« ガリ本の印刷がスタート | トップページ | 中学生日記「信頼」(前編)と(後編) »

2008年2月 2日 (土)

『なかった~真実の歴史学』第四号

上記の雑誌(ミネルヴァ書房発行,
2200円+税)が一昨日届いた。

これは歴史研究者の古田武彦氏が
責任編集している雑誌で,
毎号古田氏や氏の提唱する
多元的古代の研究を支持する
市民研究者の論文が掲載されている。

第四号(特集○最新の南米調査)の表紙には,
以下のような論文が掲載された。

南米の古代日本語調査(古田武彦)
エクアドルで報道された特集記事(大下隆司訳)
学会批判ー三浦佑之氏へ(古田武彦)
太田覚眠の筆跡研究(松本郁子)
ちくしの女王「ヒミカ」最終回(酒井紀年)

このほか古田氏の講演,連載,書評だけでも
7本を読むことができるお得な号となっている。
古田氏のファンも,また古代史のファンにも
ぜひ読んでいただきたい1冊である。
(2/2)

« ガリ本の印刷がスタート | トップページ | 中学生日記「信頼」(前編)と(後編) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ガリ本の印刷がスタート | トップページ | 中学生日記「信頼」(前編)と(後編) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ