« 《世界の国ぐに》の5クラスの授業評価 | トップページ | 教科領域部会と定期大会 »

2009年5月 1日 (金)

楽天が長谷部の好投で13勝目

なかなか野村監督の期待に
応えられなかった長谷部が,
ようやくその実力を発揮してきた。

打線が中村紀の先制打などで
2回までに3点を援護。
それを背負って長谷部が
6回途中まで2失点に抑えた。
その後は日本ハムの激しい追い上げに
いつもながらの苦しい継投策だったが,
8回にだめ押しタイムリーも出て
4対2で日本ハムを突き放した。

4月は13勝9敗の貯金4。
5月もこの勢いが止まらなければ
クライマックスシリーズが見えてくる。

野村監督のインタビュー。
「(4月を首位で終えて)春の珍事。
長い春が7月ぐらいまで
続くといいね」

この日は田中投手が肩の張りを訴えて
登録抹消(次回の登板は5月10日以降)。
うれしくも心配な1日となった。
橋上ヘッドコーチによると,
先発を1回飛ばして大事を取るようだ。

なお,昨日の試合はパソコンの速報で
楽しむことができた。
「yahooのプロ野球速報」がそれで,
1球ごとに結果が報告され,
まるで実況を見ているような感じだ。
楽天戦はほとんどテレビでやらないので,
こういう形で今後は楽しんでいきたい。

« 《世界の国ぐに》の5クラスの授業評価 | トップページ | 教科領域部会と定期大会 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 《世界の国ぐに》の5クラスの授業評価 | トップページ | 教科領域部会と定期大会 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ