« お得な自習監督 | トップページ | 昭島サークル2008年6月例会 »

2008年6月22日 (日)

「大化の改新」の真実

「大化の改新,虫5匹」などと暗記した
歴史的な事件は,
大和の飛鳥で645年に起きた事件ではなく,
白村江の戦い(663年)直前に
当時の代表国であった倭国の中心地=
九州博多の「難波長柄豊碕」の飛鳥で
起きた事件ではないか,
という古田武彦氏の論文が出された。
それは,昨日届いた『なかったー真実の歴史学』
(ミネルヴァ書房)の第5号に載っている。

私はすでに川瀬健一さんからの
(『徹底検証「新しい歴史教科書」』の著者)
このブログ内のやりとりで一部を聞き知っていたが,
昨夜からさらに丁寧に論証を読み,
今感激してこれを書いている次第である。

この論証には多くの史料や論文,
現地でのフィールドワーク,
何年もの研究会等が関わっているので
短くはまとめられないが,
ぜひ『なかった』に載った古田氏の
「大化の改新批判」(36ペ)を
実際に読んでいただきたいと思う。
きっと「目からウロコ」の
「大化の改新」の真実が明らかになるだろう。

『なかった』は,ミネルヴァ書房の雑誌で
古田氏が直接編集している。
値段は,2200円+税。
ミネルヴァ書房の電話番号は,
「075ー581ー0296」である。
(6/22)

« お得な自習監督 | トップページ | 昭島サークル2008年6月例会 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お得な自習監督 | トップページ | 昭島サークル2008年6月例会 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ