« 実習生Aさんの研究授業 | トップページ | 地区大会に向けての練習試合(1) »

2008年6月15日 (日)

今度は日本で大地震

昨日の午前8時43分というと,
私はK中を迎えて体育館で
いろいろ走り回っていた頃だった。

その時間に東北地方(岩手・宮城)を
阪神・淡路大震災級の地震が襲った。
今朝の朝日新聞には
「死者6名,行方不明11人」と出ていた。
亡くなられた方のご冥福と
行方不明の方のご無事を祈りたい。

先月中国で四川大地震によって
8万人以上の方が亡くなり,
まだまだ多くの方が避難所生活を
強いられている。

地震は突然多くの犠牲をもたらすので,
本当に恐ろしい。
しかも,自分のところには起こらないだろうと
油断してしまうところがさらに恐ろしい。

私も阪神・淡路大震災の時は
5リットルのポリタンクを買って,
毎日水を備蓄していたが
ひと月ほどでやめてしまった。
(今は2リットル入りのペットボトルで
2本備蓄している)

また,引き出物のプレゼントで
「緊急避難袋」を手に入れて,
玄関のコート掛けのところに
常備している。

私は14階建ての3階に住んでいるので,
何とか飛び降りられる高さではあるが,
むしろ自分の上に11階分の重さがある方を
気にしなければならないのかもしれない。

地震国に住んでいるからこそ
地震への正しい知識と心構えを持たなくては,
と反省する肥さんなのでした。
(6/15)

« 実習生Aさんの研究授業 | トップページ | 地区大会に向けての練習試合(1) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

宮城県仙台市在住こんのです。今回の地震の被害が各マスコミで大きく取り上げられていますが、ぼくの住んでいる町では大きな被害はありませんでした。同じ県内なのにTVの中にひろがる世界は、別世界のことのようです。
今回のことで驚いたのは地震速報です。テレビの画面にいきなり「地震が来ます」があらわれて、「なんのこっちゃ?」と思っていたら、いきなりガタガタっときて(30秒ぐらいかな)、あとは30秒ほどユーラユーラと世界が揺れ続けました。2タイプの揺れのギャップに乗り物酔いしそうな感じでした。
速報のおかげで心構えもでき冷静になることができました。今回のことであらためて報道のいいところとわるいところを見ることができた気がします。

こんのさんへ
お元気ですか?
コメントありがとうございます。
せっかくの「地震速報」を
有効に活用したいですね。
ケガをした人の多くが,
あわてて行動したためのものだそうで,
基本的にはあった方がいいと思います。
ただ,まだその活用についての研究が
進んでいないということなのでしょう。
今後ともご愛読よろしくお願いいたします!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 実習生Aさんの研究授業 | トップページ | 地区大会に向けての練習試合(1) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ