« S君が強化選手に選ばれる | トップページ | 今年のお盆 »

2008年8月16日 (土)

最近の柔道

最近の柔道はずいぶん変化しているようだ。
先手を取るためになかなか相手と組まない。
ちょっと技を掛けては引っ込めたりする。

見ていると柔道と言うより
ボクシングみたいな感じがする。
そして,逆に「掛け逃げ」みたいな形で
反則を取られたりすることもある。

指導,有効,技あり,1本勝ちと
得点も細分化されていて,
最後の判定になった時1点でも多い方が
勝つというワケだ。

この得点方法が柔道というスポーツを
小さくしてしまっている気がする。
大きな人間を作るはずの柔道が
逆に小さなセコイ人間を作っているのが
何だか悲しい。

私も中1の頃わずか3ヶ月だけど
柔道場に通ったことがある。
帯は白いまんまだったけど,
受身が取れるようになったし
その精神も少し学べたような気がする。

確かに金メダルはうれしいけれど,
1本勝ちを競い合う試合を見ている方が
清々しい気持ちになるのは
私だけではないだろう。
(8/16)

« S君が強化選手に選ばれる | トップページ | 今年のお盆 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

同感です!
そもそも柔道は武道であり、スポーツではないと私は考えています。せこい駆け引きではなく、技と精神の闘いでなくては、見ているほうもすっきりしないです。判定で勝ってうれしそうな外国選手を目にしましたが、日本人なら選手自身納得できない勝ち方ではないかと思ってしまいます。一本勝ちはやはり見ていて気持ちがいいですね。

Aさんへ
コメントありがとうございます。
> そもそも柔道は武道であり、
> スポーツではないと私は考えています。
要はそこなんでしょうね。
たとえ勝負に勝てなくても,
「やるだけのことはやった」という
精神的な充実感みたいなものがあれば
もっと選手の笑顔が増えると思うのですが,
現状はそうなっていまません。
もっともスポーツとしての柔道に
そこまで期待する方が
無理なのかもしれませんが・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« S君が強化選手に選ばれる | トップページ | 今年のお盆 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ