« 韓国戦 ダルビッシュで苦敗  | トップページ | 岩波新書の『浮世絵』 »

2009年3月20日 (金)

岩隈好投 日本準決勝へ

一昨日韓国に苦杯を喫した日本だったが,
昨日は岩隈の好投(6回無失点)で
準決勝へと進むことができた。

日本000210101計5
キュ000000000計0

4回の2点は小笠原の中飛を
相手のセンターがエラーしての
ラッキーな得点だった。
5回は青木のタイムリー。
7回は中島の犠牲フライ。
9回は青木のこの日2度目のタイムリー。
先取点,中押し点,ダメ押し点と
相手に付け入る隙を与えなかった。

負ければおしまいの絶対のピンチに
先発の岩隈が好投で試合を作ったのが
何より大きかったし,
ロングリリーフした杉内が
3回を無安打おさえたのも素晴らしかった。

打者では青木が4安打2打点の大活躍。
イチローにも2安打が出て,
今日の韓国戦(今回のWBCで4試合目)に
希望が見えてきた。

安打が出る前のイチローは
「僕だけキューバのユニホーム(を着ている
よう)に見えた」との思いだったらしい。
この2安打(2本目は3塁打)で
気を良くしたイチローの
猛打賞の活躍を見たいものだ。

« 韓国戦 ダルビッシュで苦敗  | トップページ | 岩波新書の『浮世絵』 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 韓国戦 ダルビッシュで苦敗  | トップページ | 岩波新書の『浮世絵』 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ