« 祝 73歳 | トップページ | 林間学校の最終打ち合わせ »

2008年6月30日 (月)

『ゴッホの手紙』

先日上記の本(上巻のみ)を購入し,
読み始めた。

訳が良いのか読みやすい。
ゴッホに対するイメージが変わるかも。

絵画についての話や
絵画に関わる人々についての話が
たくさん出てくる。
もちろんゴーギャンのことも。
彼らのつながりを知ることができて,
何だかうれしい気分だ。

また,日本への憧れといったものも
たびたび出てきて,
こちらは少々とまどう。
(6/30)

« 祝 73歳 | トップページ | 林間学校の最終打ち合わせ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

なんたる偶然!! 試験が終わったので、私も昨日から「ゴッホの手紙」(上)を読み始めました。私は図書館から3巻まとめて借り出しています。翻訳者の硲氏の訳文は、確かに読みやすいです。文調が肥先生のスタイルと似ているような印象を受けます。

肥先生は、本の購入代にかなりお小遣いをお使いになっている様子。私は1度読んでまた読みたい本のみを購入するタイプ。多くは図書館で借りて読んでいます。家の中にどんどん本が増えていくと、収納にこまるので・・・

元実習生Aさんへ
コメントありがとうございます。

> 肥先生は、本の購入代にかなり
> お小遣いをお使いになっている様子。

学生時代から習慣で
気に入ったところに線を引いたりするので,
どうしても買うことが多くなります。
『ゴッホの手紙』もだいぶ線を引きました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 祝 73歳 | トップページ | 林間学校の最終打ち合わせ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ