« 立春の日に卵立て(2) | トップページ | プロフェッショナル「岸田周三(33歳)」 »

2008年2月 6日 (水)

脳波を読み取り家電操作

「将来きっとできるようになる」と
私が思っていたシステムが,
もう現実のものになっていると聞いて
大変驚いた。(今朝の朝日新聞にて)

それがまた近所の国立身障者
リハビリセンターの開発というから,
本当に「灯台下暗し」だ。

「脳波を読み取り家電を動かす」
このシステムは,以下のようなしくみだ。

(1) 10個の電極が付いている
 「キャップ」を頭にかぶる。

(2) 操作画面の記号や文字,
 数字のうち,指示したいものを凝視する。

(3) 特定の脳波パターンが脳波計に伝わり,
 デジタル信号処理をするコンピューターを
 通じて赤外線を家電などに送り,
 思い通り操作する。

現在これで,テレビのチャンネル切り替えや
音量調節をはじめ,ライトの点灯・消灯,
パソコン上での文字入力,家庭用ロボットの
移動操作ができるようになったという。

操作にかかる時間はまだ「10数秒」と
改善の余地はあるが,
これも時間の問題だろう。

こういう研究は障碍者の人たちだけでなく,
高齢者や健常者にも朗報なので,
ぜひ積極的に進めていってほしいと思った。
(2/6)

« 立春の日に卵立て(2) | トップページ | プロフェッショナル「岸田周三(33歳)」 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 立春の日に卵立て(2) | トップページ | プロフェッショナル「岸田周三(33歳)」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ