« ポップコンサート(2) | トップページ | KYとKB »

2007年11月 6日 (火)

三重県津市の縄文博物館

退職後縄文時代の生活を体験し,
その20年間体験をもとに
「縄文博物館」を建ててしまった人がいる。
山崎三四造さん(76歳)である。

朝日の朝刊によると,
「竪穴で「古代」追体験20年
定年後にサバイバル生活
毛皮まとい魚取りや矢じり作りも」
等の見出しが目に飛び込んでくる。

今歴史でちょうどそのあたりのことを
教えているのだが,
三四造さんのことを教えてあげると
生徒たちもきっと喜ぶと思う。

ちなみに,「縄文生活の」年表が
記事に付いていたので
転載させていただく。

A.D.1986年 定年退職後、縄文人に
      87年 退職金700万円で
           縄文竪穴住居を建てる
      89年 隣に弥生式住居完成
      94年 「まつり博三重」で
           オリジナル縄文太鼓披露
      00年 縄文博物館オープン
      05年 引退。涙、涙の断髪式

現在は「資料整理中」で,
それが終わったら「弥生人にでもなろかなあ
と思ってるよ」とのこと。

来年夏休みに「奥の細道」第3回をやるのだが,
(新潟から日本海側をくだり,敦賀まで)
その足で三重県津市の「縄文博物館」を訪ね
三四造さんに会ってきたいと思う。

「縄文博物館」059ー293ー5475
(11/6)

« ポップコンサート(2) | トップページ | KYとKB »

「教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ポップコンサート(2) | トップページ | KYとKB »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ