« 今月の手品・2008年5月 | トップページ | 話題の自動そうじ機 »

2008年5月 5日 (月)

新潟キャンプ2008

今日まで2泊3日,
私としては3年連続になる
新潟キャンプに行ってきた。

ご一緒したのは主に
新所沢に住む知人友人で,
別名「飲み仲間」の人々。
今回もまた天候に恵まれて,
「命の洗濯」をすることができた。
この3日間を簡単に報告しよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5月3日(土)
Kさん,Tさんと3人で連れ立って,
午前1時に新所沢を出発。
東北自動車道の帰省ラッシュには捕まったが,
寄り道して山菜もまずまず採れたし,
奥只見の田子倉湖の景色も
素晴らしかったので,
良しとしよう。
午後5時半新潟・魚野川の支流である
登川河畔のキャンプ場に到着。
先発隊の歓迎を受ける。
今年も合計20人を超える
団体キャンプとなった。

夕食は山菜の天ぷらや炒め物,
おひたしと馬刺しがメインだった。
新潟の銘酒をぐいっと飲んで,
ひと足お先に「おやすみなさ~い」。

エピソード(1)
今回私は自分用のテントを購入して,
初めて使用しました。
2人用のものを1人でゆったり使い,
他の人のを借りる気兼ねもなく,
のんびりできたので良かったです。
ただ,今回は風の強い日もあり,
飛ばされしないかとヒヤヒヤしていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5月4日(日)

久しぶりに2度寝の幸せを味わう。

朝はOさんによるコーヒーサービス。
毎年これを楽しみにしている人は多い。

朝食は魚沼産コシヒカリの新米に
納豆や肉野菜いためなど。
ごはんの炊き具合が抜群で
幸せな1日のスタートだった。

午前8時過ぎに隣町の「五十沢(いかさわ)
温泉(旧館)」に朝湯をしに行く。
この温泉宿は午前8時から開いていて,
私たちは毎年入りに行く。
ちょっと熱めの硫化水素臭のお湯が
疲れた体に喝(かつ)を入れてくれた。

そのあとは食料品とお酒の買出し。
別行動をしたグループもお酒を買ってきて,
20人のグループに一升瓶10本は
多すぎだ!とみんなあきれていた。
しかし,そのボーリングのピンのような
10本の一升瓶も翌朝には
ほとんど空になっていたので,
あきれるべきは本数ではなく
その飲みっぷりであることがやがて判明。

昼飯はカレーライス。
恒例になったOさんの山菜カレー。
美味しくてついつい食べすぎてしまう。

夕食はけんちん汁と
トムヤムクン風スープと
焼肉が中心。
あと昼間仕入れてきた様々の食材が
所狭しとテーブルに並べられていた。

エピソード(2)
今回のキャンプの私の2つの目的は,
睡眠不足解消と温泉に行くこと。
その両方を早くも達成してしまい,
ご機嫌の私でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5月5日(月)

今日でキャンプを終わらせる人が大半で,
みんなで協力しての撤収作業。
自分の片づけもしながら
全体の作業にも手を貸して
能率よく片付けていった。

朝食はまたも素晴らしい炊き具合の
魚沼産コシヒカリ。
山芋,納豆,漬物,卵焼きなど。
ご飯をたくさん炊きすぎて
「2杯以上食べること」が
もったいないが宣伝された。
これは昼飯のおにぎりにもなった。

コーヒーサービスのOさんは
今回自転車を持ってきてくれたので,
お借りして5キロほどサイクリング。
登川をさかのぼり,
次の橋でUターンして戻ってきたが,
風を切ってゆるやかに下る気分は
たとえようもなく良かった。

昼食はそばと山菜天ぷら
になる予定だったが,
私は諸事情からTさんに車で
越後湯沢駅まで送ってもらい,
新幹線であっと言う間に
埼玉に帰ってきた。
越後湯沢駅を12時に発ち,
自宅には午後2時過ぎに着いた。

車で戻ってくる人たちには
過酷なUターンラッシュが待ち受けている。
少しでもスムーズに
戻ってこられることを祈りつつ,
今これを書き終えたところだ。
(5/5)

« 今月の手品・2008年5月 | トップページ | 話題の自動そうじ機 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今月の手品・2008年5月 | トップページ | 話題の自動そうじ機 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ