« ノーベル物理学賞に日本人3氏 | トップページ | 新人戦2008 »

2008年10月 9日 (木)

今度はノーベル化学賞

ノーベル物理学賞の受賞で喜んでいたら,
今度は化学賞受賞の報が入った。
下村脩氏の蛍光たんぱく質の発見が
それである。

これを応用して生命科学の分野で
さまざまな研究が行われているという。

たとえば,がんの転移先を動物実験で
知ることができる。
また,アルツハイマー病の神経細胞が
壊れていく様子を知ることができる。
さらに,インスリンをすい臓が
どのように分泌するかがわかる等。

ところで,なぜ10月にノーベル賞が
発表されるかご存知だろうか?
私もさきほど「楽知んカレンダー」を
見て知ったのだが,
10月21日がノーベルの誕生日なので
(今年は生誕175年)
それを祝ってのことのようだ。
(10/9)

« ノーベル物理学賞に日本人3氏 | トップページ | 新人戦2008 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ノーベル物理学賞に日本人3氏 | トップページ | 新人戦2008 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ