« 岩波新書の『浮世絵』 | トップページ | 授業書《燃焼》の体験講座 »

2009年3月21日 (土)

韓国を継投で破って1位通過

ダルビッシュ,松坂,岩隈の
先発三本柱が登板できない試合を,
合計7人の継投でうまく乗り切った。

日本020000031計6
韓国100000100計2

先制点をあげたのは韓国だった。
しかし,その直後2回表
嫌なムードを一蹴したのが,
内川の同点ホームランだった。
その後も3安打で1点を追加して,
リードしたまま試合は進んだ。

7回裏韓国が同点ホームランで追いつくと,
すぐその次の8回表に
4安打を集め3点リード。
さらに9回にも3安打を集めて
だめ押し点を奪った。

合計15安打は今回のWBCで
日本の最多安打のようだ。

深刻なのは主砲・村田(横浜)の肉離れ。
急きょ栗原(広島)が招集されたようだが,
この後のアメリカ戦に間に合うのだろうか。

« 岩波新書の『浮世絵』 | トップページ | 授業書《燃焼》の体験講座 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 岩波新書の『浮世絵』 | トップページ | 授業書《燃焼》の体験講座 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ