« 2年選択社会 | トップページ | 新聞の国際面から国名を探す »

2009年5月16日 (土)

ほめられサロン

昨日の朝「めざましテレビ」を見ていたら,
上記のサイトが人気上昇中だと教えてくれた。
何と1日に10万アクセスもあるという。

誰しも子どもの頃はほめて育てられたが,
大人になるとそうはいかない。
ほめられることより怒られることの方が多い。
そんな心を癒し,ちょっといい気分に
させてくれるところが人気の秘密だ。

まず,検索して「ほめられサロン」のサイトに行く。
名前(あだ名でもOK),性別,職業を選択し,
「ほめられたいですか」のボタンを押す。
すると,こんな言葉が四方から飛び出して,
画面上を行き交う。

「肥さん。いつも感謝してるよ」→
←「肥さん。頼りになります」
「肥さん。頑張ったな」↓
↑「肥さん。たいしたもんだよ」
「肥さん。キミといると楽しいよ」→
←「肥さん先輩って,スタイルいいですよね~」
「肥さん先輩。今日もキマってますね~」↓
↑「肥さん。声がセクシーです」
(浮遊感を矢印で表わしてみた)

50ほどの歯の浮くようなほめ言葉が,
画面を埋め尽くす。
ウソの世界だとわかっていても,
何だか顔がにやけてしまうのは
私だけだろうか。
ぜひ興味がある方は訪ねてみてほしい。

たぶん脳科学的にもこれは良い効果が
あるんじゃないかと思う。
つまり,いじけて力を出せない状態より,
はるかに気持ちよく仕事ができ,
その内容も良くなる気がするのだ。

このサイトは大分合同新聞社グループの
ネットベンチャー「デジタルバンク」(大分市)が,
「大人へのクリスマスプレゼントに」と
昨年12月に作ったものだという。
クリスマスを終えてもアクセスが絶えないのが,
今の癒しを求める昨今の日本を
映し出しているのかもしれない。

« 2年選択社会 | トップページ | 新聞の国際面から国名を探す »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

肥さん先生
良いサイトを教えて頂き有難うございました。
ホントに歯の浮くようなホメ言葉に次々ヨイショされ、
気がつくと一人ニヤけてますね~

最近困難な問題を抱えた面談が続き、
来談者のエネルギーを何とかupしなければと四苦八苦、
自分がエネルギー不足になりそうでしたが
お陰様で癒されました。

まきやまさんへ
コメントありがとうございます。
ただでさえ学校というところは,
ストレスをためやすい場所だと思います。
せめて受け入れる私たちの方が
心の余裕を持っていたいものです。

『ほめ言葉のシャワー』という本を
NHKで昨日の朝だかに
紹介してました。
こんな言葉でした。
・遠くにいてもあなたを想うとあったかくなる
・素敵な笑顔でいてね
・ママの作ったあったかご飯、自慢じゃないけど世界一ありがとう
・誕生日おめでとう。生まれてきてくれてありがとう
などなど

わたしもほめてないなあとつくづく想います。ありがとうはできるだけ言えるように心がけていますが。「いいこと尽くし」、「ありがとうの心」、「ほめことば」など私たちの仕事にも大切ですね。

翔空さんへ
コメントありがとうございます。
『ほめ言葉のシャワー』という本,
興味があります。
日本人は人をほめるのが下手だと思うので,
意識的にほめていきたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2年選択社会 | トップページ | 新聞の国際面から国名を探す »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ