« 今週末で夏休み前半終了 | トップページ | 北京五輪開幕 »

2008年8月 8日 (金)

無文銀銭の菊の弁の数

こんなことを考えた人はいるのだろうか?

和同開珎より古いと考えられる
無文銀銭には菊の文が付けられている。
その文の菊の弁の数はいくつかということだ。

手元にある無文銀銭の写真によると
12弁のように見えるのだが,
何しろ1点だけだし不鮮明なので
他の無文銀銭のものも知りたい。

手元に無文銀銭の写真のある方,
ご協力下さいませ。

もし同じ弁数ならば
統一権力が作った貨幣ということで
より有力な資料になると思うのだが・・・。

ちなみに皇室の菊の弁の数は
16とのことです。
(8/8)

« 今週末で夏休み前半終了 | トップページ | 北京五輪開幕 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週末で夏休み前半終了 | トップページ | 北京五輪開幕 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ