« 天子宮は誰を祀るか | トップページ | 雨でオリンピックを見過ぎた? »

2008年8月17日 (日)

歩いてきた道は金

昨日レスリングの伊調千春選手が
銀メダルを獲得した。
「姉妹で金メダルを」と頑張ってきたので,
本来なら残念無念というところだ。

しかし,その後のインタビューがよかった。
「馨(妹)と歩いてきた道は金メダルと
自信を持って言えるから,
この銀メダルはも私のなかでは金メダルです」
と笑顔で表彰台に登ったのは
素晴らしいと思った。

結果がすべてではない。
その過程が誇れるのなら,
そのメダルはすべて金色なのだ。
(たとえメダルはなくても,
精一杯やった人も含めて)
彼女の発言はそう言っているように
私には聞こえた。

妹の伊調馨選手の試合は
今日行われる。
健闘を期待したい。
(8/17)

« 天子宮は誰を祀るか | トップページ | 雨でオリンピックを見過ぎた? »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 天子宮は誰を祀るか | トップページ | 雨でオリンピックを見過ぎた? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ