« 電池電車 | トップページ | 「カウラ捕虜収容所」の番組 »

2008年7月 8日 (火)

「大宝建元」の論理

大宝という年号がある。
これは701年に大和勢力によって
建元(初めて年号を建てる時の言い方。
以降は改元)されたものだ。
教科書にも出てくる有名な年号である。
正史としては「続日本紀」に出てくる。

では,それ以前の大化・白雉・朱鳥の
3つの年号はどうだろうか。
こちらは「日本書紀」に出てくる。

大化・・・改元と書いてある
白雉・・・改元と書いてある
朱鳥・・・「日本書紀」の流れから改元

つまり,大宝より古いとされる3つの年号で,
大和が建元したと主張しているものは
1つもないことになる。
では,それ以前にどこの勢力が
建元したのだろうか。

古田史学に学び
九州王朝の存在を知っていれば,
この謎はすぐに解ける。
6世紀前半から九州王朝が
約200年にわたって連綿と続けてきた
九州年号の存在だ。

大和勢力は7世紀後半に
政権奪取を(禅譲にせよ)した後,
歴史に改ざんを加え,
「日本書紀」という正史の中で
年号についてもその順番や位置を操作した。
しかし,大和勢力をしても
「建元した」という嘘をつくことは
(当時生きている人にとっては
バレバレのことなので)
できなかったのではないか。

この話は,「新古代学の扉」というサイトの
人気コーナー「古賀事務局長の
洛中洛外日記」の最新話として,
上記の題名で紹介されているものだ。
くわしくはそちらを見ていただきたい。
(7/8)

« 電池電車 | トップページ | 「カウラ捕虜収容所」の番組 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 電池電車 | トップページ | 「カウラ捕虜収容所」の番組 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ