正確に言うと
「すでに手に入れていた本が
サイン本だということを確認した」
というワケだったのだが,
朝から気分が良くなり
いい1日のスタートが切れた。

その本とは,高木美保著『生かされている私~
ナチュラリストの幸せ』(講談社)で,
定価は1000円するが
古本屋に100円で出ていたので,
「これはお買い得!」と思って
買っておいたのだった。
(実は私は高木美保ファンなのだ)

体育祭日程が続いて疲れていたので,
少し癒(いや)し系の本を読もうと
手に取ったのがよかった。
まさかその本がサイン本だとは知らずに・・・。

この本には,疲れ果てた末に農業と出会い,
それによって心が軽くなっていく様が,
素直な文体とユーモアのある表現で
綴(つづ)られている。
今の私にピッタリの本だ。

昨日は「春」の章を読んだので,
今日は「夏」の章に進みたい。

2009年6月13日 (土)

楽天が永井の完封で27勝目

昨日エース田中で連敗を脱出した楽天は,
今日も永井が完封勝利。
27勝目を野村監督にプレゼントした。

野村監督のインタビュー。
「(岩隈投手,田中投手以外で連勝したところに
価値があると思いますが,の問いに)
そう,このチームの大きなテーマだ。
3番手,4番手のピッチャーが出てこないと,
Aクラスとか,優勝とか言ってられないよ」

5本の花束

実習期間が終わりに近づいたので,
それとなく教務のN先生に
実習生に渡す花束のことを打診しておいた。

そうしたら昨日教頭先生に話が通じていて,
5人の実習生全員に花束を渡せることになった。
N先生,教頭先生,ありがとうございます!

別に個人的にお金を出してもいいけれど,
実習生の間に差が出てもいかがなものかと
慎重派の私などは思ってしまうし・・・。
(「慎重派とは初耳!」と読者のツッコミ)

しかし,3週間の教育実習の最後である。
花束ぐらい渡して送り出すのが
気持ちのいい別れの演出ではないかな。
たかが5本の花束ではあるけれど,
気持ちを伝えることが大切なんだと私は思う。
それを生徒たちにも伝えられるではないか。

本当はわがクラスでもしっかり
Y先生とのお別れ会をしたいところだが,
日程的に無理なのでお礼の言葉と
色紙贈呈にとどめようと思っていた。
これに花束が加われば一応OKだ。

あと,渡すタイミングも考えた。
日曜日の体育祭が終わってからだと
その日の順位に興奮して
落ち着いて渡せないので,
明日の土曜参観の帰りの会を
その時間にしようと考えた。
(「本当に私,慎重派だなあ」と肥さんの声)

たった5本の花束だけど,
その舞台裏にはこんなことがあるのです。
と,「舞台裏」のことをブログに書いてしまう私は,
やはりあまり「慎重派」とは言えないかもね(笑)。

2人の教育実習生の研究授業

昨日はたまたま1,2時間目が
「空き時間」だったので,
2人の社会科の教育実習生の
研究授業を参観した。

【1時間目・・・S先生】

江戸時代後半の「外国船の接近」のところ。
プリントを活用して授業内容を書いていった。
薪水令が1回だけでなく
何回か出てくることに気がついたので,
江戸幕府の対応もなかなか難しかったのでは
ないかというのが私の感想。
授業が終わってクラスの女の子が
「今日の授業はわかりやすかった」と
語っていたのをメモしてS先生にお渡しした。
(私は授業後の検討会というのが
時間もとられてあまり好きではないので,
B5判ぐらいのメモを渡すことにしている)

【2時間目・・・K先生】

戦後の「日本国憲法の制定」のところ。
人権思想の発達について,
復習していくのが前半。
流れはだいたいよいと思ったが,
板倉聖宣さんの『生類憐れみの令』(仮説社)
のことが頭にあったので,
それをメモにコメントしておいた。
後半は日本国憲法の制定過程で,
プリントを進めていった。
松本案が大日本帝国憲法と
ほとんど変わらないことがよくわかる。
こちらも授業プラン〈日本国憲法とその構成〉が
参考になるとコメントしておいた。

2クラスとも生徒たちが大変協力的で,
スムーズに授業が行われていたことが
印象に残った。

2009年6月12日 (金)

Y先生の研究授業が終了

昨日の4時間目,
教育実習生のY先生が
研究授業を行った。
授業クラスは,担任の1年2組。
単元は「地域区分」のところだった。

体育祭前で日程の変更が多く,
生徒たちも落ち着きのない時期に
教育実習をやるのはなかなか大変だ。
しかし,掲示物もたくさん作り
作業も多く取り入れた授業で,
生徒たちとのやりとりもあって
まずまずの授業だったと思う。

私は前日に指導案をチェックして,
スムーズにやれるように
アドバイスしただけだった。
高校ですでに1回教育実習を
経験しているので,
微調整がすぐできたのがよかった。
生徒たちもその努力によく応え,
協力的な動きで1時間集中できた。
Y先生,1年2組の生徒たち,ご苦労様!

一応教育実習は今日で終わりだが,
明日の学校公開日に道徳をやっていただき,
日曜日には体育祭をお手伝いいただく予定。

楽天が田中の好投で26勝目

楽天が6連敗という長いトンネルを抜けた。
今度も「救世主」は田中だった。
この20歳の青年は,やはりただ者ではない。
(これでリーグトップの8勝目)

打撃陣も3回に2点を先制し,
7回にだめ押しの1点と
田中を後押しした。

8回リリーフの小山が2つ,有銘が1つ,
四球を与えて無死満塁のピンチを招いたが,
続く青山が犠飛の1点だけに抑え,
4つ目のセーブをあげた。

野村監督のインタビュー。
「ヒーローは青山だろう。
マー君は90球ぐらいで終わりなんて。
120球ぐらい投げないと」

2009年6月11日 (木)

竜巻の威力

昨日校庭で体育祭の予行をやっていたら,
突然竜巻が起った。

幸いけが人はなかったが,
数10枚のプリント類がものすごい勢いで
空に舞い上がった。
一同は竜巻の威力に驚いた。

そのことを忘れかかった夕方,
学校に一通の電話がかかってきた。
「おたくの学校の生徒さんが書いた
プリントが落ちていました」というのだ。
何でも丁寧に書かれていたので
届けてあげた方がいいと思ったらしい。

隣の狭山市の方でわざわざ来てもらうのは
申し訳ないということで遠慮したが,
数キロはプリントが飛んでいた訳で
再び竜巻の威力について感心し合った。

楽天が6連敗

最近楽天の記事がブログに登場していない。
肥さんは面倒くさくなったのではないかと
思われた方もいると思うが,
実は楽天は現在6連敗中なのだ。
だから,勝った記事が書きたくても書けない。

6月3日にエース田中で負けて以来,
永井,岩隈,グウィン,長谷部,ラズナーと
連敗を続けてしまっている。

今日はエース田中が再び登板するので
何とかしてほしいなあ。

2009年6月10日 (水)

連夜で「清志郎特集」ですよ!

今夜と言っていいのかどうか
言い方に迷うが,
6月11日(木)午前1時40分~2時30分
「愛し合ってるかい?」
6月12日(金)午前1時40分~2時30分
「SONGS復活ライブ」
この2本がNHK総合テレビで放送される。

忌野清志郎の特集番組が
このような形で放送されるのは
しばらくないかもしれないので,
今回は「標準」でばっちり録画しておこうと思う。

先日録画ビデオを貸していただいたLACANさん,
どうもありがとうございました!
あのビデオで忌野清志郎の魅力を再確認して,
すごく充実した時間を過ごせました。

みんな,録画の用意はいいかい,ベービー!

社会科サークル2009年6月例会

昨日は上記の会に参加してきた。
参加者は大石さん,香取さん,早川さん,
大西さん,川口さんと私の6名。

レポーターは文教大学の早川先生。
最初の懇談で先生が若い頃は
スポーツ(長距離や水泳)で鳴らしていた
ということを初めて知り一同が驚いた。
そんなサプライズで始まった例会だったが,
内容もすごく驚きが多いものだった。

早川先生はまず奈良県南部の地図を提示した。
「この地図からわかったことを
小さいことでもいいから言ってみて下さい。」
最初に気が付いたのは条里制のなごりの
整然とした田の様子だったが,
先生のことだからそれだけではないと思って
探していたらありました!
但馬,石見,備前などの古代国名だ。

「なぜこの地図には古代国名が
いくつも出てくるのでしょうか。
思いついたことがあれば言ってみて下さい。」
これはなかなか思いつかなかったが,
先生が「奈良時代の役民の労苦・運脚の労苦」
という資料を配って下さってピンと来た。
「故郷に戻れなくなった人たちがいたから」だと。

早川先生の報告はこのように
授業を追体験させていただくように
スリリングに進み,
さらに北海道に各県の地名が残されていることが
開拓に関係あるのだということや,
同じ地名を見たら両者に何か関係あり!
と思った方がいいということを
わかりやすく説いて下さった。

このような報告が『歴史地理教育』(地歴社)に
毎月連載されている。
興味のある方はお買い求め下さい。

最初の地図の中にはいわゆる箸墓古墳も
登場してくるのであるが,
放射性炭素の調査で明らかになったことは
卑弥呼がその墓の主だということではなく,
近畿地方に卑弥呼と同時代に
大きな墓を作る財政力があったということだ。

また,卑弥呼の墓を決定づけるのは
墓の大きさや「親魏倭王」の金印だけではだめで,
(有力だが,金印の移動も考えなければならない)
考古出土物(弥生時代の青銅器や鉄器,絹など)
の分布図が重視されなければならないこと。
また,魏志倭人伝に出てくる里の単位
長里ではなく短里であることが,
すでに古田武彦氏らが証明済みであることを
しゃべらせていただいた。

来月は14日(火)に高校の川口先生が
憲法学習について報告するとのこと。
「気軽にできる」とコメントしていたから,
これもお奨めだと思う。
私も「日本国憲法とその構成」を持参しようと思う。
会場は新所沢公民館で,
時間は午後6時からである。

2009年6月 9日 (火)

必勝寄せ書き2009

今年も恒例の(?)寄せ書きを作った。
体育祭に向けての「必勝寄せ書き」である。

作り方は簡単。
模造紙の真ん中に色画用紙を貼り,
(色はクラスカラーのオレンジ)
「めざせ優勝,ひまわり杯!!」と書く。
ひまわり杯とは,学年種目で優勝すると
もらえるトロフィーで,わが校では優勝杯に
勝るとも劣らない人気を誇っている。

それを黒板に磁石で貼り,
「昼休みの間に書いてね」と告げる。

するとマジックで各自が
自分の目標や願いなどを書いていく。
「みんなで協力して優勝しよう!」
「個人種目1位をめざす」
「最高の1日にしよう!!」

ほうっておいても生徒たちは
前日に黒板にいろいろなことを書くが,
1週間前から模造紙に書くことがミソだ。
つまり早い時期から心を合わせ,
体育祭にクラスとして立ち向かう準備をするのだ。
そのためにわざわざ模造紙を用意する。
模造紙は移動可能だから掲示物として飾れるし,
もし結果が良ければさらにその後も
思い出の「寄せ書き」なるし,
ちょっと手間をかけるだけで
効果は計り知れないのだ。

今年度は得点源となる
団体種目(全員リレーや台風の目)で
上位進出が見込める。
しかも,いつも手痛い目に会う長距離でも
いい人選ができた。
個人の能力を作戦でカバーするという
意識も浸透してきている等で,
なかなか期待できそうな感じである。

体育祭は,今度の日曜日。
乞う御期待!

世界の国々かるた

本日の「世界の国々かるた」を
生徒たちに紹介する。

これは仮説実験授業とともに
私が社会科のウリにしているもので,
その一番手がこれなのだ。
全部で48枚ある。
私が覚えてほしい国を選んで,
読み札と取り札を作った。

① 短い夏 イヌイットの人々も住む カナダ
② 世界をリードしたい アメリカ合衆国
③ アメリカのおとなり メキシコ合衆国
④ 砂糖が多い 社会主義の国 キューバ
⑤ 赤道直下 アマゾン川の広がる ブラジル
⑥ 昔「インカ帝国」の国 ペルー
⑦ 南北に 細長~い国 チリ
⑧ 牛肉と小麦はここに アルゼンチン
⑨ 福祉の進んだ 北欧 スウェーデン
⑩ 世界初! 産業革命の国 イギリス

⑪ イギリスのおとなり アイルランド
⑫ 大西洋につき出た ポルトガル
⑬ 闘牛と 情熱の国 スペイン
⑭ 実は ヨーロッパの大農業国 フランス
⑮ このチーズは だれんだ? オランダ
⑯ ヨーロッパの 大工業国 ドイツ
⑰ 永世中立国だった 観光の国 スイス
⑱ 音楽の都 ウィーンをもつ オーストリア
⑲ ブーツの形の イタリア半島
⑳ 昔は イスラム教の大帝国だった トルコ 

21 ナイル川のほとりに ピラミッドの国 エジプト
22 チョコレートの原料 カカオのとれる ガーナ
23 今後が心配な国 コンゴ
24 アパルトヘイトの 差別があった 南アフリカ共和国
25 湾岸戦争 フセイン大統領の イラク
26 砂漠の下に 石油がねむる サウジアラビア
27 イライラ戦争は もう イラン
28 インドのおとなり イスラム教の パキスタン
29 人口10億 ヒンドゥー教の国 インド
30 昔ビルマで 今ミャンマー

31 仏教を大切にする国 タイ
32 ゴムと錫(すず)のとれる国 マレーシア
33 とってもおいしい フィリピンバナナ
34 1万以上の島々と 石油がとれる インドネシア
35 人口13億 世界の5分の1は 中国人
36 日本とは 国交がないよ 北朝鮮
37 おとなりの国 ハングルの 大韓民国
38 ジャングル広がる パプア・ニューギニア
39 石炭と 鉄鉱石の オーストラリア
40 キウイで有名 ニュー・ジーランド

41 面積が 一番広い ロシア連邦
42 太平洋と 大西洋をつなぐ パナマ運河
43 新興工業経済地域 NIESの一つ シンガポール
44 人口ベスト10 イスラム教の国 バングラデシュ
45 人口ベスト10 アフリカで一つは ナイジェリア
46 カカオの生産で ガーナをぬいた コートジボワール
47 黒人奴隷たちが作った 自由の国 リベリア
48 フィヨルドの狭い入り江 遊覧船にみんなで ノルウェー

このかるたにはダジャレが入ったりして,
生徒たちには結構好評だ。
他に,世界の気候かるた(10枚)
日本の都道府県かるた(47枚)
歴史人物かるたⅠ(40枚)
同Ⅱ(40枚)
同Ⅲ(40枚)
公民(政治・経済)かるた(40枚)
などがある。

興味のある方は,
「肥さんのホームページ」の中に
掲載してあるのでご覧下さい。
(「肥さん」で検索するとすぐ行けます)
また,やってみたいといわれる方は
ご連絡いただければ
原版のコピーを実費でお送りします。

私は色上質特厚という紙に印刷して
班隊形で競技をした後,
ミニ判の「マイかるた」を作らせています。
その分の予算を学年の会計担当の先生に
年度当初に150円ほど計上しておくと,
サイフが痛みません。

2009年6月 8日 (月)

訪問周期

パソコンというのは,
人間がやれないことをやってくれる。
たとえば「アクセス解析」という機能が付いていて,
1人の訪問者が何日に1回の割合で
訪れているかがわかるのだ。
(ちなみに個人名はわかりません)

毎日・・・13人
2日に1回・・・26人
3日に1回・・・24人
4日に1回・・・23人
5日に1回・・・16人
6日に1回・・・16人
7日に1回・・・11人

これを合計すると,
1週間に1度は訪問して下さる方が
130人もいるということになります。
ありがたいことです。

もう毎日訪問して下さるかたには
感謝状を差し上げたいくらいです!
ぜひそのためにも,
コメントをお願いいたします。
「私もそう思います」
というシンプルなので結構です。
「こういう見方もあるのでは?」
というのも歓迎いたします。

ちなみにリピート率は,現在6.3%だそうです。
これが高いのか低いのかよくわかりませんが,
最初の頃は5%ぐらいでしたから,
少しは向上しているようです。

脳化指数

よくイルカはとても知能が高いとか,
カラスは知恵があるなどという話を聞く。
それはどういうことを根拠にしているのか
ご存知だろうか。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』に
「脳化指数」という項目が出ていた。

「脳化指数

脳化指数(のうかしすう) は、
全体重に占める脳の重さの割合である。
この値が高いほど、その動物は
知能が高いということを意味する。

一般的に体の大きな動物ほど
脳の容量は大きくなるため、
単純に脳の容量では知能の高さを比較できない。
そこで体重で割った値が使用される。

チンパンジーの2倍の指数のイルカや、
イヌやネコより指数が高いカラス
(ニワトリと比べると5.3倍高い)
などが特に注目されている。

主な動物の脳化指数 [編集]
単位(%)

ヒト 0.86
イルカ 0.64
チンパンジー 0.30
ゾウ 0.22
カラス 0.16
イヌ 0.14
スズメ 0.12
ネコ 0.12
ウマ 0.10
ブタ 0.05
ウシ 0.06
ニワトリ 0.03

ヒトを10.0とした
相対的な値であらわすこともある」

な~んだ,脳の容量÷体重で算出していたのか。
みなさん,ご存知でしたか?

同じ脳の容積で体重の少ない方が有利なら,
ダイエットすると賢くなる!?
そんなことないよね。(笑)

新座五中との練習試合

昨日はかねてからの約束どおり,
新座五中との練習試合を行った。

午前中を使って,全部で8セット行った。

25ー12,25ー12,B25ー19,B25ー17,
25ー7,B25ー22,B25ー15,25ー21

最初はわが校が圧勝していたが,
最後のセットは競り合えて良かった。
こちらとしてもいろいろな選手を
出場させることができて助かった。

顧問の先生ならびに
男子バレー部の生徒さんたちに感謝します。

6月27日(日)には宮原中と練習試合をするが,
それは市内予選の翌日なので,
来週大会前にもう1回
練習試合をしたいと思っている。

2009年6月 7日 (日)

不快指数を下げる

不快指数が温度と湿度の和なら,
温度か湿度を下げてやれば
不快指数は下がることになる。

つまり,扇風機は温度は下げないが
一時的に教室内の湿度を下げているので
清涼感があるのだろう。
庭先に水をまくのも,
気化熱の関係を上手く利用している方法だ。
(気化する時に熱を奪うので涼しくなる)

冷たいものを食べたり,
窓にすだれをかけたり,
ハワイアンを流したり,
いろいろな方法で清涼感を得る。

さらにこれを応用すると,
「心の不快指数」の問題に至る。
これを快適に保てる人は,
人格的に優れているというより
むしろその方法に長けているのではないか。
また,快適に保てずにすぐ「むかつく」人は,
その方法をあまり知らないからではないか。
(だったら,その方法を教えてあげればいい!)
そう思えれば,もう少し周りの人に
優しく接してあげられるかもしれません。

そんなことを考えながら,
今週は過ごしてみようと思った。

不快指数

先週末は湿度が高くなって,
生徒たちもなかなかつらい状態だった。
そこで,前から気になっていた
「不快指数」について調べてみた。
(最近は 「温度湿度指数)」というそうです) 

問題1 「不快指数」というのは,どこの国で
考えられたと思いますか。

予想 ア.日本
    イ.アメリカ
    ウ.ヨーロッパの国
    エ.その他

不快指数とは,アメリカで考えられたもので,
温度,湿度による不快度を数値に表したものです。
風の影響は考えられていません。
そよ風でもあれば不快感は減ります。
扇風機程度の風で,不快指数は10ぐらい
下がった感じがすると言われています。
不快指数は,以下の式によって算出されます。

「0.72×(乾球温度+湿球温度)+40.6」

「不快指数」  「 体感 」
 ~55     寒い
 ~60     肌寒い
 ~65     快適
 ~70     快適
 ~75     快適
 ~80     やや不快
 ~85     不快
86以上    たまらない

【不快指数の値の評価】
 
不快指数は,
70を越えると不快を感じ始める人が出て,
75を越えると半数くらいの人が不快を感じ,
80を越えるとほぼ全員が
不快を感じると言われています。

体感温度のひとつなんですね。

日本人の場合,
不快指数が77になると65%の人が,
85になると93%の人が
暑さによる不快を感じそうです。
日本は湿度が高い国なので,
少しは我慢強い人が多い?

勤務校では6月から9月にかけて,
各教室に2台ずつ扇風機が置かれています。
2台の扇風機をフル稼働しても
気温はほとんど下がらないけど,
「不快指数」を下げるのには
一役買っているのかもしれません。

祝 4大会連続4度目のW杯出場!

サッカーの2010年ワールドカップ(W杯)
南アフリカ大会アジア最終予選で,
日本は昨夜ウズベキスタンを1-0で破り,
4大会連続4度目の本大会出場を決めた。

日本は,前回のドイツ大会に続いて,
世界で1番はやい
予選突破チームとなったとのこと。

前半9分にFW岡崎が
頭で押し込んで先制した。
その後は,出足の良いウズベキスタンに
押し込まれる展開となったが,
終盤に退場者を出しながらも粘り強く猛攻に耐え,
リードを守りきった。

この結果,日本の勝ち点は14となり,
2試合を残して,出場権を得られる
「A組2位以上」が確定した。

W杯南アフリカ大会は,
来年6月11日に開幕。
予選を突破した31チームに
主催国を加えた計32チームが出場。
決勝は来年7月11に行われる。

ちょうど来年のこの時期
私たちはW杯を見られると思うだけでも,
何だか楽しくなってくる。
ただし,日本と南アフリカ共和国の時差は
7時間ある。(現地の午後7時は
こちらの午前2時だ!)
だから,楽しくもまた寝不足な日々が
送られること必至なのである。

2009年6月 6日 (土)

東西南北の覚え方

『たの授』6月号で特に良かった記事の1つに,
私は上記の話をあげた。

これは広島の中学理科の入江洋一先生の
おたよりに出てくる話である。
少々長いが,とてもいい話なので
転載させていただく。

「・・・ところで,東西南北のこんな覚え方を
最近発見しました。

北極星の方角が北であることを教えてから
「右手側が東だよ」と教えていたときのこと。
ふと「北」という漢字を思い浮かべると,
北の右側に「ヒ」というカタカナが
あるではありませんか。

「北に向いて右手側を見ると東があるよ。
北の漢字の右側にヒと書いてあるでしょ」と
教えればいいことに気がついたのです。

ただし,これ以上あれこれと教えない方が
いいでしょう。他の覚え方まで紹介して,
結局混乱して覚えられなくさせた経験があるのです。

こんなことをサークルで紹介したら,
山住章さんからメールが届きました。
「(北極星(北)に向いて1本線を引いて
ヒが東,ニが西)と教えようと思います。」

つまり,「北」という字を分解すると,
「ニ」+「l」+「ヒ」だから,
右手が東,左手が西となり覚えやすい
というわけです。

中学3年生に教えたら,
「オー,感動」という声があがりました。」

こういう話って,すごくいいなと思います。
単純だけど,普段なかなか気がつかない。
しかも,それが発見されることによって
みんなが笑顔になれるからです。

さらに私にはもう1ついいことがあります。
私は学校の先生をしているので,
自分が覚えられるだけでなく,
生徒たちに教えられるという
二重の喜びがあるからです。

入江さん,山住さん,
いい方法を考えて下さって
どうもありがとうございます!

2009年6月 5日 (金)

お礼メール:脳の容量

昨夜ある「お礼メール」が
社会の科学メーリングリストに掲載された。
その内容がとてもうれしかったので,
読者のみなさんにもおすそ分けします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
肥沼さんへ皆さんへ,根本です。

以前肥沼さんがMLで教えてくださったことです。

(肥沼さん)
『たの授』№83(1989年12月号)の
「はみだしたの」に書いたものによると,
チンパンジー・・・350cc
猿人(アウストラロピテクス)・・・500cc
原人(北京原人,ジャワ原人)・・・1000cc
現代人(新人,クロマニオン人もほぼ同じ)・・・1400cc
ただし,これは1.5リットルのペットボトルで表わす

(根本)
今日は中学1年生歴史の最初の授業。
「人類の出現」という単元です。
朝コンビニで「500cc,1000CC,1500CC」3本の
コーラのペットボトルを買って授業へ。

「生命の系統樹」を大ざっぱに書きながら,
「猿人,原人,新人」を書き込む。
「多くの生命が絶滅する中で,
人の祖先はどうやって生き抜いたのか」とたずねる。

他の動物との優劣を比較。
優れていた点はただ一つ。
「脳」と答えが出ます。

「その通り」と満を持したペットボトルの登場。
まず,500CC。「何CC?」「500!」
「これが猿人の脳みその大きさです」「へぇ~」
以下,同じ。
1500CCを取り出すと「オォ」と,どよめきが起きます。
「これがあなたの脳みそに入っている」。
「オオォオォ」もう大興奮。
前の席の子どもたちに3本を持ち比べをしてもらいます。

その後,現在の人類は「ホモ・サピエンス」
=「考える・人」という名前が付いているという話に発展,
更なる興奮で授業を終えることが出来ました。

教科書にも,脳の容量は数字で記載されています。
でも,誰も読みません。読んでも「ふ~~ん」。
ところが,具体的イメージを喚起するモノがあると
格段の差が出ます。
肥沼さん,あらためて良い方法を教えていただいて
ありがとうございます。
この教え方,広がるといいですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私の書いた「返信メール」は以下の通り。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
根本さんへ

> 教科書にも,脳の容量は数字で記載されています。
> でも,誰も読みません。読んでも「ふ~~ん」。
> ところが,具体的イメージを喚起するモノがあると
> 格段の差が出ます。
> 肥沼さん,あらためて良い方法を
> 教えていただいてありがとうございます。
> この教え方,広がるといいですね。

ご利用いただきありがとうございます。
この方法は今から20年ほど前
同僚だった社会科の駒井先生と話しているうちに
思い浮かんだものです。

> 朝コンビニで「500cc,1000CC,1500CC」3本の
> コーラのペットボトルを買って

比べるなら同じ中身のものの方がいいですね。
これは根本さんがさらに付け加えて
下さったことだと思います。
私も次回はそれでやってみます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こういった情報交換を
社会の科学メーリングリストを使って
毎日のようにやっている。

全員リレーの練習

全員リレーはクラスの全員が走る。
その「合計のタイム」が勝負だ。

しかし,ここに盲点が隠されている。
全員が100メートルずつ走るなら,
体育祭をむかえる前に
順位は決定してしまうのだ。
だってあと1週間で個人タイムは
そんなに伸びないから・・・。

そこで作戦である。
伸びない個人タイムは捨てて,
伸びるクラスタイムに賭けるのだ。
つまり足の速い者がより多く走り,
そうでないものは少なく走る。
それを極端に出していくことで
クラスタイムはかなり縮まる。

平均すると男女の100メートルの
タイム差は1秒ぐらいはある。
これをバトンタッチごとに使う。
極端に言えば男子は110メートル走り,
女子が90メートル走れば,
合計は200メートルだが
タイムは男女が100メートルずつ走るより
ずっと速くなるのだ。

もちろん遅い男子もいるし,
速い女子もいる。
だから,学年練習で微調整はする。
だが,基本的には上記の趣旨を貫いて
実践していくことが勝利への道なのだ。

だって,40人が100メートルずつ走るとすると
合計4000メートルもあるのに,
ゴールの時点での差は
半周(100メートル)ぐらいしかないのだから。
とにかくバトンタッチごとに
「小さな貯金」をしていくことが大切なのだ。

昨日の学年練習では6クラス中2位だった。
1週間後の体育祭では学年1位をめざしたい。

2009年6月 4日 (木)

ようやく実習授業へ

教育実習にきているY先生の
実習授業が今日から始まる。

第2週の木曜日になってしまったのは
ほかでもない。
先週末に中間テストが入っていたため,
その次の時間もテスト返しとなり,
結局他の事情(体育祭日程)もあって
こうなってしまったのだ。

さらに来週末には体育祭があり,
予行が晴れるかどうかによって
研究授業の日程を動かす可能性もあり,
本当に今年の教育実習は
予断を許さない。

ただ,Y先生は高校での教育実習は
経験されており,
まったくの初めてというわけではないので,
おそらく無難にこなしていただけるものと
私は思っている。
がんばれ,Y先生!

イチローが自己新の26試合連続安打

4月に胃潰瘍で出遅れたイチローだったが,
それがかえってよかったのか,
昨日で自己新の26試合連続安打を記録した。
(大リーグ記録は,ディマジオの56試合)

現在イチローは安打数は71(メジャー4位タイ),
打率は.353(ここ26試合では.400)である。
今シーズンは8年連続の大リーグ記録に挑戦する。
スタートから猛ダッシュをかけると思いきや,
まさかの胃潰瘍で8試合の欠場。
しかし,この男は「災い転じて福となす」
強い精神力の持ち主だったのだ。

昨日は同じく出遅れていた松坂が初勝利。
松井秀も8号ホームランを放ち,
いよいよ日本人メジャーリーガーの
活躍する季節がやってきた。

埼玉は意外に「うどん王国」!?

うどんと言えば,
「讃岐うどん」の香川県が有名だが,
うどん生産量の第2位はどこか
ご存知だろうか?
面積の広い北海道だろうか?

実は,第2位は埼玉県。
埼玉がそんなに「うどん王国」だったとは,
埼玉に住んでいる私も知らなかった。

6月3日の朝日新聞・埼玉版には,
「埼玉県民は意外と「『めん』食い」だった!?」と
おちゃめにまとめていた。

ちなみに,うどんの都道府県別生産量
(ゆで・生・乾燥めんの合計)
のベスト5は以下の都道府県である。

1位 香川   6万0650t
2位 埼玉   2万2545t
3位 群馬   1万5253t
4位 愛知   1万2204t
5位 北海道    8958t

(07年、農水省調査、数字の単位は小麦粉使用トン)

2009年6月 3日 (水)

学年種目「台風の目」の練習

昨日は学年種目である「台風の目」の
初練習が体育館で行われた。

「台風の目」というのは,
4~5人で棒を前に抱えながら
3つのポストを回り,
それを8組繰り返してゴールするものである。
ただし,戻ってきた時点で
毎回棒を足元に通過させ,
また頭上を通過させるので
複雑な動きをともなう。

最初の10分ほど練習をやってみて,
「棒を足に引っ掛けることが
最大のダメージになる」と会得し,
次の2つを指示した。

(1) 横幅をできるだけ狭くして棒を通す
(2) 棒をできるだけ低い位置に通す

さらに,付け加えて
(3) 待っている人たちは「上に跳ぶ」
 のではなくて「前に跳ぶ」ようにして,
 その後下がる
というようにした。
要するに「スピード」よりも「スムーズ」を
意識してやっていくということだ。

その後,3クラス対抗で練習試合をしたが,
この作戦はばっちり的中して
逆転で初勝利をあげることができた。

次回の学年練習は全員リレーである。
こちらも「スピード」より「スムーズ」を
意識したバトンリレーを展開していきたい。

楽天がラズナーの好投で25勝目

楽天が1回に鉄平のタイムリーで先制した。
また,楽天は1点を追う4回裏,
憲史のタイムリーで同点とすると,
さらに1死満塁のチャンスに
中村真が値千金のタイムリーを放ち
勝ち越した。

投げては,先発・ラズナーが
7回を2失点に抑え今季3勝目。
チームも連敗を3で止めた。

野村監督のインタビュー。
「疲れるのぅ・・・。
負けるときは楽に負け,
勝つときには苦しんで勝つ。
これを何と言おうか? 何と表現しよう?
勝ちに不思議の勝ちありって言うじゃない。
接戦は見てる方は楽しいだろうけど,
やってる方は疲れる」

2009年6月 2日 (火)

Sさん,また話しましょう

昨日Sさんとその仕事相手の方と
話す機会があった。
お二人は仕事の上司と部下の関係だが,
対等感がただよいとてもさわやかだった。
20歳以上年齢は離れているが,
めざすところが一致している二人を見ていると
何だか私も仲間に入れてもらいたくて,
夜更けまでご一緒した。
Sさん,また話しましょう。
昨日はどうもありがとうございました!

ちなみにSさんの息子さんは,
勤務校に教育実習生としてきたことがある。
私が親子だと知ったのは実習終了後だった。
「先日は息子がお世話になりました」と言われて,
「ありゃー,そうだったんだ」と驚いたわけである。

2009年6月 1日 (月)

6月の楽しみ

今日から6月に入る。

6月というと梅雨があったり
(最近は空梅雨のことも多いが)
蒸し暑かったり,
どちらかというといいイメージがなかったが,
茨木のり子の「六月」という詩を知ってから,
この詩を生徒たちに知らせる楽しみができて
ちょっと違うイメージの月となった。
知らない人のために「六月」を紹介しよう。

六月   茨木のり子

どこかに美しい村はないか
一日の仕事の終わりには一杯の黒ビール
鍬(くわ)をたてかけ、かごを置き
男も女も 大きなジョッキをかたむける

どこかに美しい街はないか
食べられる実をつけた街路樹が
どこまでも続き、
すみれ色した夕暮れは
若者たちの やさしいさざめきで 満ち満ちる

どこかに美しい人と人との力はないか
同じ時代をともに生きる
したしさとおかしさと そして怒りが
鋭い力となって たちあらわれる

私がこの詩を知ったのはだいぶ前のことで,
たとえば1988年6月25日付けの
「フォークソングクラブ通信」には,
「六月」という題で生徒たちに詩を作らせた後
茨木のり子の詩を紹介している。
何気なく知ってしまうのもいいが,
自分で同じ題の詩を作ってから知ると
またひと味違ったものになると思う。
担任をしているクラスで
同様のことをしたこともある。

サウンドミュージック「忌野清志郎特集」

昨日はNHK・FMの上記の番組を聞いた。
(午後7時20分~10時)
どんな構成かと思ったら,
過去に放送した番組や
コンサートの録音が中心だった。

最初に日野高校時代同級生だった
(クラスは違う)三浦友和との対談があった。
三浦といえば山口百恵と結婚した有名な俳優で
忌野とずいぶん境遇が違いそうだが,
実は高校時代はバンドをやったこともある
そんな青春時代だったわけだ。

また,過去に放送した番組やコンサートの中で
私が知らない曲が何曲も流れた。
これまで聴いてきた曲がA面的曲とすれば,
B面的な曲が選ばれたのかもしれない。
また,彼が影響を受けたという
外国のアーチストの話も出て興味深かった。

忌野清志郎が亡くなったのをきっかけに
いろいろな曲を聴いてきたが,
本当に残念に思うのは,
生きている時の彼のコンサートを
二度と見ることができないということである。
それだけが心残りだ。

なお,番組の最後で朗報があった。
NHK総合テレビで忌野清志郎の
2つのコンサートを放送するというのだ。
第1回・・・6月10日(水)深夜1時40分~
「愛し合ってるかい?」
第2回・・・6月11日(木)深夜1時40分~
「SONGS完全版」
お見逃し,お録り逃しのなきよう・・・。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ