« イチロー復活 松坂で2連勝 | トップページ | 社会科サークル・2009年3月例会 »

2009年3月10日 (火)

岩隈で惜敗 四球に泣く

昨日はWBCの1位決定戦があった。

韓国000100000計1
日本000000000計0

2日前のコールド勝ちとはうってかわって,
両チームとも投手が好投。
3回までゼロ行進が続いた。
日本も岩隈の先発で3回をパーフェクト。

ところがその後がいけなかった。
4回先頭打者にストレートの四球。
そこから狂いが生じた。
次の打者がヒットで無死1,2塁。
1死後タイムリーヒットを打たれて,
痛恨の1点を献上してしまったのだ。
これが決勝点となった。

野球というのは恐ろしい。
前回14対2でコールド勝ちしたからといって,
次の試合もそうなる補償はさらさらない。
2次ラウンドではこのへんを肝に命じて
がんばってほしいと思う。

« イチロー復活 松坂で2連勝 | トップページ | 社会科サークル・2009年3月例会 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イチロー復活 松坂で2連勝 | トップページ | 社会科サークル・2009年3月例会 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ