« 今年の除草作業 | トップページ | 週刊こどもニュース »

2008年9月 5日 (金)

「広開土王碑」の拓本を公開

来週末,埼玉県日高市の高麗神社で
「広開土王碑」の拓本が
公開されると朝日新聞に出ていた。
(西埼玉版)

この碑文は高句麗最盛期の王である
「広開土王」をたたえて
414年に建てられたもので,
当時の東アジアの情勢が刻まれている
重要な金石文である。
高句麗と倭(日本の九州王朝)が
戦っている様子も読み取れる。

展示は23日までで入場は無料という。
時間があったらぜひ見に行きたいものだ。
(9/5)

« 今年の除草作業 | トップページ | 週刊こどもニュース »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

それは韓国が内容を改竄して建てたレプリカの拓本でしょうか、日中の学者が持っている真正の物でしょうか?
韓国の新聞で高麗神社の神主?の息子さんだか何だかがその開幕式に出席されたそうなので、それを持ち帰られたのでしょうか?

狭一さんへ
コメントありがとうございます。
くわしいことはわかりませんが,
「韓国が内容を改竄して建てたレプリカ」
のようなものがあるのでしょうか,
それはどのような点で
本物とちがっているのでしょうか。
素人の私にもわかるように
ご教示願えたら幸いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年の除草作業 | トップページ | 週刊こどもニュース »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ