« 冬休みの日直 | トップページ | プロフェッショナル・小野二郎(82歳) »

2008年1月 9日 (水)

今月の手品(2008年1月)

〈仮説〉の冬の大会があったりして
冬休みがかなり多忙だったので,
手品のことを考える時間がないまま
「始業式」を迎えてしまった。
最近は「始業式」でも授業がある。
(「今月の手品」は,その月の
最初の授業で披露するという約束だ)

1つは,まだあまりうまくできないのだが,
「インビジブルゾーン(物体が見えなくなる
不思議な空間)」という手品。

何でもオーストリアの天才手品師が
開発した手品だそうで,
プラスチックのケースに
ボールペンを差し込んでいくが,
その胴体部分を開けて見せると
「ボールペンの胴体部分」がない!
(スプリングでつながっている)
というものだ。

さらに,これは自分で考えた内容だが,
そのスプリングをとっても
ボールペンはちゃんと動くから,
見ている方はさらに驚く。
(分解できないので私にも仕組みが
まだよくわからない)

もう1つは,非常用持ち出し袋(12点)。
これは手品でも何でもないのだが,
最近せっかく手に入れたので
生徒たちに中身を予想させて,
1つずつ袋から出して解説していった。

結局この12点では非常時には
とても足りないので,
かえって「防災意識」を高めるという点で
教育的意義は高いと思う。

1月17日は「防災とボランティアの日」
なのだそうだ。
非常用持ち出し袋を使っての安全教育を
提案する次第である。
(1/9)

« 冬休みの日直 | トップページ | プロフェッショナル・小野二郎(82歳) »

今月の手品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬休みの日直 | トップページ | プロフェッショナル・小野二郎(82歳) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ