« 年金加入記録 | トップページ | 古代の通貨 »

2008年6月26日 (木)

『みんなでフランクリンになろう!』

宮地祐司編集,楽知ん研究所発行の
上記の本(1000円+税)を入手した。

2年前フランクリンの生誕300年を
記念して開かれた研究会の
まとめの冊子である。

その後著者の1人である秋田総一郎さんは
「楽知ん投信」の営業を今年4月にスタートさせ,
まさに「社会の科学の実験」に乗り出した。

6月にはお忙しい中,飯能・日高サークルで
「成熟経済社会をたのしく生きるヒント」
という題で講演をしていただいたり,
すごくお世話になっている。

本書は,フランクリンの仕事のうち,
主に社会に関するものに関して
学んでいこうという内容である。

たとえば公立図書館を成功させるには,
どうしたらいいのか?
みんなが自分の本を出し合うのがいいのか,
それともお金を出し合って買うのがいいのか。
(これは,後者の方に軍配が上がる。
みんな最初は自分の「不要本」を出した)

また,町の道路の清掃は誰がやるか?
みんなでやるのがいいのか,
それとも掃除夫を雇うのがいいのか?
(これも後者。失業者対策にもしたようだ)

こんな話がたくさん出てくる。

さらに,私周辺では大人気の
「楽知んカレンダー」のもとは,
フランクリンが25年間発行した
「貧しいリチャードの暦」だということ。

この本を読んでいて,
「センスのいい模倣は,
創造に近い」といえると思った。
ぜひあなたもこの本をお読み下さい。
「楽知ん研究所」のサイトから,
インターネットで注文することができます。
(6/26)

« 年金加入記録 | トップページ | 古代の通貨 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ちょっと気になって楽知ん研究所のサイトをのぞいたら、もっと気になる商品をたくさん見つけてしまいました。ゾウリムシ(実物を見たことが無い!)、ゴムたまご(本物に見える!)、静電気発生用ペット・エリザベス(このネーミングがたまらない!)などなど・・・日頃から英語活動に使えそうなグッズにアンテナを立てているだけに、ビンビンくるものがあって、いつか購入してしまいそうです。

もちろん「みんなでフランクリンになろう!」も読みたいのですが・・・あ~「心の種」もいいなあ・・・

話は変わりますが、実習最終日にいただいた『肥さん、この10年~40代の仕事』、どうもありがとうございます。以前から気になっていたカルタが載っていて、感激です。「世界の国々カルタ」は国旗にして、英語バージョンを作ってみようかなと密かに考えています。

こうやって自分の歩んできた軌跡を本にまとめておられるのは、すごく素敵なことだと思います。私も自分の40代の仕事を、いつかまとめられたらいいなあという思いでおります。

活字中毒の私の父も、昔、自分で本が書きたくて出版社を作ってしまいましたが、他人の本の出版には携わっても、結局自分の本はださず仕舞いです。今は、引退して、台湾の中学校時代の仲間のために、毎年新聞を編集・発行しています。

自分の仕事や考えを文章にして公表するというのは、大変なことですが、自分の生きてきた証として、意義のあることだと思います。肥先生のブログは毎日楽しく読ませていただいています。これからも元気で続けてくださいね。

肥さんのかくれファン(元実習生A)さんへ
コメントありがとうございます。
また,『肥さん、この10年~40代の仕事』を
読んでいただき,ありがとうございます。
このガリ本は格別に思いのこもったもので,
ぜひ読んでいただきたく差し上げました。
(お父様が出版に携わっていたこと,
初めて知りました!)
授業では,現在「歴史人物かるた(2)」を
やっているところです。
かるた作りは前任校で8年前から始めましたが,
自分でも面白くなって,
こんなに続いてしまいました。
他の教科でもかるたは有効だと思いますので,
ぜひ英語でも活用して下さい。
さらに,ブログの更新は私の「今」です。
続けられる限りやっていきたいと思いますので,
これからもよろしくお付き合い下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 年金加入記録 | トップページ | 古代の通貨 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ