« 新潟キャンプ2008 | トップページ | 朝バナナダイエットへの誤解を解く »

2008年5月 6日 (火)

話題の自動そうじ機

新聞の広告欄に
「話題の自動そうじ機が
遂に19,800円!」と出ていた。

どんな掃除機かというと,
円盤型(直径34.5cmで高さが10cm)で
「留守中あなたに代わってお掃除」して
くれるというスグレモノなのだ。

壁ぎわやベッドの下もきれいになり,
センサーが働くので
階段からの落下も心配ないという。

おまけに「電池残量が少なくなれば
勝手にチャージ」してくれ,
「紙パック要らずでゴミ捨てラクラク」
というのだからすごい。

まるで夢のような掃除機だ。
未来小説の世界。

ただ,私の家では
これは使えないと思った。
どうしてか?
このスグレモノの掃除機が
自由に掃除しまくる床の空間が
あまりにも少ないので,
この掃除機の能力を何十分の1しか
発揮させられないからである。

世の中うまくいかないものである。
(5/6)

« 新潟キャンプ2008 | トップページ | 朝バナナダイエットへの誤解を解く »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新潟キャンプ2008 | トップページ | 朝バナナダイエットへの誤解を解く »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ